プロが苦労するコアの動き

理想的なコアの動きはこう

先日スイングの精度を上げるためには、コアの動きに意識を集中
させることが重要だという事を紹介しました。

~正しいコアの動き~
正しいコアの動きは、こうです。[広告] VPS
先日紹介したように、ダウンスイングでへそが下をしっかり向く
ように、骨盤をアドレスのポジションに戻すことがポイント
です。

~ドタバタしたコアの動き~
切り返し以降でよくみられるのが、骨盤の起き上がりです。
ダウンスイングでへそが下を向くことが出来ず、コアが正しく
機能していません。[広告] VPS
上体が起き上がり、手元が浮く原因になります。

頭の上下動だけに注目して、前傾姿勢を保とうと練習をしている人
を見かけますが、コアが起き上がってしまうと、頭の位置をいくら
意識しても、正しく前傾角度をキープすることには、つながりません。

まずは、スイングから離れて、骨盤を正しく戻す体操から練習して
みましょう。[広告] VPS

骨盤が前傾した背骨と正しくリンクしていれば、骨盤は自然にアド
レスの位置に戻ります。
フットワークがポイントです。
プロやインストラクター達も、コアのコントロールには全員が苦労
するところなので、じっくり取り組んでみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

スイング精度を上げるためにする事

切り返しは、へそが下

先日アドレスでは、体のどこに重さを感じていることが重要か
という事を紹介しましたが、当然、体の動きの中で最も重要な
部分も、この骨盤周囲の動きです。

スパイラルメソッドでは、骨盤周囲(股関節、仙腸関節、下位腰椎)
をコア
と定義していますが、
・コアは、スイング軸の土台です。
・コアは、重心の動きを決定します。
・コアは、スイングリズムを生み出します。
・コアは、フットワークのエネルギーを上体・腕へと伝えます。
・コアは、腕の動きをコントロールします。

ですから、
スイングでは、コアが正しく動けば動くほどスイングの歪みが
抑えられ、結果的にスイングの精度を上げることに繋がります。

~切り返しは、へそが下~
特にコアの動きで重要なのは、切り返し以降の動きです。
アドレスで、へそは下を向く
アドレスでへそ(黄色○)は、骨盤の前傾とともに下を向いて
いますが、切り返し以降、アドレスよりもへそが更に下を向く
ぐらいの意識をもって骨盤を戻すのがポイントです。
トップもへそは下 切り返し以降もへそは下
スイングの回転軸である背骨の土台(骨盤)が、ダウンスイング
で浮き上がらなければ、前傾姿勢が自然に保たれ、腕もアドレス
の位置に戻りやすくなります。

骨盤の動きをスイング中に意識することは、少し難しい事ですが
スイングの精度が格段に上がるので切り返しの骨盤の動き、是非
意識してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

アドレス、どこに重さを感じる?

前傾が保ち易くなるよ

今回は、前傾をキープしてスイングをする為にお勧めのアドレス
のチェックポイントを紹介します。

アドレスを取った時に、どこに体の重さを一番感じていますか?

背中が丸まって極端なハンドダウンになっている人は、黄色○
の背中の丸まっている部分に重さを強く感じるでしょう。
背中に重さを感じてるよ
膝が前に出て突っ立ったようなアドレスになっている人は、
ひざに重さを強く感じるでしょう。
膝に重さがかかり過ぎ
~理想は腰~
重さを一番感じていたいのは、丹田といわれるたりする丁度
骨盤(腰)部分になります。スイングの軸の付け根です。

腰(お尻)の重さを感じよう 前傾が保たれたインパクト
ここの重さをしっかりと感じていると、スイング中骨盤の動き
が暴れなくなるので、結果的にスイング中の前傾角度が保ち
易くなります。理想的なインパクトが実現します。


逆に、背中やひざに重さを感じていると、軸を安定させ続ける
ことが困難になります。
前傾の崩れたインパクト
インパクトが安定しません。

前傾を保つ為の、とてもお勧めのチェックポイントです。
是非、アドレスでどこに一番重さを感じているか?
チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

傾斜に強くなる

足首の固さを整える
足首が硬い人、特に足首をあまり背屈出来ない人は、スイング動作
において土台(フットワーク)が安定していないことが多いです。

ゴルフは、平らなところでばかりボールを打つわけではありません。
いろいろな傾斜地に対応しながら、安定したスイング動作をする
ことが求められます。
この傾斜地に対応するのに必要なのが足首の動きです。

切れ味抜群の髭剃りの首の部分のように足首が動けば、どんな斜面
に対しても足が地面に密着して、バランスを崩すことなくスイング
を行うことが出来るようになります。

~ここの動きがポイント~
すねの部分には、脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)という2本の
骨があります。
脛骨と腓骨
足首は、腓骨が回ったり、上方へ動いたりすることで、柔らかく動く
ことが可能になります。

足首が硬い人は、脛骨と腓骨の間を結ぶ骨間膜(緑部分)の
動きが硬くなり、腓骨の動きが悪くなっていることが多いです。

~すねの前面もしっかりほぐそう~
ふくらはぎの筋肉をマッサージしたりストレッチしたりする人は多い
と思いますが、すねの前面の筋肉もしっかりとほぐしていきましょう。
すねの前面
骨間膜の前後の筋肉をほぐすことで、腓骨の動きが良くなり、足首の
動きも良くなります。

テニスボールをすねに当てて体重をかけながらマッサージを行っても
とても効果的です。

足首が柔らかくなると傾斜でも安定したスイングが出来るように
なりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

仙腸関節がロックしているかも

軸足『壁』が安定しない

右足は、右打ちの場合バックスイングでは右足が軸足、ダウン以降
は左足が軸足になります。よく言われる『壁』とほとんど同義語に
なります。

今回は、この軸足が安定しない原因で良くみられる仙腸関節の
ロックについて紹介します。

~仙腸関節~
骨盤(寛骨:お尻の広い骨)と仙骨(背骨の土台部分)をつなぐ
大切な関節です。
仙腸関節
この関節は、わずかな動きしかないので、あまり取り上げられる
ことがありませんが、この関節の動きが悪いために、軸足の
不安定性が増してしまっているということは良くあります。

~簡単なチェック方法~
◆あぐらをかいてどちらかのひざが非常に高い。開きづらい。
 ひざが高くなる方の仙腸関節の動きがロックされていることが
 多いです。
◆椅子に座って足を組む時、足を上に組みづらい。
 上に組む側の仙腸関節の動きがロックされていることが多いです。

  仙腸関節の動きがロックしている足は、
         軸足としての機能が低下します!


このようなケースでは、いくら軸足の筋トレをしてみたり、ひざが
流れ無いように意識してみたりしても、軸足の不安定性は解消する
のは困難です。
ロックされた仙腸関節の自由度を広げ、左右の仙腸関節のバランス
を図る事が重要なポイントになります。


本ブログのゴルフ体操で紹介している
仙腸関節をリリースする体操
『ベーシック1~3』
までを是非やってみて下さい。

自然に軸足『壁』が安定してきますよ]

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR