歩行と同じ重心軌跡 その2

背骨を軸・重心は振り子

今回は、前回に続きゴルフスイングの重心軌跡について紹介します。

通常私たちが立っているときの身体重心は、ほぼ背骨上に位置する
ということを前回紹介しました。
この為、立った状態で背骨を軸に体を回しても、回転軸上に重心が
位置しているために、それほど難しく感じることはありません。

一方、アドレスの姿勢をとると、身体重心は、背骨から外れたところ
に位置します。

~スイング中の重心の動き~
ゴルフスイングは、背骨を軸にした回転運動なので、身体重心も背骨
を軸に振り子運動のように、移動することになります。

アドレス時の重心位置 身体パーツの動き 背骨に対して
背骨と重心の関係 スイングの重心軌跡
重心はバックスイングでやや上昇し、インパクトに向かって下がり、
フォローに向かってまた上昇します。
マキロイなど、超一流選手のスイングを見れば、この重心移動の
メカニズムがしっかり使われているのが分かります。

*ゴルフスイングの体の操作方法が歩行動作と同じなので、当然の結果
 ですが、この重心の動きは、歩行動作と同じです。

~正しい重心移動をするには~
スイング動作で正しい重心移動をさせる必要条件は、背骨の安定です。
スイング中に背骨が安定していなければ、重心を振り子のように使って
効率よく重心移動のエネルギーを生み出すことはできません。
背骨を安定させるのは、フットワークです。
ですから、正しい重心移動をするためには、フットワークがポイント
なります。
本ブログでは、フットワークについて紹介していますので、興味のある
方は、是非そちらもご覧ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

歩行と同じ重心軌跡 その1

だからスイング動作は難しい

今回もゴルフスイングと歩行の共通点について紹介していきます。

通常私たちが立っているときの姿勢における身体重心は、
上体と下半身の重心(赤○)の中央に位置(黄色〇)します。
当然、体の中、ほぼ背骨上に位置します。
(丹田)といったりしますね。
立位時の重心位置
しかし、
アドレスの姿勢をとると、
身体重心は、上体重心と下半身の重心の中央に位置するので、
背骨から外れたところに位置することになります。
アドレス時の重心位置
このように、身体重心が、背骨(運動軸)から外れるということが、
スイング動作を難しくする最大の理由です。


身体パーツの動きは、背骨を軸に回転します。
身体パーツの動き 背骨に対して
すると重心の動きは、どうなるでしょうか?
続きは、次回・・・

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

歩行と同じ振り子運動

3本の軸とスイング
今回は、先日紹介した3本の軸とスイング中の関係を見ていきましょう。

バックスイングでは、先日紹介したAラインの右側の軸(右の母指球
から首の付け根を結んだライン)に対して体を回転させていきます。
そして、フォロースルーでは、Aラインの左側の軸(左の母指球から
首の付け根を結んだライン)に対して体を回転させます。
3本の軸 前方バックスイング 3本の軸 前方フォロー
理想的なスイング動作では、フォロースルーまでは、首の付け根の位置は
アドレスの時と変わりません。

首の付け根の位置が変わらないことで、スイングのメインの軸である
背骨を安定させることが可能になります。
3本の軸 後方バックスイング 3本の軸 後方フォロー
スイング動作は、歩行と同じで、重心が右から左へスムースに移行する
ことで自然に起こる、振り子様の運動メカニズムなんですよ
(Aラインの頂点
を支点とした)

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『3本の軸』

スイングの軸の捉え方

スイングは、一軸?2軸?
色々な意見があると思いますが、
今回は、スパイラルメソッドによるスイングの軸の捉え方について
紹介していきます。

人の体は、一本の背骨を2本の足で骨盤を介して支えています。
丁度、アルファベットのAのように頭を頂点に、左右の足で
支えているのが分かります(赤線)。
これを、スパイラルメソッドでは、『Aライン』と呼び、骨盤を介して
背骨をコントロールする為の、2本の軸ととらえています。

3本の軸
このAラインは、手に利き手があるように足にも利き足(けり足)、
軸足があるために左右差が生まれ歪み易く、同時に動作の歪みの
根本的な原因となっていることがよくあります。

そして、もう一つの軸が、先ほどのAラインの中央に位置する背骨
(黄色線)です。

当然背骨は、腕を振る為の軸、スイングプレーンのメインの回転軸と
なります。

~スイング中の軸の捉え方~
中央の軸(背骨)は、スイングプレーンのメインの回転軸ですから、
スイング中は、なるべくブレずに、安定している事が求められます。
一方『A』ラインの左右の軸は、
バックスイングでは『右の母指球から首の付け根を結んだライン』、
フォローでは『左の母指球から首の付け根を結んだライン』が、
それぞれ、移動する重心を支える為の軸として、機能する事に
なります(この軸は、背骨を安定させるための動きがあります)。
そして、スイングのメインの軸(回転軸:背骨)は、直接地面には
接していないため、その安定はフットワークの動きに委ねられる
事になります。

つまり、
スイング軸は、背骨を軸とした一軸であるが、その安定のためには、
背骨を効率よく回す為に機能する『Aライン』の両サイドの軸の操作が
重要だ。
という事になります。
コントロールすべき軸が3本存在することになりますね。
この原理は、ゴルフスイングに限らずあらゆる動作の基本となっています。

次回は、更に『A』ラインの軸の働きを更に詳しく紹介していきます。
ここを理解すると、スイングがものすごくシンプルになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右サイドの押し込みを獲得しよう

『尻動いて、頭動かず』右サイドをそろえる

今回は、前回紹介した右サイドをそろえる動きを習得するのに
おすすめの練習方法を紹介します。

~『尻動いて、頭動かず』ですよ~
アドレスのポイントは、骨盤が開かないようにする事と、右ひざの
上に右ひじが来るようにセットすることです。
そして、右足が少し前に出るアドレスをとります。

これによって、ダウンから骨盤を左方向へ動かしやすくなります。
しっかりとアドレスが取れたら、頭をなるべく動かさないで、骨盤を
左へ押し込んでいきます。[広告] VPS
フォローで、右のかかとを飛球方向へ押し込むことで、骨盤は左足の
コアラインへしっかり乗っていきます。
※右のかかとの押し込みは、以前ブログで紹介しているので、詳細は
 そちらをご覧ください。

右サイドがそろっていないと
バックスイングで腰が引けたり、右足のコアラインに上体をしっかり
乗せられず、右サイドが伸びあがったりして軸が安定せず、ボール
にしっかりとコンタクトすることができません。[広告] VPS

右サイドがそろっていない人、とても多いです。
是非右サイドの押し込み、練習してみて下さい。
ボールのつかまりが、格段に良くなりますよ。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR