同調感を感じた後は・・・

鞭のようにクラブを走らせる

先日手打ちを解消させる為には、腕や上体を無理やり動か
そうとするのではなく、重心移動に同調して動き出すのを
感じることが重要であることを紹介しました。

~同調感が感じられたらする事~
重心移動と腕の振りの同調感が感じられるようになって
きたら、今度は、腕や指先、そしてクラブヘッドが鞭の
先端のようになってボールを打ち抜いていけるよう、
加速させていくことに集中します。

ポイントは、フリスビーを飛ばす手首の動きです。
フットワークで腕をどんどん加速させることができたら
インパクトのタイミングでフリスビーを飛ばすように
手首をしっかりとリリースさせていきましょう。[広告] VPS

フットワークで腕を振り、
遠心力に合わせて、フリスビーを飛ばすように手首を
リリースする。

これが、クラブを効率よく走らせるためのポイントです。
是非試してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

手打ち解消の最重要ポイント

腕は、重心と一緒に動き出すのが正解

先日、テークバックで手だけを動かす意識が手打ちの原因で最も多い
理由であることを紹介しましたが、今回は手打ちを改善させるための
最重要ポイントについて紹介します。

~手を手で上げない感覚をつかもう~
先日、重心は、体のパーツが背骨を軸に回転することで動くという
こと紹介しましたが、今回は、この重心(赤ボール)に左腕を軽く
当てたまま、動かしてみましょう。[広告] VPS
動画のボールは、身体重心をイメージしています。
丁度、丹田といわれるへその前あたりに位置します。

如何ですか?
私は、重心(ボール)をフットワークで動かすこと以外、腕を振り
上げようとしたり、上体を無理にねじろうとしたりしていませんが、
体の回転に伴い、自然に腕も振られてきます。
これが『腕を腕で振らない』という状態です。

手打ちを解消させる最重要ポイントは、
腕や上体を無理やり動かそうとするのではなく、重心移動に誘導
される形で、自然に同調して動き出すというのを感じることです。


是非重心の動きと同調した腕の使い方になっているかチェックして
みて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

腕を腕で動かすから手打ちになる

これは手打ちになるよ

重心の動き方について紹介してきましたが、今回はこの重心の動き
と腕の関係について紹介します。

よくスイングの始動は、捻転差が大事だから、下半身の動きを止めて
上体をねじっていくことが重要だ!と言われることがあります。
コーチングをしていても、多くの人がその言葉をうのみにして、
次の動画のような始動をイメージしている人が多く見られます。[広告] VPS
下半身を止めて、上体・腕だけを動かし始めます。
フットワークを使っていないので、重心(赤ボール)は、ほとんど
動かない為、重心移動によって得られるはずのエネルギーが、
得られません。
当然、腕の力に頼ったテークバックになります。

結果的に上体の力んだ、手打ちスイングになります。

上体と下半身の捻転差は、始動で無理やり作るものではありません。
腕が力んでいる人は、スイングが、腕を腕で動かさなくてはいけない
状態になってしまっていることがほとんどです。

次回は、正しい始動、『重心と腕の正しい関係』について紹介します

ようわからん!
という人は、レッスンに来てください。
腕の正しいコントロール方法お伝えします。
メール: lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください!

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

アップ・ダウン・アップ

重心コントロールを簡単にチェック

前回スイングにおける重心軌跡は、歩行と同じである。
ということを紹介しましたが、今回は、スイング中に正しく重心を
コントロール出来ているか、簡単にチェックする方法を紹介します。

~では、さっそくチェックしてみましょう~
はじめにアドレスの身体重心の位置にボールを固定します。
丁度へその前あたり、『丹田』と言ったりするところの前あたり
です。※ボールが分かり易いのでお勧めです。

次にボールをへその前に固定したまま、実際のスイングの動きを
してみましょう。[広告] VPS
ボールが背骨を軸に動画のように動けば、正しい重心コントロール
ができている証拠になります。


先日紹介しましたが、スイングの重心の動きは歩行と同じです。
重心(ボール)は、背骨を軸に黄色矢印のように動きます。
ボールはこう動くよ
アップ(バックスイング)・ダウン(インパクト)・アップ(フォロー)
です。
だから、最近インパクトから左ひざを伸ばしていく・・・
なんてことが強調して言われたりするんですよ。

ボールが、水平に動いてしまう人
ボールがあまりその場から動かない人。
こういう人は、正しい重心コントロールができていません。
フットワークに問題があります。

正しいフットワークをもう一度確認してみて下さい。

今回紹介したチェック方法は、
正しいフットワークをイメージするのにも、とても有効な練習に
なります。
是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

歩行と同じ重心軌跡 その2

背骨を軸・重心は振り子

今回は、前回に続きゴルフスイングの重心軌跡について紹介します。

通常私たちが立っているときの身体重心は、ほぼ背骨上に位置する
ということを前回紹介しました。
この為、立った状態で背骨を軸に体を回しても、回転軸上に重心が
位置しているために、それほど難しく感じることはありません。

一方、アドレスの姿勢をとると、身体重心は、背骨から外れたところ
に位置します。

~スイング中の重心の動き~
ゴルフスイングは、背骨を軸にした回転運動なので、身体重心も背骨
を軸に振り子運動のように、移動することになります。

アドレス時の重心位置 身体パーツの動き 背骨に対して
背骨と重心の関係 スイングの重心軌跡
重心はバックスイングでやや上昇し、インパクトに向かって下がり、
フォローに向かってまた上昇します。
マキロイなど、超一流選手のスイングを見れば、この重心移動の
メカニズムがしっかり使われているのが分かります。

*ゴルフスイングの体の操作方法が歩行動作と同じなので、当然の結果
 ですが、この重心の動きは、歩行動作と同じです。

~正しい重心移動をするには~
スイング動作で正しい重心移動をさせる必要条件は、背骨の安定です。
スイング中に背骨が安定していなければ、重心を振り子のように使って
効率よく重心移動のエネルギーを生み出すことはできません。
背骨を安定させるのは、フットワークです。
ですから、正しい重心移動をするためには、フットワークがポイント
なります。
本ブログでは、フットワークについて紹介していますので、興味のある
方は、是非そちらもご覧ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR