仙腸関節がロックしているかも

軸足『壁』が安定しない

右足は、右打ちの場合バックスイングでは右足が軸足、ダウン以降
は左足が軸足になります。よく言われる『壁』とほとんど同義語に
なります。

今回は、この軸足が安定しない原因で良くみられる仙腸関節の
ロックについて紹介します。

~仙腸関節~
骨盤(寛骨:お尻の広い骨)と仙骨(背骨の土台部分)をつなぐ
大切な関節です。
仙腸関節
この関節は、わずかな動きしかないので、あまり取り上げられる
ことがありませんが、この関節の動きが悪いために、軸足の
不安定性が増してしまっているということは良くあります。

~簡単なチェック方法~
◆あぐらをかいてどちらかのひざが非常に高い。開きづらい。
 ひざが高くなる方の仙腸関節の動きがロックされていることが
 多いです。
◆椅子に座って足を組む時、足を上に組みづらい。
 上に組む側の仙腸関節の動きがロックされていることが多いです。

  仙腸関節の動きがロックしている足は、
         軸足としての機能が低下します!


このようなケースでは、いくら軸足の筋トレをしてみたり、ひざが
流れ無いように意識してみたりしても、軸足の不安定性は解消する
のは困難です。
ロックされた仙腸関節の自由度を広げ、左右の仙腸関節のバランス
を図る事が重要なポイントになります。


本ブログのゴルフ体操で紹介している
仙腸関節をリリースする体操
『ベーシック1~3』
までを是非やってみて下さい。

自然に軸足『壁』が安定してきますよ]

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

足に自然にスイッチが入るよ

パワーポジション

今回は、重心を足の裏のどこにかければいいのか?
という事について紹介します。

通常の立ち姿勢では、重心線(赤矢印)が、内側のアーチの
頂点(舟状骨:赤斜線部)を通るのが理想です
通常の立位では舟状骨を通る
足部の内側に触れると、内くるぶしの指2本分前あたりに
骨の出っ張りに触れます。それが舟状骨です。

~ここに重心を感じよう~
アドレスでは、この通常の立位の重心ポジションから母指球
までの間のエリア(青○斜線内)に重心をかける事が理想です。
パワーポジション
スパイラルメソッドでは、このエリアに重心を乗せた状態を
『パワーポジション』と呼んでいます。

パワーポジションに重心をかけると、足の筋肉に自然にスイッチ
が入るので、フットワークが使いやすい状態になります。

このパワーポジションの中で、自分でスイングがしやすいと
感じる場所を探してみて下さい。

軽くジャンプをする時に、一瞬しゃがんで力を下半身にためた
時の重心位置が目安になります。


フットワークが自然に活性化します。
是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

グリップコンタクト

シャフトの芯に力を伝える

テークバックでは、クラブヘッドの芯(重心)をしっかり
押すイメージがポイントになるという事を紹介しましたが、
その時に、もう一つ意識したいポイントがあります。

今回は、クラブを体の一部のように扱うための準備として
『グリップ』に自分の力をどのように伝える意識が重要か
について紹介します。

グリップは、どう握るか?という事ばかりに目を向けがち
ですが、それだけでは足りません。

~手首の中心からシャフトの中心へ力を伝える~
例えば棒で物を押す時、物のセンター(重心)を押すほど
効率良く押せるという当たり前な物理的ルールがあります。

体の操作も物理現象なので、全く同じ原理が働きます。
物理的ルールに従って体の動きを調整するほど動作効率は良く
なり、最小限の努力で最大の力を発揮できるようになります。

ですから、
左腕の力を効率よくクラブに伝える為には、左腕の中心から
シャフトの中心に向かって力を伝えることが、理想です。

グリップをする時、左腕の中心部が、シャフトのセンターを
押すようにセットしましょう。また始動は、シャフトの中心
に向かって、左腕の力を伝えるように意識するのがポイント
です。

左手の中心からグリップの中心を押す グリップのセンターを押す
これは、クラブを力まずしっかりとグリップするための重要
なポイント
でもあります。
グリップコンタクトが良くなるとクラブ操作が非常に楽に
なります。
クラブと唯一の接点、少しこだわってみては如何ですか

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

クラブヘッドの芯を押す

左腕とクラブの一体化

始動がスムースにいかない時は、納得のショットにはなりづらい
ですね。

クラブをいきなり腕で持ち上げてしまい、結果的に腕と体が
バラバラに動いてしまうという人はとても多くみられます。
今回は、始動でおすすめの左腕の使い方のポイントを紹介します。

~クラブヘッドの芯を押す~
始動で、シャットフェースになり過ぎたり、クラブが体の正面から
外れてしまうという人は、始動で手元の意識ばかりが強くて
クラブヘッドが置いてけぼりになっています。

手元だけが横に動く
これでは、テークバックで、クラブと体の一体感が得られません。

始動のお勧めは、
左腕の延長線上にクラブヘッドの芯(重心)を押すイメージです。
クラブヘッドの芯を押す
背骨が軸として機能していれば、左腕でクラブヘッドの芯を押し
続けるようにイメージするだけで自然にクラブと体が一体化した
テークバックが行えます。

始動がうまくいくとスイングは劇的に変化します。
このイメージは、少し上級者向けですが、レッスンに来て頂ければ、
すぐに、どう体を使えばいいのかお伝えしますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右手をうまく使うために

右手のセッティングポイント

今回は右手のグリップで注意したいポイントを紹介します。

以前手首の使い方について紹介しましたがスイングプレーンを
安定させる役割を担うのは、バックスイングの右手、そして
フォローサイドの左手の使い方
です。
[広告] VPS

先日、右手はバックスイングで出来るだけリラックスさせて、
フォロー以降にしっかり使う事がポイントになるという事を
紹介しましたが、安定したバックスイング軌道を得るためには、
左サイドの動きをしっかりとガイドする右手の働きが重要な
ポイントになります。

~セッティングがポイント~
バックスイングの時に右手に求められるのは、
左手が気持ちよく動けるようにガイダンスするレールのような
役割と、ダウンからインパクトにかけて、しっかり右手が使える
ように、十分にリラックスした状態を保つ事です。

この為バックスイングでは、力むことなく自然に正しく右手が
使えるような関節のセッティングをアドレスの時にしておく事
が、重要なポイント
になります。

良くボールをつかまえたいために、右手を下から極端に握って
いる(フックグリップが強すぎる)人が見られますが、おすすめ
できません。

正面から見た時に、手首の動きの支点(図の黄色○)が両手とも
見えているように、セッティングする必要があります。
右手の添え方
そうすれば先ほど紹介した動画のように、バックスイングで、
右手が力むことなく正しく使えるので、結果的に、フォローサイド
でも右手をしっかり使う事が出来るようになります

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR