FC2ブログ

パターからショットへ

上体はこう回せ その2

先日、上体は、大きく2つの要素で回転(ねじれ)させるという
事を紹介しました。

要素1
コア(黄色○)の上で、肋骨部分(胸椎レベル)が回る運動要素
(赤矢印)
要素2
コア(黄色○)を直接フットワークで回転させる運動要素(黄色
矢印)です。
上体はここで回る
今回は、これらの運動要素を使って、体を上手に回転させる練習
方法を紹介します。

~パッティングからスイング動作へ~
要素1の動きは、パッティング動作と全く同じです。
コアまでを安定させ、腹で肋骨(胸郭)を回します。
へそが正面を向いたまま、肋骨部分だけを、背骨に対して垂直に
回すのがポイントです。これにより肩も腕も自然に動き出します。
要素2では、要素1の動きをフットワークで加速させていきます。
コア(ボール部分)を、その場でどんどん回転させるイメージで
フットワークを使うのがポイントです。
[広告] VPS

要素1の動きに、要素2の動きが加わる事で、自然に回転動作が
大きくなり、腕も加速され、通常のスイング動作となります。
動画のように、ハーフスイングくらいの大きさで、二つの要素を
感じながら練習するのがお勧めです。
フットワークを更に大きくすれば通常のフルショットになります。

正しく体を使えば、誰でも簡単にねじれの効いた深い回転動作を
手に入れる事が出来ます。
是非、2つの要素、確認してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/909-f33fb88b

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR