オーバースイングを矯正しよう

逆ハンドグリップ

オーバースイングで悩んでいる人の原因に、上体の回転不足が
上げられます。

上体の回転不足を補うために、手上げとなり、結果的にオーバー
スイングを引き起こしているケースがとても多くみられます。

今回は、そういった上体の回転不足からくるオーバースイング
の調整方法を紹介します。

逆ハンドグリップで握ります。
逆ハンドグリップ
このように握ることで、体の左サイドがバックスイングで非常に
ワインドアップされやすくなります。
また、縦のコックが抑えられ、クラブを持ち上げようとする動き
が抑えられます。
結果的に、上体の回転と腕が同調する時間が長くなり、腕と上体
がバラバラに動くことで起こるオーバースイングが自然に矯正
されます。

初めは、ハーフスイングで練習を行います。
無理に大きなスイングをする必要はありません。
腕や上体が力まない範囲で行う事がポイントです。
[広告] VPS

上体と腕、クラブの同調感が掴めたら、グリップを通常の形に
持ち替えて、逆ハンドグリップで練習したイメージを再現する
ように振ってみましょう。

腕の動きが抑えられる分、体の回転が大きくなる為、初めは
少し窮屈に感じるかもしれませんが、腕と体の同調感が出る
と不必要な腕の動きが抑えられオーバースイングが自然に
解消しますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/878-a2d2a6ac

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR