左一軸?

右軸の人が左荷重で構える時の注意点

先日コーチングさせていただいた生徒さんの中で、左一軸打法を
意識してみているのですが、どうしてもうまくいかないという
人がいました。

私は、左一軸打法というのを知りませんが、その生徒さんは
確かに左荷重に構えて、体重移動をせずに左足の上でスイングを
しようとされていました。

確かに、アイアンなどでしっかりとダウンブローにインパクトを
迎える為に、アドレスで若干の左荷重にする事はよくある事なので、
そのイメージ自体に問題はありませんでした。

~何が問題?~
この方の問題点は、そのスイングイメージではなく、アドレスに
ありました。

日本人は、右軸の人が圧倒的に多いです。
右軸の人は、筋肉の張力バランスから、アドレスで肩のラインを
飛球方向に真っすぐ取ろうとすると、自然に腰が引けて開き易く
なるといった特徴があります。


この方もやはり、右軸でした。

今回は、右軸のこてこて日本人身体特性の人が左荷重のアドレス
をバランスよく取る為のポイントを紹介します。

ポイントは2つです
◆右サイドを合わせる
 右ひじと右ひざの関係
 右ひじ・右ももの内側を鉛直方向に揃えます。
 このラインをそろえて使ったときに、右軸の人のパワーは最大限
 に発揮されます。
◆骨盤をしっかりと正面に向けたまま、左にシフトさせる。
 結果的に、左の骨盤が若干右の骨盤よりも高くなります。
 アドレスの3つのポイント
 正しい位置に骨盤のポジション調整をすると、右軸の人は、やや
 クローズに構えているような感覚になります。

この方もこの2点をチェックするだけで、力強いインパクトが
出来るようになりました。
皆さんも是非この2つのポイントをチェックしてみて下さいね

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/875-21c394df

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR