FC2ブログ

壁は瞬間的に作るもの

トップの一瞬が勝負

今回は、バックスイングの壁について紹介します。
バックスイングの壁ですから、右打ちだと右足側が壁です。

巷では、
「バックスイングは右ひざの角度を変えないで」とか
「右ひざの高さを一定に」とか
「右の腰が流れないように」とか
色々言われるので、バックスイング中ずっと右足に力を入れて
踏ん張っている人が多くみられます。
しかし、足をバックスイング中に踏ん張り続けてしまうと、
スムースにフットワークを使う事ができずに、上体の力みを
誘発してしまいます。

バックスイング時の機能的な壁を手に入れるポイントは一つです。
必要なタイミングで必要な筋肉を発火させる。です。

~トップの瞬間がポイント~
バックスイングは、Aラインの右サイドが見かけの軸になると
いう事は、本ブログやブロマガ『心技体の方程式』で詳しく紹介
していますが、この時、正しく体が使われているとトップの瞬間
で、右のももの内側と右の母指球で自分の重心を瞬間的に受け
止めるのを感じます。

具体的には、トップの瞬間に母指球で地面を押す感覚と、
右ももの内側の筋肉が強く収縮する感覚を感じます。

トップの瞬間に感じてますか
下肢の筋肉は、体重がかかると自然にそれを支えるための筋肉が
発火し、安定させる性質を持っているためです(反射)。

ですから、右の壁をしっかり機能させるためには、
トップの瞬間に右のももの内側に力が入る感覚と、右の母趾球で
地面をしっかり押している感覚が同時に得られるように意識する
ことがポイントになります。


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/873-20c6fd25

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR