FC2ブログ

左ひじを曲げて右手を開く

実際のスイングで腕を柔らかく使うコツ

先日紹介した腕の振り方のエクササイズ(クラブを走らせる腕の
振り:木の棒をうまく走らせる)のように、クラブを振るコツは
ありますか?

といったご質問を頂きましたので、簡単なコツを紹介します。

レッスンをしていても腕や手首の力がなかなか抜けずに、クラブを
効率よく走らせることができていないという人はとても多いです。

そういった人には、
トップに向けて、左ひじを曲げて(軽くたわませて)、
右手の指を軽く開くように
練習してもらいます。

腕の力が抜けないということは、余計なところに力が入っている
ということです。
綱引きのように、反対方向に物を引っ張り合いながら、物を動か
そうとしている状態です。

左ひじが突っ張るという人は、上腕三頭筋という肘を伸ばす働き
のある上腕部の筋肉が働き過ぎています。
また、手首が硬いという人は、右のグリップを握る筋肉(握りこむ)
が働き過ぎています。

通常バックスイングでは、左の上腕三頭筋は使いません。
肘を曲げる筋肉、上腕二頭筋を使います。
また、右手の筋肉は、握りこむ筋肉は使いません。
右手の筋肉は、手のひらを開く作用のある筋肉の繋がりを
使います。

これは、つま先から指先までの体の筋肉の繋がりにけんかしない
体を効率よく使うための基本的なルールです。

腕が力んでいる人は、先ほどの綱引きの話のように、使うべき
タイミングで、使うべき筋肉を正しく選択できないために、
無駄な労力だけが大きくなって、目的(理想のバックスイング)が
効率よく果たせなくなってしまっているのです。


腕の力みが取れないという人は、
トップに向けて左ひじを軽く曲げ、右手の指を軽く開いて練習して
みましょう。
正しい筋肉が選択的に働くようになりますよ。

谷口徹選手や杉原輝雄選手がいいお手本です。

コイリング(全身を一本の繋がりあるゴムのように使うための体の
ねじり方)についてもっと知りたいという人は、なかなか言葉だけで
正確に動作をお伝えするのは、限界があるので、是非レッスンを
受けに来てください。

効率的な身体の使い方をお伝えします。
正しく体を使えば、スイングは、劇的に変わります。

ただ今初回半額キャンペーン中です
lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/855-7750a6e3

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR