松山選手の見習いたいポイント その1

最強のストロークリズム

松山選手のパッティングは、安定した土台と体幹の大きな筋肉を
使ったストロークが特徴で、非常に理想的な身体の使い方をして
いますが、特に見習うべき点は、自然な振り子運動に任せたような
ストロークリズムです(切り返しの間とダウンスイング初期で決して
振り急がない点は非常に参考になります)。

~振り子のリズムを感じてみよう~
初めに手元を支点にパターをゆすってみましょう。[広告] VPS
振り子運動には、振り子のアームの長さによって自然な振幅のリズム
が生まれます。この場合はシャフトの長さがアームです。
この振り子のリズムに任せてパターをゆすると、振り子の最下点
(インパクトエリア)でパターヘッドは自然にリリースされ、最大
の加速を得るとともに、パターヘッドの重心距離に見合った自然な
フェースターンを感じると思います。
この自然なリリースと、フェースコントロールが最高の転がりを
実現する原動力になります。


では実際のパッティングフォームの中で振り子のリズムを感じて
みましょう。
[広告] VPS
通常のパッティングでは、背骨からパターヘッドまでが振り子の
アームになります。
パターのグリップエンドを右手でつまみ、パターを振り子のように
動かしてみましょう。
骨盤を安定させ、体幹の大きな筋肉(腹の筋肉)を使って
胸郭を回し、振り子のリズムに合わせてストローク動作を
してみましょう。
腕は、ほとんど何もする必要がありません。
肩を回す意識も必要ありません。
パターヘッドの遠心力を感じ、振り子のリズムに合わせて背骨
(胸椎レベル)を軸に胸郭を回転させるだけです。

松山選手もしっかり体幹の大きな筋肉(腹)を使ってますよ。
*パッティングの正しい体の使い方は本ブログでも紹介しているので
 そちらをご覧ください。

ほとんどの人は、自然な振り子のリズムが非常に遅く感じられたと
思います。
それだけ、切り返しからボールを手先で打ちに行っているという
ことです。

パッティングは、手先で打っていると距離感も打ち出しもバラバラ
になります。
強さとラインが合わないとパターは入りません。
狙ったところに狙った強さでボールを転がすには、体幹(腹)で、
振り子のリズムを感じ取りながらストロークする事がポイントです。
松山選手の最高の転がりを生むストロークリズム、おすすめです

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/840-68ffe59c

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR