球持ち世界ナンバーワン?

Dジョンソンのリストワーク

Dジョンソンのトップのシャット感について質問を受けましたので、
今回は、Dジョンソンのリストワークについて紹介します。

Dジョンソンは、最後までマキロイと総合優勝の座を競い合った
超一流の選手です。
飛距離も正確さも半端ないショットメーカーです。

では初めにDジョンソンのトップとフォローのリストワークを
見てみましょう。
トップでは、左手は手のひら側に折れ、赤矢印の方向へ左手首を
ねじり込み、フォローでは、逆に赤矢印の方向へねじれをリリース
するとともに、甲側に折れていきます(左手首)。
DJ バックスイング DJ フォロー
「手首の角度を変えずに・・・」とは、巷でよく言われることです
が、Dジョンソンは、決して手首を固めていません。


~Dジョンソンのスイング中のリストワーク~
Dジョンソンのスイング中のリストワークは、ノーマルなリスト
ワークに対して、ねじれ(コイリング)を大きく使うのが特徴です。

手首のねじれ(コイリング)は、フェースコントロールと密接な
関係にあり、コイリングが大きいほど球持ちがよくなります。

(フェースにボールが乗るのでボールコントロールに有利に働く)。

分かり易く左手首の動きだけで比較するとこうです。
『ノーマルなリストワーク』[広告] VPS
『Dジョンソンのリストワーク』[広告] VPS
通常、Dジョンソンほど手首のコイリングを大きく使ってしまうと、
切り返し以降、手首をねじり戻せなくなる可能性が高まります。
これは、トゥダウンの原因となるので、普通はプロゴルファーも含め
ノーマルなコイリングにとどめることをおすすめしています。

しかし、Dジョンソンは、バックスイングでこれだけ大きく手首の
コイリングを使っているにもかかわらず、ダウンからフォローに
かけて、さらっとねじり戻しています。
きっと強靭で柔軟な手首をしているのでしょう。
超一流の選手は、すごいです。

手首の使い方は本ブログで詳しく紹介していますから、興味のある人
はそちらをご覧ください。

日本選手だと宮本勝昌選手の腕の使い方はとても参考になると思い
ますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/836-44f76c29

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR