FC2ブログ

上級者ほど要注意

先が動くから捕まる

フェースコントロールについて、ボールが捕まるポイントを
紹介します。

多くの人は、ハンドファーストにして、ロフトを立てることで
ボールが捕まると考えていることが多いようです。


確かにロフトを立てれば、弾丸ライナーの強いボールは打てる
ようになります。
しかし、スピンのほどけた、すっぽ抜けた弾丸ライナーはあまり
使い物になりません。

ボールは、無理やりハンドファーストにしなくても捕まえることが
できます。
またロフトを開いても捕まったボールを打つことはできます。

ロフトを立てることと、ボールをつかまえることとはイコールには
なりません。


~先をしっかり動かそう~
ボールをつかまえるには、動画のように、フェースのトゥ(先)の部分が
ダウンスイングからフォローにかけて、しっかり動く事が必要条件です。
[広告] VPS
先がしっかり動くのが理想 バックスイングのリーディングエッヂ

このようにいくらロフトを立てても、先が動いてこなければボールは
フェースの先端方向へすっぽ抜けます。
[広告] VPS
先がしっかり動かないのはダメ バックスイングのリーディングエッヂ 
短いクラブはクラブを跳ね上げて、ごまかすこともできますが、クラブが
長くなるとボールがフェースに乗らなくなります。

この感覚は、上級者でないと少し分かりづらいかもしれませんが、
プロゴルファーにおいても、スイング調整では、ボールをつかまえるために、
この正しいフェースローテーションがとても重要な課題になっています。

捕まったボールが打ちたければ、先を動かす事。
これが最重要課題ですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/830-b51f5a08

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR