べた足はボールに力が伝わらない

ミケルソンに学ぶ その5
~かかとを押し込む~

今回は、インパクトでボールにしっかりと力を伝えるための
ポイントを紹介します。

それでは、ミケルソンのスイングを見てみましょう。
インパクトとインパクト直後の動きです。

注目すべき点は、左かかと(けり足側)の動きです(右打ちの人は
右かかとの動きがポイントになります)。

インパクト直後から正しい下肢のコイリングによって、かかとは、
やや内側へ絞り込まれるように(赤矢印)使われています。

かかとの押し込み方向

このかかとの押し込みが、上体の回転に拮抗するねじれを足首に
作り(赤矢印)、ボールへ全ての力を伝えることを可能にします。

インパクトの足首のねじれ

これは、グレッグノーマンが全盛期の時に、ブッチーさんが王者
のドリルの中でも紹介していた動きですが、ボールに力を伝える
ためには、とても重要な動きの要素です。

巷では、
「インパクトはべた足がいい。」
「かかとを浮かせるな!」
といった踏ん張り系のフットワークが推奨されがちですが、
べた足を意識し過ぎて、インパクト直後もべたっと地面に足の裏全体
が張り付きっぱなしになり、フォローで腰が引けてしまったり、
スムースな重心移動ができなくなってしまったりしている人が
とても多くみられます。

当然ミケルソンのかかとは、ボールを打ち抜いた直後から自然に
上がっています。

インパクト後のかかと
かかとが浮くこと自体は、大きな問題ではないということです。
ポイントは、下肢のコイリング、かかとの押し込みです。
皆さんも是非試してみて下さいね

※下肢のコイリングの詳細は本ブログで紹介しているので、興味
のある人はそちらをご覧ください。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/827-98c6367a

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR