FC2ブログ

第一のてこ

ミケルソンに学ぶ その4
~切り返しの仮想の支点~

今回は、クラブを効率よく走らせるためのちょっとしたコツを
紹介します。

それでは、ミケルソンのスイングを見てみましょう。
トップから切り返し直後のクラブの動きです。

バックスイングでしっかりとクラブを軸に対して巻き上げたら、
切り返しは、首の付け根(黄色○)を支点に手元を振り下ろして
います(これは肩の回転に引っ張られた結果です)。

クラブ全体を無理に引き下ろそうとはしていません。
クラブを扱う支点を手元から首筋に移動させることで、
第一のてこの原理によって、クラブヘッドが自然に持ち上がって
きています(クラブが立つ)。

トップ正面 第一のてこ
切り返し直後 第一のてこ
この結果、ダウンスイング方向へ最短距離で、素早くクラブが引き
戻される為、強烈なためとともに、インパクトでの最大限の加速を
生んでいます。


多くの人は、手首を支点にクラブを無理やり引き戻そうとします。
このためクラブの重さに耐えかねて、クラブが寝たり、体の左サイドが
伸びあがってしまったりしてためがほどけ、クラブが一向に走らない。
という状況に陥りがちです。


手元からクラブ1本分の重さを引っ張り戻そうとするよりも、クラブ
の中央付近に仮想の支点を作ってシーソーの要領で、クラブを動かした
方が、断然効率よくクラブを振り下ろすことができます。

ミケルソンの切り返しは、本当におすすめですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/826-3c5b211a

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR