ひざを意識しても治りません

ミケルソンから学ぶ その2
~下に踏み込もう~ 
「ダウンスイングでは、左のひざが流れないように左の壁を意識
しよう(右打ちの場合)」
よく言われることですが、左ひざを意識してもなおりません。
ダウンスイング以降の体の回転を止めるだけ、体に負担をかけるだけ、
なので、やめましょう。

では、ミケルソンのスイングを見てみましょう。

バックスイングでは、左足を軸に体をねじりあげていましたが
ミケルソントップのねじり方 小
ダウンスイング以降は、右足に向かって体をねじり戻しています。
ダウンはねじり戻すだけ
ねじりあげたものを素直にねじり戻しているだけの非常にシンプル
な動きになっています。
ポイントは、バックスイングからダウンスイングにかけて、軸足が
左から右へスムースに切りかえられている点です。

~軸足をスムースに切り替えるためにすること~
軸足をスムースに切りかえるには、重心移動の方向がポイントです。
ミケルソンのスイングを見てもわかるように、切り返し直後から
右足にウェートシフトがはじまるのですが、右足の延長線上へ(アド
レスのAラインに沿って)まっすぐに、地面を強く踏み込んでいって
いるのが分かります(赤→方向)
確かに重心は左から右〈ミケルソンは左打ちなので〉へ動きますが、
これは、右足に向かって真っすぐ踏み込んだ結果です
右下に踏み込んでますね
多くの人は、『重心移動=青の矢印に重心を動かそう』と結果に目を
向けがちです。
これが、ひざの流れる(右打ちの人は、左ひざが流れる)大きな原因
です。


重心移動は、ミケルソンの行っているように、Aラインに沿って足の
延長線上に踏み込む(加重していく)事が重要です。


『ひざが流れる』
『腰が開く』
『クラブが早くほどける』
これらの根本的な原因になっていることが多いので、是非チェックして
みて下さい。

ミケルソン、ダウン以降もAラインが全く崩れませんね。
素晴らしい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/824-4970d224

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR