FC2ブログ

動き方を 頭で考えなくていいんです

『腕のコイリング調整』で一本のゴムになる
~レッスン風景 その2~

体を一本のゴムのようなつながりを持って使うためには、
『コイリング』が、非常に重要な運動要素になります。

体は筋膜という組織で、つま先から指先まで、全身を覆うゴムの
スーツのようなもので包まれています。
つま先から指先まで、すべてはつながっています。

バックスイングでは、このゴムのスーツを右方向へねじることで、
ダウンスイング以降の、自然な素早い巻き戻しのためのエネルギー
(張力)を、得ることになります。

Aさんの場合はどうでしょうか?
左腕が突っ張り、腕に力みが見られました。
この状態では、クラブと体の間をつなぐ腕が棒のようになって
しまっているので、全身を一本のゴムのように巻き上げる事は
できません。


はじめのトップは、こうでしたね
20分前はこうでした

~では、腕のコイリングを調整しましょう~
正しいグリップをとったら、私が角材で伝える抵抗によって、
腕のコイリング(腕をねじる方向、ねじる支点、ねじるタイミング)
を、Aさんの運動感覚に入れていきます。
Aさんの体の中には、正しい運動パターンがどんどん書き込まれて
いきます。
最後は、角材で練習した基本パターンを、実際のクラブで、できる
ように誘導します。[広告] VPS

腕のコイリングのパターンが正常化すると、上体と腕の連動性が
一気に向上するのが分かります。つま先から腕までが一本のゴム
のように、ねじられてきました。
もう素振りでは、以前の右サイドの伸びあがりや、左腕の突っ張り
は、見られないですね。クラブもしっかり立ち上がっています。

新しい運動パターンがAさんの体の中にどんどん入っていったよう
です。
ちなみに、この時Aさんは、手首をどう使うとか、クラブを立てる
とか、いちいち頭の中で考えながら動く必要がありません。
Aさんの運動感覚が正しい動きを感じ、自然に再現してくれている
のです。
『感覚入力が、優れている点は、いちいち頭で考える必要がない。』
ということです。
非常に楽です。

次回は、このスイングで、実際にボールが打てるように調整して
みましょう
  
やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/820-5d2e9bda

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR