FC2ブログ

『タメ』を生む『ゴルフ柔軟体操』

肩の簡単ストレッチ&エクササイズ

今日は、肩をほぐしていきましょう。

以前、肩・首のストレッチを行う前に注意しなくてはいけない事を
紹介しましたが、猫背気味の姿勢が強い方は特に、猫背解消エクサ
サイズを行ってから肩のストレッチに移行して下さい。

肩の動きには、胸郭(肋骨)や肩甲骨、背骨の動きが関わっています。

~ポイント~
・肩・背骨に違和感の無い範囲で行う。
・肩は複雑な構造上、痛めやすい関節です。
 あくまでも気持ちよく感じられる範囲で行ってみましょう。

◆初めに胸の前面を伸ばします。
胸の前をストレッチ
壁に前腕部を当てて『青○』、体を回します『赤矢印』
ゆっくりと胸の前『水色矢印』が、伸びるのを感じて下さい。
20秒~30秒程度続けます。2、3回繰り返します。

◆次に、肘を伸ばした腕を抱えて、自分の胸の方に引きつけます。
肩の付け根、後方のストレッチ
左を伸ばす時は、左に重心をのせます。
20秒~30秒間続けます。2、3回繰り返します。
なるべく背骨(上体)が回らない様に注意して下さい。
伸ばした腕を胸に引きつけるようにします『赤矢印』
肩甲骨と腕の骨のつなぎ目『水色矢印』が伸びるように意識します。

◆次に、肩を外旋方向へストレッチします
外旋ストレッチ(前) 外旋ストレッチ(横)
図のようにクラブを抱え、『青○』を支点に、前方の手で上方へ『赤矢印』
回します。
これに引っ張っれる形『水色矢印』で、後方の肩が外旋方向へストレッチ
されます。
肩は、デリケートな関節なので、痛みの出ない範囲で行います。
20秒~30秒間続けます。2、3回繰り返します。

◆最後に仰向けになって動画のように小刻みに前腕部を動かします。[広告] VPS
肘が支点になるように肘の下にバスタオル等を置きます。
気持ちよく動く範囲で行います。
物足らない方は、水を入れた500mlのペットボトルを持って
行っても構いません(おもりは、重過ぎないようにしましょう)。
30秒を2、3回繰り返します。

今日紹介している柔軟性は、
ダウンスイングで『タメ』を作る為にも、とても重要な要素です。

よくダウンスイングで肘を右ポケットに向けて下ろす等と表現する事が
あると思いますが、その為には、この柔軟性が必要です。


硬いなと感じた方は、是非肩周辺を、ほぐしていきましょう。
体の正面で腕をさばく事が楽になりますよ。

次回は、レプリケーションスイングトレーニングの応用パターンをいくつか紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yamaptgolf.blog119.fc2.com/tb.php/216-b72ef2d9

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR