FC2ブログ

練習場のように打てないのですが・・・・

何故練習場と違うのか?

先日レッスンの中で「練習場のように何故うまく打てないのか?」と
いったご質問を受けたので、今回は、多くの人に共通する要因を2つ
紹介します。
こういった悩みを持っている人は、レッスンをしていてもとても多く
みられます。

その1 ターゲットの意識が薄い
練習場のようにうまく打てない。といった悩みを持っている人は比較
的上級者でも見られますが、このような人に多く見られるのがターゲ
ットの意識が薄い。という事があります。
ボールをどこに打ち出すか。という事が明確にイメージできてなく、
漠然とボールを打つことにばかりに意識が向いています。この為、
スイングプレーンやアドレスがターゲットから外れてしまっている事が
多くみられます。

ターゲットの意識を明確にするために、後方からスパット(打ち出した
ボールが通る目印:葉っぱや色の変わった場所)を見つけ、そこに
ボールを打ち出す事に集中してみましょう。
プレショットルーティーンと合わせてターゲットの意識を高めると
よりスイングが滑らかになります。
本ブログで以前お勧めのプレショットルーティーンを紹介しているので
興味のある方はそちらをご覧下さい。

その2 リズムがバラバラ
その1でも紹介しましたが、ボールに当てる事ばかりに集中していると、
一番器用な手先の動きだけが優位に反応します。腕にはゴルフ
クラブを振りまわせるような大きな力はないので、これが力みに繋がり
フットワーク等、体の大きなエネルギーを出す事の出来る他の身体部分
との協調性が崩れリズムがバラバラになります。

練習場で、自分が普段心地よいと感じているスイングリズムをしっかり
とつかみ、そのリズムを再現する事に集中します。
スイングが心地よく練習場のものとリンクしている時は、間違いなく
練習場のナイスショットをコースでも再現出来ているはずです。
また、リズムに集中する事で、体全体の動きが統合され易くなるので、
フットワークにもスイングを乗せやすくなり結果的に大きな飛距離へ
とつながります。

是非、ラウンドでは、細かなチェックポイントがあったとしても、
ターゲットの意識とリズムは絶対に忘れないようにして下さい。

この2つは、ナイススイングの基本要素です

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR