何故体が開くのか

上体が開く原因

ダウンスイングで、上体が開きボールが捕まらなかったり
あるいは、シャンクで悩まされている人は多いと思います。
先日のレッスンでも、うまくクラブフェースをターン
させることができずにスライスで長年悩んでいるという
人がいました。

今回は、そういった人におすすめのチェックポイントを
お伝えします。

上体が開く原因でよく見られるのは、次の3つです。

◆手打ち:下半身リードができない
 下半身の安定、上体とのねじれ差、といった言葉を
うのみにして足を踏ん張ってしまい、上体だけで
バックスイングをしている人が多くみられます。
バックスイングとダウンスイングは作用反作用の関係
にあります。バックスイングでフットワークを使って
いない人は、切り返し以降もフットワークを使う事は
できません。当然上体でボールを打ちに行くことに
なるので体も開きやすくなります。
ゴルフに限らずスポーツはフットワークが基本です。
上体の動きは、フットワークに誘導される形で使われる
ことが理想です。
バックスイングで、しっかりとフットワークを使い
積極的な重心移動を感じられるようにしていきましょう。
◆腰を無理やり回そうとする
 腰を切る、ということがよく言われますが、ダウン
スイングで腰を無理やり回そうとすると、腰が飛球方向
に流れ上体(軸)の右倒れを誘発します。上体の右倒れ
は、右に重心が残りやすく、その結果上体が開いてしまう
ということがよくあります。
ダウンスイングでは、腰を無理やり回そうとするのではなく
左母指球に向かって踏み込む(重心を下に動かす)イメージ
がおすすめです。ダウンからの軸足に重心を移せれば、
腰は、自然に切れて(回転)きます。
◆腕のターンができない。
 左腕のリード、インパクトでハンドファーストのイメージ
これはとても重要なことです。しかし、これらのことを意識
し過ぎて、飛球方向に手元が流れてしまい、その動きに
つられる形で、上体が開いてしまうという事がよくあります。
正しい、腕の使い方をチェックしてみましょう。
ブログで紹介している『面素振り』で確認できます。
クラブが背骨に対して円錐を描くように腕が使えている
か、手元がスウェーしていないか確認してみましょう。

上体の開きの原因は、今回紹介した3つの原因がほとんど
です。是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR