45度のクローズで打ってみよう

体の開きを抑える矯正練習

アドレスは、飛球方向に対して45度程度の極端なクローズ
スタンスを取ります。
45度クローズで構えます
このまま飛球方向に対してできるだけスクウェアなプレーンで
スイングをしていきます。[広告] VPS
身体はなるべくアドレスの状態を保ったままインパクトを
迎えます。
そうすることで、ダウンスイングで右の懐が確保され、また
腕のターン(ターンオーバー)をしっかりと感じ取ることが
できるようになります。


フォロースルーをとる練習ではないので、打ったら終わりです。
しっかりインパクトで、左母趾球へ荷重できていることと、上体
が開いていないことを確認しながら練習を行います。
〈OK〉               〈腰が引けたらダメ〉
左の壁がしっかりできます。 腰が引けてはいけません
わずかに右に打ち出たボールが軽いドローボールになれば
大丈夫です。

慣れてきたら通常のアドレスに戻して、ダウンスイングで上体が
開かない感覚や、先ほどの腕のターン、そして、インパクトで
しっかりと左母趾球に荷重される感覚をイメージしながら打って
みましょう。
身体が開かない感覚と腕のターンの感覚を是非つかんで下さい。
ボールがしっかり捕まるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR