球の捕まる人はみんなやってる

右ひじと右ひざは平行移動

今日は、強いドローボールを打つ人に共通してみられる動きについて
紹介します。

強いドローボールを打つには、当然インサイドアウトのスイング軌道
が必要条件ですが、インサイドアウトの軌道を無理やり作ろうとする
ために、大だふりや、プッシュが止まらなくなってしまうという人が、
よく見られます。

こういった小手先でインサイドアウトの軌道を作ろうとしている人
は、是非チェックして下さい。

~ポイントは、右ひじと右ひざ~
はじめにアドレスの右ひじと右ひざの位置関係を確認します。
丁度右ひじの下に右ひざがありますね。
右ひじと右ひざの関係
理想のインサイドアウトの軌道は、フットワークで回転軸が左へ
シフトする結果、自然にできるものです。
その為、インパクトでは、右ひじと右ひざは、アドレスの関係を
保ったまま、インパクト方向へシフトして(押し込まれて)きます。

右ひじと右ひざは同調して動くよ
右ひじと、右ひざが飛球方向(左側)へ同調してシフトしている
のが分かりますね。

※この時、頭の位置が目標方向(左側)へ突っ込んでいないことも
チェックしておきましょう。

ポイントは、右ひじと右ひざの関係です。
インパクトエリアで、同調して動いているか確認してみましょう。
上体だけ(右ひじ)が来るとひっかけ、
上体(右ひじ)が残るとプッシュやだふりです。

右ひじと右ひざが平行に動いてくるようになると、自然にインサイド
アウトの軌道になって、ボールも強くなります。
是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR