何故腕が走らないのか?

ミケルソンに学ぶ その6
~たわむから走る~

今回は腕の使い方に注目したいと思います。

「腕を伸ばして、スイングアークを大きくすれば飛ばせる。」
「腕と肩の三角形を保ってバックスイングをした方がいい。」
これらの言葉をうのみにして、
テークバックから、腕を突っ張り続けてしまい、
トップでも、腕がガッチガッチ・・・
おかげで、
スムースな切り返しはできないは、
クラブは走らないは、
と悩んでしまっている人を良く見ます。

では、ミケルソンの腕の使い方に注目してみましょう。
テックバックの初期の段階では、確かに、遠心力に任せて
腕は、自然に伸びています。

ミケルソンの右腕
しかし、トップでは、右ひじは突っ張らずに、曲がっています。
(右打ちの人は左ひじに注目して下さい)

トップでは肘がたわむ
決して、肘を突っ張り、無理やり肩を回そうとはしていません。
ミケルソンの猛烈に素早い、でんでん太鼓のような腕の振りは、
この突っ張らない腕が可能にしています。
腕が突っ張った棒のようになっていたら、でんでん太鼓のような
しなやかな腕の振りはとても実現しません。

バックスイングのアークを大きくしようと意識して腕を伸ばそうと
している人は非常に多く見られますが、
遠心力で自然に伸ばされるのと、突っ張って腕を伸ばすのとでは、
全く違う運動メカニズムです。


腕が素早く触れないという人は、
是非、ミケルソンのたわんだ腕をまねてみましょう。
ポイントは、バックスイングでは、腕を突っ張らない事です。

今までにないような強烈な腕の振りを手に入れることができるように
なるかもしれませんよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR