ひざを意識するほど流れるのが壁

右の壁はひざを意識しない
右の壁を安定させるために「右ひざの位置を動かさない。」という
言葉をよく聞きますが、
正しいフットワークでは、右ひざは、後・上方へ多少の動きを伴い
ます。

~右の壁がうまく作れているかチェックしてみよう~
ほとんどの人は、右に流れないように右ひざを止めようと頑張り
ますが、ひざを止める意識が強いと、足全体が力んでしまい骨盤
の回転も止まてしまいます。
結果的に、右の股関節が流れるスウェーを誘発し、益々ひざを
止めようと頑張る、といった悪循環に陥いります。
バックスイングで、ももの外側(青丸の部分)に力が入る人は、
このタイプです。

先日コーチングした方も、右ひざを動かさないという言葉に
とらわれてしまい、足が固まり、重心移動ができずに、上体が
ひどく力んでしまっていました。
内側の筋肉の緊張が高まれば正解
正しく右の壁ができている人は、トップに向けて、ももの内側の
筋肉(赤丸の部分)に自然に力が入ります。
足の筋肉は、重心が通る部分で、自然に筋肉の緊張が高まるように
なっているので、右の壁がしっかりとできている人は、荷重線上(黄色
線)のももの内側の筋肉の緊張が自然に高まる為です。

~右の壁を安定させるポイント~
トップに向けて、ももの内側の筋肉に瞬間的に力が入るように
意識して、上体を回していきましょう。
ずっと力を入れ続けるのではなく、トップに向けて瞬間的に力が
入ることがポイントです。


分かりづらかったら、スクワットのような動きで、上下に軽く跳ね
ももの内側に瞬間的に力が入る感覚をつかんで下さい。
それでも内側に力が感じられないという人は、がに股になって
いないか、「Aライン」のポジションを確認してみましょう。
骨盤を気持ちよく回転させるということは、先日ヒップターンの
ところで紹介しましたが、骨盤が回転する中で、右の内側の筋肉に
力が入るように意識します。

トップに向け、ももの内側の筋肉に瞬発的な緊張を感じられるよう
になれば、右の壁はばっちりですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR