右のフトコロ

腕を振るスペースを作ろう

今回は、右のフトコロについて紹介します。

右のフトコロとは、バックスイングやダウンスイングで腕を振る
為のスペースのようなものです(右打ちの場合)。

クラブを心地よく振るためには、非常に重要なポイントです。

この右のフトコロが上手く作れない理由には、
右半身がバックスイングで伸び上がってしまったり、
右のコアラインにしっかりと上体を乗せられなかったり、
腕自体がテークバックでインサイドに引きすぎたりする
ということがあげられますが、
これらの症状には共通する原因があります。

~重心移動は弧を描く~
右にフトコロが作れない人のほとんどは、アドレス時に右足の裏
にかかっている重心(足圧重心)が、バックスイングで後方(踵
より)へ動きません。
ニュートラルな動きでは、アドレスからトップに向けて右の足圧
重心は後方へ動くのが自然です。
スイングは軸(背骨)に対して、身体各部が回転するので、この
足裏の重心の動きは自然な物理現象です。しかし、この自然に
起こるはずの現象が出来ていない人が非常に多く見られます。

~右のフトコロが簡単に作れるようになる練習~
アドレスで、足だけクローズに構えます。
肩はスクウェアです。
スタンスは、肩幅よりも狭めです。
この時右足は、踵を少し浮かせておきます。
バックスイングでは、しっかり右足へ乗ることに集中します
(右足のヒールダウンでバックスイングをすれば、しっかり右足へ
乗ることが出来ます)。
結果的に重心が後方へ動くので、少しボールから離れていくような
感覚が得られるはずです(それが右のフトコロを得た感覚です)。
スイングプレーンは、なるべくスクウェアに振っていきます。
インサイドアウトを強調することはしません。

この練習により、重心がバックスイングで後方へ動く感覚が身に
付きます。
慣れたら、スタンスもスクウェアに戻して、重心が後方へ動く
感覚(足圧重心が後方へ動くのを感じる)を意識しながら右足へ
しっかりと重心を移しながらスイングを行います。

右の足圧重心が後方へ動くと、右のフトコロが自然に作られ、腕が
振りやすくなりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR