上体を一瞬逆に使う?

松山選手の切り替えし

ご質問を頂きましたので紹介させていただきます。

『Q』切り返しで一瞬動きが止まり、切り返しの瞬間、左に重心が移り
始める時に、更に大腰筋等で上体を逆に一瞬使う(捻転差を深く
する)というメソッドがあります。
遅くに始めたアマは切り返しで捻転差がすぐほどけやすいので特に
有効、とのことですが、松山選手も切り返しでそれをやっている
そうです。
ズバリ、この意識は有効なのでしょうか?
有効だとしても遅く始めたアマにはやはり無理に近い事なので
しょうか。
ジュニアからやっているプロに聞いても無意識の部分なので
決してわからないそうですが・・・

といったご質問を頂きました。

切り返しの間やタメについてよく質問を受けますが、今回は、
丁度松山選手のスイング診断も紹介したところでしたので、
このご質問を紹介させていただきたいと思います。

まず答えですが、有効ではありません。
そもそも、大腰筋は、足と腰椎をつなぐ筋肉なので、上体を
一瞬逆に使うということも、大腰筋で行うことではありません。
広背筋や大胸筋がその主たる役者です。

私は
左に重心が移り始める時に更に大腰筋等で上体を逆に一瞬使う
(捻転差を深くする事ですかね?)というメソッドを知りませんが、
多分これは、バンプについての話を言いたいのだと思います。

バンプとは、切り返しからフォローにかけて上体に先行して
起こる骨盤の動きのことです。
切り返しから骨盤をバックスイング方向へ向けたままダウン
スイングをする意識を持つことで、ダウンから上体が開く事
なく、軸足となる左足へ骨盤をシフトさせ易くなる効果が
得られます。
これにより骨盤を切るときに肩が開いていないために捻転差が
自然と大きくなるのです。


動画のようなイメージです。[広告] VPS

この意識を少し強調してスイングをするとこうなります。[広告] VPS

ただし、やり過ぎると腰のスウェーとなりますので、意識の
し過ぎはよくありません。
実際のスイングは、こんな感じ。[広告] VPS

このような捻転差は、上体の骨盤に対するリトラクションという
メカニズムで起こります。上体を逆に一瞬使う(つまり逆方向に
上体を回す)といった意識を持ってもできません。骨盤が先行
して回った結果、骨盤と肩の捻転差が大きくなった。
というのが正しい動きのイメージです。

多くの人が誤解しているようですが、エネルギーを効果的に発揮
する捻転差というものは、筋膜や腱といった軟部組織が自然に
伸長された結果できるものです。
捻転差は上体を逆回転させるように筋力で意図的に作るものでは
ありません。
ですから、先日ブロマガ『心技体の方程式』で紹介したような
動きに、松山選手がなっているのかもしれませんね。

ちなみにこの念転差ですが、この程度の動きであれば
ゴルフの練習もしない、体の固い僕でもできるので、
体の使い方さえ理解すれば、誰でも、いつからでも作れる
と思いますよ。

続きは、また次回・・・

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR