左の3本指

バックスイングは開いて上げる?

先日バックスイングは、フェースを開くように上げるのでは
ないですか?といったご質問を頂きましたので、今日は少し
このことについて紹介します。

写真を見てもわかるように、バックスイングのクラブシャフト
は、どんどん重力に引かれ倒れ込む方向へ動きたがります。
垂れる方向にシャフトは重力に引っ張られている
この時、バックスイングでクラブシャフトが寝ないように抵抗
しているのが腕のコイリングです。
腕のコイリング
コイリングは、ねじれによるパワーの蓄積と
動きの制御(ブレーキとして)としての働きが主な役割です。

~見た目と違う筋活動~
動きを制御している時の筋活動は、いつも見た目の動きと逆に
作用します。
ちょうどドリフトで右カーブするときに右回転のモーメントに
対抗して左にハンドルをカウンターできるのと同じです。
この時に右に曲がっているからと右にハンドルを切れば、大変
な事になってしまいますね。
これと同様に、先に紹介した腕のコイリングがクラブシャフト
がねてしまい、フェースローテーションが大きくなりすぎない
ように、カウンターのねじれを作って抵抗しているのです。

~後方から見て時計周りが正解~
ですから、コイリングは、クラブが倒れ込む方向(開く)と
逆に作用させる。つまり後方から見て時計回り(閉じる)の
トルクを発生させる必要があるということになります。
少しわかりづらいと思いますが、
先ほどのドリフトでは、右に曲がっているのに左にハンドルを
切っています。それと同じで、クラブシャフトは、開く方向に
動いていますが、筋活動としては逆に閉じる方に働かせている
というわけです。
ただ、ここで誤解する人が多いのですが、見た目が閉じるよう
(シャフトクロス)にしろと言っているのではありません。
閉じようとする力が、開く力に勝ってしまわないよう適度に
シャフトが立った状態でバランスが取れるように、腕のコイ
リングの強さを調整することが重要です。

ちなみに、昔のレッスンでは、
バックスイングは左手の小指側の3本指を緩めるな
と言われていましたが、これがまさにこの腕のコイリングを
示しています。
3本指でクラブが右へ(寝る方向)倒れるのをしっかりと
抑えていきなさい。という事です。

巷で流行ったレイドオフや開いてあげるという動作は、これに
反した動きとなり易く非常に危険です。
コイリングについては、なかなか正確に理解することは難しい
とは思いますが、バックスイングで小指側の3本指を緩めない。
というのは、ぜひ実践したい意識です。
クラブを立てるということが、よく感じられると思います

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR