リリースポイント

今週のアルバ 第17話
~ボールの位置に関するルール~

今回は右軸の人がボールを捕まえようとして陥り易い
ミスモーションを紹介しています。
『手先のスエー』『軸の右倒れ』です。
プロや研修生を何人もコーチングしてきましたが、この傾向は、
アマ、プロ問わず見られる共通したものです。

右軸の人は、右のコアライン上で体を回し易い為に上体が右に
残りがちなので、フォローでも軸が右に残ったまま、ボールを
打つ傾向があります。ですから、自然に打てば、やや左からの
フェード系のボールを打つのが自然です。
にもかかわらず、ボールを無理につかまえようとすると、手先
の操作か、軸を右倒ししてリリースポイントを遅らせるか、
いずれかの代償動作を取る以外に方法がありません。
特に軸を右に倒した代償動作は、プロ等上級者に多く見られる
動きです。この為右軸にもかかわらず、ボールを左に置く傾向
が強まるのです。

ゴルフに限らず、野球でも
「右足に体重を残して、その場でスパット回る(右打ち)」と
いったアドバイスを良く耳にしますが、これはいわゆる典型的な
右軸の人の表現(感覚論)です。

ニュートラルな動き方を表現しているわけでは無いので、これを
鵜呑みにすると、軸足・けり足の切り替えがスムースに行かず、
軸がボールを打ち抜く事が出来ません。
自分の可能性を頭打ちにする事になります。

特に日本人のスポーツ選手は、右軸の人の割合が多い為、先の様
なアドバイスが多く聞かれるのかもしれません。

基本的に、軸は、立てて使う事が理想(ニュートラル)です。
その為には、軸がしっかりとボールを打ち抜けるよう、リリース
ポイントがインパクトで、ボールの先に来るように、スイングを
調整する必要があります。

そうすれば、右軸の人でも、しっかり左に振り抜く中で、左に
打ち出ないまっすぐ強いつかまったボールが、誰でも打てるよう
になります。

アメリカで、頑張っている日本のホープも
ここがずれている為に、思うような結果が出ていませんね。
早く調整されるといいですね。

続きは、また漫画で紹介していきます

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR