スイングとターゲットの統合

螺旋のゴルフ復習 ★12回目

スイング作りで一番大切な事
理想的な体の使い方を追求する事は、スイング作りにおいて
欠かせない事ですが、それよりも重要な事があります。

当たり前の事ですが、ゴルフスイングに求められるのは、
ターゲットにボールを正確に飛ばす、寄せる事です。
ですから、目標までの球筋をしっかりとイメージする事が
もっとも重要な事です。

イメージ通りに飛ぶかどうかは、関係ありません。

~スイングとターゲットの統合~
コースに出た時、皆さんは
「アドレスが、ド右向いてるよ。」
とか、
「ド左向いてるよ。」
と言われた経験は、ありませんか?
はじめからターゲットに対してそっぽを向いて構えていれば、
ターゲットにボールを飛ばす事は困難です。

これは、常日頃ターゲットに、ボールを運ぶというイメージを
もって練習をしていない事が大きな原因です。
良く練習場ではいいのに、コースでは上手くあたらなくなると
いう方がいますが、多くの原因は、このように、イメージした
ボールを打つ為の準備が出来ていない(アドレスが正しく取れ
ていない)
事にあります。

スイングの精度を上げるには、正しい体の使い方を追求する
以外に方法はありませんが、出来るだけターゲットへの意識、
打ち出すボールのイメージを持って練習をしましょう。
どの方向へクラブを上げたら自然だとか、どのようなイン
パクトで、ボールに力を伝えられたら自然だと言った、スイ
ング全体のイメージを感じ取れるようになってきます。

正しい体の使い方がイメージ通りのボールを打つ事に繋がり
球筋を強くイメージする事が、正しい体の使い方を引き出す事
に繋がります。

これが、スイングとターゲットの統合です
スイング調整をする上で非常に重要なポイントです。

~ターゲットを意識した練習方法~
ターゲットとの統合のやり方
1「ターゲットへ打ち出す球筋のイメージを作る」
アドレスしたら頭だけを回転させ、ターゲットを見ながら
球筋をしっかりイメージする
2「ターゲットからボールが飛んでくるのをイメージする」
イメージした飛球線上をボールがこちらに向かって飛んで
くるのをイメージする
3「飛んできたボールを打ち返すイメージでテークバックを
スタートさせる」
頭をアドレスの位置に戻したら、ボールを打ち返すイメージ
でバックスイングに入る。

簡単に出来る練習方法ですから是非試してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR