身体はどのようにねじれるか? その2

腕のコイリング

先日、全身を一本のゴムが巻き上がり、自然に巻き戻る様な
使い方をする為にどのように体をねじるのかという事を紹介
しました。

今回は、螺旋のゴルフでも紹介しましたが、腕のコイリングに
焦点を当てたいと思います。

~理想的な腕のコイリング~
『理想のコイリング:バックスイング』
正しいバックスイングの腕のコイリング 腕のコイリング バックスイング
『理想のコイリング フォローサイド』
正しいフォローサイドの腕のコイリング
先日紹介したように軸である背骨がねじれる方向へ前腕部は、
ねじられていきます。
良く誤解されるのですが、ちなみに、
このねじり方は、ゴルフに限った事ではありません。
野球の投球フォーム等も全く同じです。
単なる効率よい体の使い方(基本)です。
しかし、多くの人は、ボールを捕まえるために、一生懸命
フェースを開いて閉じようと手首や前腕部で無理にクラブ
フェースをかえそうとする為に、この効率よく体を使う為の
前腕部のコイリングが逆のローテーションになってしまって
いる事が多いです。

『間違ったコイリング』
腕の逆コイルは体の回転とけんかする
開いて閉じようとすると前腕部のコイリングは体の回転と逆
になってしまう。良くこれで調子を崩しているプロを見かけ
ます。
レイドオフ・コンパクト・逆クロスさせない。こんなことを
手の動きでやろうとしている人は要注意ですよ。


~クラブフェースは自然にかえる~
クラブフェースは、軸がしっかり立って動いていれば、自然と
かえるようになっています。
以前ブログでも紹介しましたが、軸の延長線上でクラブは
リリースされるという動きのルールがあります。
ですから、
「クラブフェースがインパクトでしっかり閉じられないから
ボールがつかまらないんだけど・・・」という方は、いくら
手首をかえして無理やりフェースを閉じようとしても、安定
した、つかまったボールを打つ事は出来ません。
視点を変えて、リリースポイントのずれに対して、軸の調整に
目を向ける事が出来れば、簡単にボールはつかまるようになり
ますよ。

~腕のコイリングに求められること~
私達が良好なフェースコントロールを得る為に、
バックスイングではクラブフェースが開き過ぎないようにする事
フォローでは、クラブフェースが閉じ過ぎないようにする事

腕のコイリングには、求められます。
しっかりとターンオーバー(腕のかえし)と良好なフェース
コントロール(開き過ぎない、かえり過ぎない)が出来るのが
正しいコイリングなのです

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR