己を知る

コースに出ると全然ダメを改善

前回、練習場では良いショットが打てるようになったのに、
コースに出るとなかなか思うようにいかない、という方は、
アドレスとリズムが、変わってしまっていることが多い
という事を紹介しました。

今回は、練習場で、これらの事についてどのような準備が
出来るか紹介します。

~己のアドレスを知ろう~
練習場では、漠然とボールを打っている人がほとんどですが、
まずは、心地よく狙った所にボールが打ち出せる時の
アドレスの向きや振り抜く方向を確認しましょう。
ポイント
よくスパットにスクウェアに構えるという事が言われますが、
ニュートラルなスイングでなければ、必ずしもスクウェアに
構える事がいい結果を生む事に繋がるとは限りません。


スパットとボールを結ぶ仮想ラインに対して、練習場でナイス
ショットをする時に、どのように構え、どの方向へ振り抜いて
いるのかを知る事から始めましょう。
中には、びっくりするくらい左を向いているにもかかわらず、
気持ちよくボールをターゲットに打ち出せているという人も
いるかもしれません。
そういう方は、コースでもスクウェアに構えようとするのでは
なく、いつもの構えや振り抜く方向を再現するように心がける
事が重要です。

~己のリズムを知ろう~
ブログでもの紹介していますが、人それぞれの身体特性に合う
スイングリズムが存在します。
クラブがダウンスイングで最も加速し易くなるリズムとも
言えます。
これが狂うと無理やりインパクトのタイミングを小手先で
合わせる事になり、ミスショットの原因となります。
練習場でボールを打っている時に、トップ、インパクト、
フィニッシュと、どのようなリズムで打っている時が、心地
よいのかを、しっかりと掴んでおく事が重要です。
以前ブログで紹介した呼吸法も有効ですよ。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR