スイングプレーン

迷宮入りしないスイング調整

~スイング調整の落とし穴~
以前コーチングをしていて、気になった事があったので、
皆さんにも紹介します。
ある二人の生徒さんがバックスイングのスイングプレーン、
そしてトップの位置を、しきりに気にされていました。
二人は対称的で、
一人は、トップでシャフトクロスになり、
そしてもう一人は、クラブがねてしまうという症状に悩んで
おられました。
二人ともトップの位置やバックスイングの形を理想的な位置
へ持っていく事を主な練習課題としていました。

二人の練習方法は、
鏡を見て、理想のトップの位置を形作り、小手先の操作で
無理やりトップの位置をスクウェアな位置に収めようとする
ものでした。
その結果、腕と体がバラバラに動き、とても、自分の力を
発揮する事が出来る状態ではありませんでした。

~スイングの土台~
スイングに限らず、動きの土台は、軸(背骨)、そして軸を
コントロールするフットワークにあります。
ほとんど、バックスイングやトップの位置がおかしくなる
原因は、この動きの土台である、軸のコントロール不良が
起因しています。
軸のコントロール不全から、腕がどたばたと動き出すしかない
という悪循環を作るのです。

まずは、この軸のコントロールがうまく出来ているかを
チェックする事が最優先課題おなります。
小手先の動きを調整するのは、それらの調整を行ってからです。

先日、クラブがねてしまっていた方のコーチングを行いました
が、かなり力強く、そしてトップやバックスイングを気にする
事無く、スイングを行えるようになっていました。とても
うれしい事です。

是非、同じような症状で悩んでいる方がいましたら、軸の
コントロールに目を向けてみては如何でしょうか?
腕が、楽に振れるようになるとともに、自然とバックスイング
もトップの位置も修正されますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR