前傾角度

前傾角度は変えるべきか?

『Q』前傾角度はクラブの番手ごとに変えるべきでしょうか?
 現在、前傾角度は番手ごとに変えています。
 厳密には、自然と変わっています。
 しかし、前傾角度が変わると、スイングのフィーリングが
 番手ごとに変わり、スイングが安定しません。
といったお悩みです。

クラブが短くなる事で、若干の前傾角度の変化は、起こります。
但し、股関節から曲げる角度だけが深くなるわけでは、ありま
せん。スパイラルメソッドのバランススクワットトレーニング
で紹介しているように、足首・膝・股関節全てに分散されます。

~ここで問題となる事~
人の体は、前傾を深くすると回りづらくなるように出来ています。
関節の遊びが減る為です。
この為、特に体が硬い方は、短いクラブを持った時や、つま先
下がりのライで前傾が深くなる時に回転不足となり、スイング
バランスを崩してしまうのです。

~スパイラルメソッドからお勧めのトレーニング~
◆荷重リセット・ベーシック5
これらのトレーニングで、コアラインを使い易い状態にします。
コアライン(股関節・仙腸関節・腰椎)は、上半身と下半身を
繋ぐ大切な部分です。
体を効率よく回転させる為には、右が軸足(バックスイング)
の時は右のコアラインで、左が軸足(ダウンスイング以降)の
時は左のコアラインで、それぞれ上体をしっかりと支える事が
ポイントになります。
◆コイリングエクササイズ
コイリングに必要な各身体パーツの正しい動かし方を練習する
事で、スイングに必要な回転運動を無理なく強化、拡大する事
が出来ます。
様々な姿勢(アドレス)で打つ事が要求されるコースでは、特に
運動軸となる背骨と腕の振りの安定した関係性が求められます。
※コイリング:正しい関節や筋肉の動きによって得られる全身的
 につながりのある体の「ねじれ」のことで、巻き上げられた
 ゴムが自然と巻き戻る様な動きを獲得する事が可能になります。

*どれもブロマガ『心技体の方程式』や、排著『理学療法士が
教えるゴルフスパイラルメソッド』で紹介しているトレーニング
です。興味のある方は、そちらをご覧頂きながら取り組んで
頂ければと思います。
ゴルフスイングに限らず、動作は自分の体が一番の道具です。
体のメンテナンス(使い方や動的な柔軟性向上)に目を向ければ、
クラブの番手が短くなったり、つま先下がり等で深い前傾姿勢と
なっても、楽に体を回せるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR