コイリングについての質問 その3

右股関節の外旋?

今回も前回の質問の続きです。
『Q』3.右股関節を外旋させるとシャンクするし、
といったお悩みです。
右の股関節の外旋は、腰を入れるという事に貢献する非常に
重要な運動要素です。しかし、この股関節の外旋は、ほとんど
足部のグリッピングがもたらす受動的な動きであり、股関節を
外旋方向へ回す意識は、ほとんど必要ありません。
腰を入れるフットワーク[広告] VPS

~ダウンからインパクトへ向けた右のフットワーク~
ダウンスイングからインパクトへ向けて右の足は、母指球を
支点に、前足部の回内、足首の外転・底屈という動き(足部の
グリッピング)によって足部、下腿(膝から下)を安定させ、
股関節の外転・外旋・伸展筋群である臀筋群の発火とともに、
腰を入れるという動作を完成させます。これにより、右股関節
は、骨盤に対して、相対的に外旋位を取る事になります。
これは、歩行で言うロッカーファンクション(けり出し)と
いう動作戦略と同様のもので、特にゴルフスイングに特有の
動きではありません。
ダウンからのフットワーク[広告] VPS
この程度でも、切り返しがから、右股関節は骨盤に対して外旋
方向へねじれています。ポイントは、足部のグリップングと
臀筋群の共同作業によって、腰を入れる事にあります。
ですから、股関節を外旋させる意識だけでは、理想の動きには
なりません。
ブロマガ『心技体の方程式』や著書『理学療法士が教えるゴルフ
スパイラルメソッド』の中でも紹介しましたが、特に右軸の人
(右打ち)は身体特性から、切り返しで、この運動要素が不十分
となり、ダウンスイングで上体が開く大きな原因となっています。
上体がどうしても開いてしまうという人は、フットワークを
見直すと効果的ですよ


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR