プロの弾道

弾道についてのご質問

『Q』先日男子プロの試合を見に行き練習も見たんですが、
ほとんどのプロがドライバーでもアイアンでも同じような高さの
(自分から見ると、とても低い球)を打ってました。ロフトが
違うのに高さが変わらないっていうのはプロの技術でしょうか?


『A』ショットに関してですが、最高到達高度は、それほど変わる
ものではありませんが、打ち出し角度は、番手毎に違います。


~低い球を打つのは、プロの技術?~
試合に出ているようなプロゴルファーであれば、
下半身が全く止まって、手打ちという事は、ありません。
必ずフットワークによる軸の回転運動を伴います。
そして、この軸の回転運動に、引っ張られる形で、腕・クラブが
振られる事で、ハンドファーストなインパクトが実現します。
クラブヘッドに働く『慣性力』が作用する為です。
この為、一流プロのインパクトは、僅かにハンドファーストな形で
迎える事になります。
先日、低い球の打ち方を紹介しましたが、この僅かにハンド
ファーストなインパクトが、低く抑えられた、重いボール
(ふけないボール)の重要なカギとなります。

『ハンドファーストなインパクト
 =スイングのパワーをボールに効率よく伝える上で重要』

です。

~注意しましょう~
無理矢理、インパクトで手元を出そう(ハンドファーストにしよう)
とするのは、間違いです。先ほども紹介したように、あくまでも、
『フットワークで軸を回させた結果、クラブヘッドが僅かに
遅れて来る』というのが理想です。

先日紹介した低い球の打ち方や、いままでブログで紹介している
フットワークなどを参考にして頂ければ、だれでもプロのように
ふけ上がらない、力強いボールが打てますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR