体の回転不足と伸び上がりの反動で、頭が下がる

インパクトで頭が下がってしまいます
今回は、
『体の回転が不十分で、伸び上がる反動で頭が下がる』
ケースについて、原因と対処方法を、紹介していきます。

ダウンスイングで頭が飛球方向に突っ込むケースと同様に、
このケースもスイングにおける重心移動が不十分である事が主な
原因です。
上体の回転不足を補う為に、バックスイングでは、腕を振り上げ
る動作と同時に、上体が大きく伸び上がるような動きを伴うのが
特徴です。
バックスイングの伸び上がりの反動で、ダウンスイングでは、
しゃがみこむような動きを取る事になります。
また、軸の回転運動による遠心力に、腕が自然と振られるという
事が無い為、ひどい『腕のりきみ』を伴います。

~対処方法・改善方法~
◆軸の回転運動を意識した重心移動を行いましょう。
 フットワークを使って、軸をしっかりと回転させます。
 棒を肩に担いで行う『フットワークで上体を回す』
 トレーニングが有効です。

◆軸の回転に腕が振られる、という感覚をつかみましょう。
 先に紹介したトレー二ングで軸の回転運動がイメージ出来たら
 軸の回転運動に、腕の振りを合わせてみましょう。
 以前紹介した『ダブルヒッチハイカー』や、『パームコント
 ロール』等の スイングトレーニングが効果的です。

『安定した軸の回転』・『軸の回転にマッチした腕の振り』
この2つが改善されれば、このケースの症状は、自然と緩和され
ます。
 
次回は、『ボールを見るという過剰な意識の為に、頭が下がる』
ケースに対する原因と対処方法を、紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR