正しいスイングプレーンを感じる方法

オーバースイングの治し方ー③
~コンパクトなスイング作りーその1~
オーバースイングの対極にあるのは、『コンパクトなスイング』
です。
単純にトップの位置を小さくすれば、コンパクトなスイングが
出来ると考えがちですが、小さな動き(スイング)で、飛距離を
落とさず、方向性も向上させる為には、体の強さ(筋力)・動き
の精度(体の使い方)と言った両面から強化する必要があります。
コントロールされたコンパクトなスイングを手に入れるのは、
プロゴルファーにとっても容易な事ではありません。

ですから今回は、簡単に出来る、コントロールショットに主眼を
置いた、コンパクトなスイング作りを紹介します。
ハーフショット・スリ-クウォーターショットと言われるような
飛距離をコントロールする為に、振り幅を小さくするスイングに
ついてです。

オーバースイングを治す為にも役立つ練習です。

~バックスイングで悩み過ぎない為にする事~
まずは、クラブを上げる方向(バックスイング・フォロー)の
イメージをつかむ練習から紹介します。
シャフトを、バックスイングでは右の首の付け根、フォローでは
左の首の付け根へ、それぞれ目がけて振ってみましょう。
トップにしろ、フィニッシュにしろ、まずは、行き着く先を明確
にする事で、スイングプレーンが明確になります。
結果、その
道中に形成されるスイング(コンパクトなスイング)に対しても、
迷いが解消されます。
スイングプレーンのイメージが無い状態で、ハーフウェイバック
やトップ等の形ばかりに目を向けても、バックスイングは、なか
なか定まりません。


先日紹介しましたが、テークバックとインパクトのタイミングで
力を発揮する事も忘れないで下さいね。これがとても重要です。
インパクトのタイミングで、心地よく力が発揮出来ていないので
あれば、それはただのオーバースイングですよ。

次回は、ハーフスイング・スリ-クウォーターの練習方法を紹介
します。色々な距離を打ち分けられるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR