スライスにお悩みの方へ

ご質問を頂きました

『Q』
切り返しで左肩が開いてしまい、クラブが遠回りになりスライス
ばかり出てしまいます。
何かよい練習方法などありませんか?
というご質問を頂きました。


このような悩みを持っている方は、非常に多いですね。
残念ながら、これだけやれば必ず治ると言ったような練習方法は
ありませんが、このような症状を引き起こす一般的な原因から、
改善方法まで、いつくか紹介させて頂きます。
是非、色々試してみて下さい。

~このような症状の起こる原因~
その1:正しい重心移動が行えない。
スライスで悩んでいる多くの方は、重心移動が上手く使えていない
ケースがほとんどです。
右打ちであれば、本来、左へ重心を移す事が、切り返しのきっかけに
なるはずですが、重心が右に残ったままインパクトを迎えてしまい
(リバースピポット)、軸がボールの後ろに残る為、カット軌道の
スイングプレーンとなり、スライスになります。
フットワークが使えていない、手打ちが原因です。
その2:ダウンからインパクトにかけてひじが引ける
スライスで悩んでいる方は、フォローでクラブ(シャフト)が
立ちません。
その3:切り返しを腕の力にまかせて行ってしまっている。
特に、ダウンスイングでクラブをほどく意識が強いと、切り返しで
腕に力が入り過ぎます。
ボールを捕まえる腕の要は『ターンオーバー』です。
コックをほどく事ではありません。
その4:『ターンオーバー(腕の返し)』が出来ない。
先程紹介した、クラブが立たないと言った事にも直結する事ですが、
見かけのスイングプレーンを意識し過ぎると
正しい腕の使い方が身に付きません。
腕で行うべき動きと、実際のスイングプレーン上で見える腕の動き
では、ギャップがあります。

以上の4つが一般的に見られる原因です。
次回は、これらの原因に対する取り組み方を紹介していきます

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR