薄く、薄くボールを拾ってみよう

ミート率を上げる取り組み

先日ダフリ・トップの原因は、
『スイング自体の根本的な原因』と『環境的な原因』の2つが
考えられる。
そして、それらの原因に対する基本的な取り組みとしては、
◆バックスイングからインパクトまで軸がぶれないようにする。
◆ダフリ等のミスショットに気付き易い練習方法を取り入れる。
の2つのテーマが上げられる。という事を紹介しました。

それでは『ダフリ・トップ』を減らす為の取り組み方を具体的に
紹介していきます。

今日はミート率を上げる為に出来る簡単な練習方法です。

ボールをティーアップします。
ボールの赤道(赤線)の少し下を狙って、5番アイアンの
リーディングエッジで、ぎりぎりハーフトップしない程度に
ボールを拾います(薄く当てる、と表現したりします)。

薄く打とう
この薄いインパクトで、しっかりとボールを拾う練習をします。
6、7分の軽いスイングで行います。
打球は『低くまっすぐ』です。
飛ばす必要は、ありません。

フェースをスクウェアに戻すという事
ボールをリーディングエッジで拾うという事
が明確になる
非常に効果的な練習です。

多くのアマチュアの方は。フェースでボールを拾いに行く
イメージが強過ぎて、始めからダフリ気味のイメージで
スイングしている方が多く見られます。
先日も紹介したように、人工芝は良く滑るのでダフリに
気付きにくいと言ったデメリットがあります。

『リーディングエッジでボールを拾う』
是非、挑戦してみて下さい。

レベルアップは、
3番アイアンで行う。
ウェッジで、打ったボールの高さを揃える(低めに)。
と言った練習もあります。

感覚で練習したい方には、お勧めです。

次回は、簡単に、リーディングエッジでボールを拾うイメージを
持つ事が出来るようになる練習方法を紹介していきます。
お楽しみに

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR