ご質問を頂きました『Q&A』

ご質問を頂きました『Q&A』

今日は、ブログの読者様より以下のご質問を頂きましたので
紹介させて頂きます。

『Q1』ダウンで開いてしまうフットワークと開かないフットワーク、
動画を見比べたのですが、違うのは分かりますがどこがどう違うのか
詳しく教えていただけないでしょうか?
カット軌道に悩んでいます。
腕は脱力してフットワークにつられればいいのでしょうか?


何処がどう違うか? と言うご質問ですが、
違う場所を羅列しても、動作を改善する事は出来ません。
ですから、この違いが起こる根本的な原因を紹介します。
以前、ゴルフスイングは、歩行と同様に基本的には、左右対称の動きを
取ると言う事を紹介しました。

~動画をご覧下さい~[広告] VPS
[広告] VPS
以前紹介したフットワークトレーニングです。
正しいフットワークを身につけるトレーニングですが、動きを見て
頂ければ分かると思いますが、
アドレスーバックスイングーアドレスーフォロー』といった動きに
なっています。
この様に、正しいフットワークでは、切り返しを
バックスイングを逆再生したように動く事で、
一度、アドレスのポジションに、骨盤を戻すと言う事になります。
また、バックスインとフォローのフットワークが左右対称になってます。
これにより、腕やクラブもアドレスのポジションを自然と通過する事が
可能になります。
~では、開くフットワークです~
[広告] VPS
[広告] VPS
切り返し以降も右股関節上で体が回っていますね。
右加重のままです。
バックスイングの動きを逆再生したように戻していませんね。
当然、アドレスのポジションに骨盤が戻る事もありません。
骨盤は、軸の基盤です。
骨盤がもとに戻らない=背骨が右足の上で回転する(右加重のまま)
          =必然的にカット軌道になる
と言う流れになります。
フットワークで体を開きたくなければ、
『切り返し以降、バックスイングの逆再生をする』
これが、フットワークで最も重要なポイントです。

次に、腕は脱力してフットワークにつられればいいのでしょうか?
と言う事に対してですが、
先程も紹介したように、骨盤がアドレスの位置を正しく通過すれば
腕やクラブは、自然にアドレスの位置に戻ります。
但し、以前『りきみ』で紹介したように、テークバックとインパクトの
タイミングでは、しっかりと腕にも力を入れます。
ただ脱力するだけでは、腕を正しくコントロールし、強いインパクトを
実現する事は出来ません。

次回は、『フットワークにスイングを乗せる』を紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR