『ラインに乗るようになる』パター練習

『打ち出す方向』を安定させる練習法
ラインに対して正しく立つ
ラインに対して正確に打ち出す
とても難しい事ですが、パッティングの基本です。
先日も紹介しましたが、ラインが読めたとしても
狙った所に打ち出せなければ、入りません。

図をご覧下さい。
ボールの転がりに集中 打ち出しの方向取り練習
打ち出す方向にガイドの棒を置きます。
ボールとガイドの棒が重なるように、アドレスを取ります。
棒に沿って、ボールをまっすぐに打ち出します。
『アドレス時のフェースの向き』は、確認して下さい。
アドレスで、フェースが、打ち出す方向を向いていない
方が非常に多く見られます。

ガイドが無くても、スクウェアなクラブヘッドの動き方(*)
ボールの打ち出る方向を、しっかりとイメージできる様に
なるまで、繰り返し練習します。
グリーン上でも、ラインに対する立ち位置や、ボールの
打ち出すイメージが明確になります。

*スクウェアなクラブヘッドの動き方は、あくまでも
 正しい体の使い方をした結果です。アドレス時の
 シャフトアングルや、使用しているパターの長さ
 によって、わずかですが人それぞれ違います。



【練習の注意点】
小手先に頼る不安定なパッティング動作になり易いので
「ガイドの棒に沿って、パターヘッドを低く長く動かそう。」
「アドレス時のフェースの向きを保ってストロークをしよう。」
等とは、意識しません。
プロゴルファーのコーチングをしていても感じるのですが、
パターのクラブヘッドをまっすぐ動かそうとし過ぎて、腕が
軸(背骨)の回転とはずれているケースがあります。
いわゆる手打ちですが、フェースコントロールが、安定しない
ばかりか、「あっ強そう、あっ弱そう、ラインがもっと切れそう」
といった、打つ瞬間の迷いや不安にも簡単に作用され易い
傾向があります。
以前も紹介しましたが、
パターのヘッドは、物理的に直線には動きません。

世界の一流選手達が、プレッシャーに強くショートパットを
簡単に外さないのは、パッティングフォームにおける物理的な
歪みがきわめて小さいからです。
再現性の高い正確なストロークは、体幹部の大きな筋群を使う
必要があります。
良好なフェースコントロール、ボールコントロールは、小手先
では、得られません。

ラインに乗せるポイントは、
腹で打つ。
自分のパターヘッドの軌道を知る。
ボールが、どの様に打ち出されるか明確なイメージをつかむ。
です 

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR