左足を意識しよう

コアを操作する左足

先日コアの動きでは、骨盤の動きがポイントになるということを
紹介しましたが、骨盤をコントロールするのはフットワークです。

今回は、左のお尻が自然にアドレスの位置に戻るようになる為の
フットワークについて紹介します。

アドレスで両足の間にボールを挟みます。
ボールの空気止めが両膝の中央に来るようにセットします。
空気止めを両膝の中央へ
初めは、骨盤を動かさずに左足だけを動かします。
空気止めが右ひざに寄っていくように、左ひざを前方へ動かします。
左足以外は、どこも動かしません。
左ひざを前方へ動かします
ダウンスイング時の動きは、前方へ動かした左ひざを元の位置へ
戻すだけです。

骨盤をしっかり安定させ、左足だけを動かすのがポイントです。

この左足の動きに慣れてきたら、実際のスイングのように左足の
動きに合わせて上体も一緒に回していきましょう。
もちろん骨盤から回していきます。
左足の動きに合わせて上体を回します

実際のスイングもこのようにバックスイングから切り返し直後まで
は、左サイドだけを動かすイメージです。右サイドは、軸足となって
いるので、左サイドの動きを受け止めるだけの役割となります。
[広告] VPS
左のお尻が正しい位置に戻らないという人は、右サイドが暴れて
いることがとても多いです。

とても簡単な練習なので是非試してみて下さい。
軸の土台が安定するとショットは格段に安定しますよ

※具体的な足の操作方法に興味のある方は、以前のブログをご覧ください。

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ヒールアップのうれしい作用

ご質問を頂きました『Q&A』

先日、巷では「ヒールアップは、下半身が不安定になる。」とか
「ヒールアップをすると捻転差が生まれにくくなる。」等と
言われる事がありますが、これは大きな間違いだ。
正しいヒールアップは、上体の回転不足を補うだけでは無く
下半身に強い捻転差を作る事にも貢献する。
という事を紹介しました。
今日は、これらの作用についてもう少し詳しく知りたいとの
御質問を頂きましたので紹介します。

◆上体の回転不足に貢献するという事
図は、バックスインぐのヒールアップです。
ヒールアップのスイングの回転を助ける作用
ヒールアップする事で、床との接点である拇指球の位置を支点に
足首の位置を前方へ動かす事が出来ます。
これはバックスイングの回転方向に足首を移動させた分、
スイングの土台を回転させた事になります『赤矢印』
結果体全体の回転が楽になります。

◆下半身に強い捻転差を作る
ヒールアップによる捻転作用
バックスイングにおいては、ヒールアップ側のかかとには、
『黄色矢印』の方向に、バックスイングの回転による力(トルク)
がかかります。この力に拮抗する為に、正しいヒールアップでは、
かかとを外に回さないで、むしろ内側に入れるぐらいに意識
します『赤矢印』
これがスイングの回転に拮抗する力として働く為、強い捻転差を
作る事が可能になります。
以前コイリングのところで足の使い方は、紹介しています。

これらの事から、正しいヒールアップは、スイングを楽にする
作用だけでなく、捻転差を発生させる作用も持ち合わせている
という事が分かります。

次回は、正しいヒールアップを簡単に作る練習の紹介です。
正しくヒールアップをしてかっ飛ばしましょう

新規のブロマガ『心技体の方程式』もよろしくお願いします。
『右のリンク』からも、お入り頂けます。  

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

この右踵の上がり方は、ダメですよ

やってはいけない右踵の浮き上がり

今日は、インパクトからフォローにかけて、やってはいけない右踵の
動きを紹介します。

~動画をご覧下さい~[広告] VPS
右踵がフォローで体の回転と一緒に回っています。
上体のコイリングに拮抗する『留め具』の役割が果たせていません。
カット打ち、体の開きが早いと言われるほとんどの方は、この様に
右踵が体と一緒に回ってしまい、右足部による地面のグリップが出来て
いません。
ボールに伝わるべきエネルギーが、右踵から地面へ逃げてしまう、丁度
ツルツル滑るスケートリンク上で振っている様な状態です。
これでは、十分にボールに力を伝える事は出来ません。

~腰を入れて打て~
「腰を入れて打て」
色々なスポーツで聞くアドバイスですね。
バッティング、腰を入れて打て
柔道の投げ、腰を入れて投げろ
当然ゴルフも腰を入れて打ちます。

腰を入れてと言われれば、当然誰もが腰を意識しますね・・・
しかし、
腰を意識しても腰は入りませんよ。
足指・踵・足首と言った部位による地面のグリップが効いてこそ、
素早い腰(骨盤)の回転が生まれるからです。

当然、じっと踏ん張るだけのべた足でも、腰は入りません。
「野球はべた足で打ちません」
「柔道はべた足で投げません」
手打ち、手投げは出来ませんからね。
『止まって見える』と『使わない』の違いですね。
軽いゴルフクラブを扱うゴルフは、フットワークが『おざなり』になる
事が非常に多いです。

*正しいフットワークは、トレーニング方法なども以前のブログで紹介
 していますので、そちらをご覧下さい。
 はだしの素振りもいいですよ。

次回は、『フットワークにスイングを乗せる』を紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『アドレスの位置に戻る』と言う事

簡単ゴルフトレーニング

『インパクトは、アドレスの再現』等と言いますが、実際のインパクト
の形がアドレスと同じと言う事では、ありません。
これは、
『ダウンで、バックスイングで回した軸の動きを、なぞるように巻き
戻しましょう』
と言う事になります。

~動画をご覧下さい~[広告] VPS
以前紹介したニュートラルなスクワッティングポジションが、スタート
の基本姿勢です。バックスイング方向へ骨盤・軸(背骨)を回したら、
もとのスクワッティングポジションに戻します。
続けて、フォローの方向に骨盤・軸(背骨)を回し、またスクワッティ
ングポジションに戻します。
フットワークで、骨盤・軸を正しくコントロールする為の訓練です。
バックスイング方向へ回した軸の動きを、なぞるように、ダウン方向に
巻き戻ししています。
慣れたら、リズミカルに連続して行います。

~良く見られるミスモーション~[広告] VPS
先日紹介しましたが、ダウンスイングで上体が開いたり、クラブが前方
へ突っ込む為に、ビジネスプレーンにクラブが、なかなか乗らない方に
多く見られるフットワークです。
バックスイング方向へ回した動きを、なぞるようにダウン方向に巻き戻
す事が出来ていません(巻き戻しした時に、基本姿勢に戻らない)。

当然この様なフットワークでスイングすれば、アドレスの位置にクラブ
を戻すのは大変困難です。
背骨や腕の様々な代償動作が必要になります。

是非、様々な代償動作を生まないシンプルな軸のコントロールを獲得
して下さい。

次回は、膝を守るフットワークトレーニングを紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『足を使うと言う事』

メリハリのある重心移動をしよう

今日は、足を使うと言う事をバランスディスクに乗って紹介します。

先週から回転要素の『足のパーツ』の動きについて紹介していますが、
今日は、足全体の運動連鎖で発生する力がどの様にスイングに
作用するかについて紹介します。

まずは、2つの動画をご覧下さい。
バランスディスクから落ちていないので、
どちらもバランスは、いいという事になります。

【受動的なフットワーク】
足を固めてディスクに乗っている状態[広告] VPS
落ちないようにバランスを取る事にだけ集中している状態です。
バランスは安定していますが、フットワークは骨盤を
回す事に対して、ほとんど貢献していません。
上体・腕の力でスイング(体の回転)を行っています。
上体、腕の振りで発生する重心の動揺に対して
足は受動的にバランスを取っている状態です。
フットワークで生まれるパワーをゴルフスイングに活かしきれません。

【能動的なフットワーク】
一方次の動画は、運動連鎖を意識して足をしっかりと使っています[広告] VPS
先程のただバランスを取っているだけのフットワークと違い、
足の動きで、しっかりと骨盤から上の動き(回転)を出しています。
フットワークで、動き(スイングの回転)と重心の両方を同時に
コントロールする、能動的なバランス反応を行っている状態
と言えます。
動画を御覧頂ければ分かるように、バランスディスクを
左右交互、リズミカルに踏みつけるような状態で動きます。
これがフットワークによる重心移動です。
フットワークが回転要素としてスイングに統合された状態です。

単純に、『足を止める=スイングの安定』では、ありません。

効率的に足を使えば、
  安定もパワーも両立出来ます。


以前紹介したダイナミックバランストレーニング等も試してみて下さい。
足を使うという事がよく分かると思います

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR