壁は瞬間的に作るもの

トップの一瞬が勝負

今回は、バックスイングの壁について紹介します。
バックスイングの壁ですから、右打ちだと右足側が壁です。

巷では、
「バックスイングは右ひざの角度を変えないで」とか
「右ひざの高さを一定に」とか
「右の腰が流れないように」とか
色々言われるので、バックスイング中ずっと右足に力を入れて
踏ん張っている人が多くみられます。
しかし、足をバックスイング中に踏ん張り続けてしまうと、
スムースにフットワークを使う事ができずに、上体の力みを
誘発してしまいます。

バックスイング時の機能的な壁を手に入れるポイントは一つです。
必要なタイミングで必要な筋肉を発火させる。です。

~トップの瞬間がポイント~
バックスイングは、Aラインの右サイドが見かけの軸になると
いう事は、本ブログやブロマガ『心技体の方程式』で詳しく紹介
していますが、この時、正しく体が使われているとトップの瞬間
で、右のももの内側と右の母指球で自分の重心を瞬間的に受け
止めるのを感じます。

具体的には、トップの瞬間に母指球で地面を押す感覚と、
右ももの内側の筋肉が強く収縮する感覚を感じます。

トップの瞬間に感じてますか
下肢の筋肉は、体重がかかると自然にそれを支えるための筋肉が
発火し、安定させる性質を持っているためです(反射)。

ですから、右の壁をしっかり機能させるためには、
トップの瞬間に右のももの内側に力が入る感覚と、右の母趾球で
地面をしっかり押している感覚が同時に得られるように意識する
ことがポイントになります。


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ひざを意識するほど流れるのが壁

右の壁はひざを意識しない
右の壁を安定させるために「右ひざの位置を動かさない。」という
言葉をよく聞きますが、
正しいフットワークでは、右ひざは、後・上方へ多少の動きを伴い
ます。

~右の壁がうまく作れているかチェックしてみよう~
ほとんどの人は、右に流れないように右ひざを止めようと頑張り
ますが、ひざを止める意識が強いと、足全体が力んでしまい骨盤
の回転も止まてしまいます。
結果的に、右の股関節が流れるスウェーを誘発し、益々ひざを
止めようと頑張る、といった悪循環に陥いります。
バックスイングで、ももの外側(青丸の部分)に力が入る人は、
このタイプです。

先日コーチングした方も、右ひざを動かさないという言葉に
とらわれてしまい、足が固まり、重心移動ができずに、上体が
ひどく力んでしまっていました。
内側の筋肉の緊張が高まれば正解
正しく右の壁ができている人は、トップに向けて、ももの内側の
筋肉(赤丸の部分)に自然に力が入ります。
足の筋肉は、重心が通る部分で、自然に筋肉の緊張が高まるように
なっているので、右の壁がしっかりとできている人は、荷重線上(黄色
線)のももの内側の筋肉の緊張が自然に高まる為です。

~右の壁を安定させるポイント~
トップに向けて、ももの内側の筋肉に瞬間的に力が入るように
意識して、上体を回していきましょう。
ずっと力を入れ続けるのではなく、トップに向けて瞬間的に力が
入ることがポイントです。


分かりづらかったら、スクワットのような動きで、上下に軽く跳ね
ももの内側に瞬間的に力が入る感覚をつかんで下さい。
それでも内側に力が感じられないという人は、がに股になって
いないか、「Aライン」のポジションを確認してみましょう。
骨盤を気持ちよく回転させるということは、先日ヒップターンの
ところで紹介しましたが、骨盤が回転する中で、右の内側の筋肉に
力が入るように意識します。

トップに向け、ももの内側の筋肉に瞬発的な緊張を感じられるよう
になれば、右の壁はばっちりですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

Oタイプの人は要注意

右膝は止めるか?

今日は、右膝のポジションについてご質問を頂きましたので
紹介します。

右膝は、流れない方がいいと教わったのですが、右膝を止める意識
を持つと体をしっかり回せません。
我慢して練習をしていれば、右膝を止めていても体を回せるように
なるのでしょうか?

というご質問です。

先日上体のコイリングのパターンを紹介したように、
下半身のねじり方(コイリング)にも色々なパターンが存在します。
大きく分けるとO脚気味の人(Oタイプ)と、X脚気味の人(Xタ
イプ)です。
Oタイプの人は、股関節を外回しする筋肉が強く働く、ややがに股
気味が自然なタイプ、Xタイプの人は、股関節を内回しする筋肉が
強く働く、やや膝を内側に絞った状態が自然なタイプです。

~自己診断をしてみよう~
つま先をしっかり正面に向けて立ちます。
足の間は、10cmほど開けます。
そのままゆっくりと両膝を曲げてみましょう。

膝が小指側(外側)に折れてくる人は、Oタイプです。
膝が親指側(内側)に折れてくる人は、Xタイプです。
足の筋肉のバランスが取れている人は、膝が第ニ趾に向かって
まっすぐ正面に折れてきます。

~Oタイプの人は注意が必要~
Oタイプの人は、股関節を外回し(外旋)する筋肉が優位に働く
タイプなので、バックスイングでは、股関節の骨盤に対する内旋
可動域が不十分となる傾向があります。
この為、右膝は、外側へ流れ易くなります。ですからOタイプの
人が、無理に右膝を止める意識を持つのは、お勧めできません。

また、我慢して練習すれば出来るようになる。というものでも、
ありません。
逆にXタイプの人は、股関節を内回しする筋肉が優位に働く
タイプなので、しっかりと右の股関節に荷重さえできれば、右膝
が外に流れることはありません。

バックスイングでは、右母趾球・右膝・右股関節が一直線上に有る
ことが理想ですが、自分の身体特性を考慮してスイング調整に取り
組む事が重要です。

ただ、どうしても膝が流れるのを治したいという人は、スパイラル
メソッドで紹介しているコアのリリースや、荷重リセットを試して
みてください。
身体調整をスイング調整と同時進行で行うと、動きの歪みが楽に
調整出来るようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

大きなバックスイング・小さなバックスイング

バックスイングの大きさ

先日意図的にコンパクトなバックスイングを取ることで、クラブ
のタメを引き出すということを紹介しましたが、先日レッスン
の中で大きなバックスイングと小さなバックスイングはどちらが
いいのか?というご質問を頂きましたので紹介したいと思います。

バックスイングの大きさは、横峯さくら選手のように上げる人も
いれば、倉本選手のようにとてもコンパクトな人も様々です。

大きなバックスイングの利点は、ダウンスイングの滑走距離が
長いため、遠心力を効率よく働かせやすくなります。腕力の弱い
人も十分にクラブを加速するチャンスがあります。
一方小さなバックスイングの場合は、滑走距離が短いため強い
瞬発的な筋力が求められます。

よくコンパクトなスイングがボールコントロールの安定に有利
と言われますが、そうとは限りません。
大きなバックスイングはスイングプレーンを感じやすくスイング
面を感じ易いため、プレーンに対するボールの打ち出し方向を
イメージし易くなる利点が働きます。

どちらにしてもバックスイングの大きさは身体特性に委ねられる
ということになります。
一般的には、体が柔軟で、瞬発的な力を発揮するのがあまり得意
ではない人は、大きなバックスイングを、体が硬く瞬発的に力を
発揮することが得意な人は、コンパクトなトップをお勧めして
います。

先日紹介した
足のグリップ、軸の傾き、タメ、これら3つの要素は基本ですから、
バックスイングの大きさに関わらず必ず身につけたいポイントに
なります。
その上で、バックスイングの大きさは自分にあったものを取り入れ
て下さい。

バックスイングの具体的な体の使い方は、本ブログで紹介して
いますので、興味のある方はそちらをご覧下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

オーバースイングの定義

ダメなオーバースイング

オーバースイングの定義は何でしょうか?
「クラブシャフトは、地面と平行以上いかないほうがいい。」
「クラブのシャフトは、レイドオフでコンパクトがいい。」

巷で言われるオーバースイングの定義らしきものは、
どうもクラブのシャフト位置を基準に考えている事が多いようですが
これは、如何なものでしょうか。

そこで、今日は、スパイラルメソッドゴルフスイング理論における
オーバースイングの定義について、紹介指せて頂きます。

~2つのポイントの確認~
◆コイリング
本ブログでは、コイリングについて3つの要素について紹介しました。
『腕や肩』・『脊柱』・『フットワーク』です。
正しい運動連鎖では、これらの要素は同期してねじられ、同期して
ねじり戻される事が重要であり、つま先から指先までの一連の繋がり
(コイリング)は、途切れないのが理想です。
◆力を発揮するタイミング
『りきみ』のテーマで力を発揮するポイントについて紹介しました。
クラブを上げる瞬間(テークバック)と打つ瞬間(インパクト)です。
金づちで釘を打つ事を考えれば、簡単にイメージ出来ますね。

~では、動画をご覧下さい~
『理想的なトップ(切り返し)』[広告] VPS
3つの要素が同期し、且つ力を入れるタイミングが正しく選択されて
いる状態です。

『ダメなオーバースイング』[広告] VPS
3つの要素の内『腕や肩』の要素だけで、トップを更に深い位置に持ち
上げています。この為、切り返しも肩や腕の力で、無理やり振り下ろす
事になります。
先程2つのポイントを確認しましたが、トップや切り返しは、力の出力
を上げるタイミングではありませんでしたね。
力を同期して発揮するタイミングは、上げる時と打つ瞬間でしたね。

この様に、スパイラルメソッドゴルフ理論では3つのコイリングの要素
の内、肩や腕の要素だけでトップを更に深い位置に持ち上げていく状態
を『ダメなオーバースイング』と定義しています。

ですから、3つの要素が協調されていれば、いくら深いトップでも、
オーバースイングとは言いません。[広告] VPS

3つの要素のバランスを確認せずに、むやみにトップをコンパクトに
止めようとしている方を多く見かけますが、コイリングの機能を破綻
させる事がとても多く、注意が必要です

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR