母趾球と股関節の距離

右肩が下がってしまうのですが・・・・

どうしてもダウンスイングで右肩が下がってしまいインパクトが
安定しません。
レッスンを受けたところ右肩を下げないように意識して打つこと
を指導されたのですが、右肩を下げないように意識し過ぎると
今度は、ひどいスライスになってしまいます。
スイングを調整するいい方法はないでしょうか?
というご質問をいただきました。

右肩が下がってダフル人、多いですね。

今回のようなケースでは、バックスイングからダウンスイング
の時に軸足となる右足の支えの不安定性が根本的な要因である
ことがとても多いです。

~母趾球と股関節の距離~

バックスイングからダウンスイングにおいて軸足となる右足が
安定していれば、肩の回転方向が大きくぶれることはありません。

おすすめのイメージは、右足の母趾球と右の股関節の距離を
テークバックからインパクトまで一定に保つように意識します。
右の母趾球で赤矢印の方向に体を押し続けるイメージです。
アドレス時の距離感 ダウンスイング時の距離感
この距離感が縮んだり伸びたり、あるいは股関節のポジションが
前後左右に大きくぶれたりすることがなければ、右肩の下がりも
自然に解消されることが多いです。

肩の回転方向を意識しても右肩下がりが治らないという人は、
是非右の軸足が安定しているか?チェックして見て下さい。

もし・・
母趾球と股関節の距離感を一定にするイメージが、どうしても
つかめないという人は、私のレッスンを受けに来てくださいね。
体に感覚入力しますよ。とても簡単です

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR