今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。

昨年紹介した『レッスンのキャンペーン』についてお問い合わせ
が多数ございました。ありがとうございます。

スイングは、体の使い方を変えない限り変化させることは、
できません。
逆に、体の使い方さえわかれば、スイングの悩みは、根本から
確実に、解決することができます。

・悪い癖の根本的な原因を知りたい人
・スイングを改善させるために必要な、正しい関節や筋肉の使い方、
 矯正方法が知りたい人
・自分の体に合った体に優しいスイングが知りたい人
・うでの力みの取り方、オーバースイングの治し方、肩が回らない
 本当の原因が知りたい人
などなど・・・

今年は、明確な方向性をもって練習してみてはいかがでしょうか?

初回半額キャンペーンは、まだまだ受付中です。

興味のある人は、是非
正しい体の使い方や、自分の体に合った体に優しいスイングを
体感しに来て下さい。

lesson@yama-pt.comまで、ご連絡下さい。

今年もよろしくお願いします

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ゴルフクリニックのご案内

スイング診断&レッスンのご案内

螺旋のゴルフ最終話でもアナウンスしましたが、スイング診断
及びレッスンのご案内です。

◆自分のスイング・体の使い方がどうなっているのか(姿勢や
 動きの歪み)、具体的に知りたい。また、体をどのように
 動かせば、求めるスイングになるのか明確にしてほしい。
◆自分の姿勢や動きの癖がスイングに及ぼす影響を知りたい。
◆目指しているスイングが、自分の体で出来るものなのか?
 目指そうとしているスイングが自分に合っているのか?
 イメージしている体の動かし方は、あっているのか?
◆とにかくカッコいいスイングを手に入れたい。
 関節を正しく使えば、動き易い だけではなく、自分に合った
 かっこいいスイングになります。
◆ゴルフスイングのレベルアップを図る為に必要な事
 (トレーニング・練習方法)を知りたい。
◆『スパイラルメソッド』について知りたい。
 スイングにおける基本的な体の使い方(ニュートラルな関節
 の使い方)とは、どのようなものか? 
 つま先から指先までが繋がるとは、どのような動きか?
 また、それを自分の体でも体感したい(インストラクターの方に
 多いご要望ですが、講習会もお受けしています)。

レッスン内容は、このように色々なご要望に対応させて頂きます。

スイングは物理現象ですから、問題点や、取り組みの方向性
を明確にするのは、そんなに難しい事ではありません。
問題点を明確にし、取り組みの方向性をしっかりと持って、
練習をしてみては如何ですか?

《申込方法》
 スイング診断・レッスン・講習会をご希望の方は、 
 lesson@yama-pt.com まで、
 レッスン希望とメールをして下さい。
 改めて、レッスンの詳細を、ご案内させて頂きます



レッスンについて

私のレッスン
 
レッスンの内容についてのお問い合わせがありましたので、
今回は私のレッスンについて少し紹介させて頂きます。

★何故動き(スイング)をかえる事が難しいのか?
それは、目で見たり、頭でイメージするだけで動きを変えよう
としているからです。
理想的なスイングを目で見たり頭でイメージするだけで、自分
の動きを変える事が出来ない事は、練習場を見れば明らかです。
多くのレッスン理論や雑誌、インターネットそういった情報
環境が整っているこの時代にもかかわらず、実際、自分の体を
どのように使えば求めている動きになるのか、分からないまま
漠然とボールを打ち、スイング作りに迷走している人は、たく
さんいます。

★では、どうすれば、いいのか?
~百見は一感覚入力に如かず~
体に、直接正しい動きの感覚を入れてあげればいいのです。
これを 感覚入力といいます。
難解なプラモデルも、設計図があれば簡単に作れます。これと
同じで、理想のスイングも、体の使い方の設計図にそって筋肉
や関節に必要な動きの感覚を入れて行けばいいのです。

そんなことできるのか?と思われたかもしれませんが、神経
筋促通法という筋肉や神経に動きを学習させる方法(PNF)が
あるのですが、それを応用したゴルフバージョンの神経筋促通
法を確立しています。
先日発売のアルバの中で紹介したように、私のレッスンは直接
正しい動きの感覚を生徒の体(筋肉や関節)に入れるので、
動きを頭や目でイメージするだけでは無く、正しい動きに必要
な筋肉や関節の動きを、ダイレクトに生徒本人の感覚で感じる
ことができます。
レッスンでありがちな「もっと○○な感じで」といったように、
コーチの主観的な感覚を押しつける事はしません。
「正しい体の使い方は○○。で、あなたはどう感じる?」と
なります。
ですから、筋肉や関節をどのように使えば求める動きになる
のか?クラブが正しい動きをするのか?という事は、生徒さん
自身の感覚で理解して頂く事ができます。

『百聞は一見に如かず』といいますが『百見は一感覚入力に
如かず』という訳です。


★家で簡単に出来るホームエクササイズの勧め
漠然と球を打っても、体の使い方を根本から変える事は出来
ません。
ブログでも少し紹介していますが、私が生徒さんの体(筋肉や
関節)に動き方の感覚を入れるのと同様の効果があるスイング
プログラムを、角材やチューブやバランスディスク、ボール等
簡単なアイテムを使って、ホームエクササイズとして行って頂
きます。
理想のスイングに必要な身体の使い方を徹底的に練習する事で、
自分の動きの癖に、正しい動きを上書きしていきます。
歪んだスイング動作を正常な方向へ調整する唯一の方法は、
間違った体の使い方をしっかりと修正する以外にありません。

リハビリと同じです。
レッスンの中で、その都度必要と思われるホームエクササイズ
をお伝えします。

★筋肉と関節:動きの設計図を明確にする
~ゴルフスイングにも基本パターンがある~
解剖やバイオメカニズム、物理現象に基づいて考えれば、人の
体を使って歩くと関節や筋肉はこう使われるのが理想だ、と
言った基本歩行パターン(歩行の設計図)というものが、あり
ますが、ゴルフスイングにおいてもこれと同様に、人の体を
使ってゴルフスイングをすれば関節や筋肉はこう使われるのが
理想だ(ゴルフスイングの設計図)という事が言えます。
実際ゴルフスイングに必要な体の使い方は、基本歩行パターン
における体の使い方とさほど変わりません。
肘が反対方向に曲がる人はいない。骨盤が無い人もいない。
大胸筋がお尻についている人もいない。重力の影響を受けない
人もいない。だから、誰にでも共通する材料を使ってスイング
をプログラムすれば、全ての人に共通する基本が見えて来るの
です。
スイングは千差万別という発想が生まれるのは、筋肉が強い、
弱い、かたい、足が長い、上半身が強い、背が低い、
そういった身体パーツの特徴を見ているにすぎません。
私のレッスンでは、全ての人に共通する動きの基本をお伝え
します。


★安易にプロのこつや特徴をまねてはいけない理由
トッププロでも、特徴的なスイングの人は多いものです。
しかし、『特徴的』と言われる動きは、歪みやミスモーション
を代償的な動き(体の使い方)でカバーした結果できた動きで
ある事がほとんどです。
トッププロが伝える『こつ』というのもそうです。多くは、
自分の動きの歪みを許容範囲に抑える為にどうしても必要な
動きの方法論が、その選手の選手生命であるべき『こつ』
だったりします。
ですから、背景に全く同様の身体的特徴や、動きの歪みや
ミスモーションを抱えた人でなければ、プロの特徴もこつも
処方箋にはなり得ないのです。
プロのいうコツや特徴は、膨大な練習量の支えがあってこそ
機能する各プロ独自のものです。

歪んだ状態のまま、代償動作を膨大な練習量を積む事で、許容
範囲に収められるようにするのも一つの方法論だとは思います
が、根本的な問題点であるスイングの歪みやミスモーションを
調整し整える方が圧倒的に楽で早く、結果を出す事が出来ます。
そして、歪みやミスモーションに最も確実に気付く為に必要な
事がスイングの設計図に取り組み、自分の動きと照らし合わせる
作業なのです。
以上が私のレッスンの簡単な内容です。
本ブログでも、動きの設計図やトレーニング方法も色々紹介して
います。直接私のレッスンを受けている方にとっては、復習の
教材としてしっかり機能しているようですが、そうでない方も
参考にして頂ければと思います

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR