傾斜地の『ミスショットのいろいろ』その原因

傾斜地=土台(下半身)を安定させて手打?

今日は、傾斜地でよく見られる、勘違いについて紹介します。
傾斜地のミスショットは、いろいろあります。
左足下がりのシャンク
左足上がりのてんぷら・ひっかけ・プッシュ
つま先上がりのひっかけ・プッシュ
つま先下がりのひっかけ・プッシュ・シャンク
上げれば、きりがありませんが
どのミスショットも共通する事があります。

それは、『手打ち』です。
巷では、傾斜地では下半身を安定させて、コンパクトに腕を振る
といったような表現がよく使われますが、

~ここで勘違い~
多くの方は、下半身を安定させると聞いて
下半身を安定=足(フットワーク)は使わない=腕だけで振る
となってしまう事が多いようです。
この為、腕の振りに軸(背骨)や下半身が振り回され、結果
軸が不安定となり、様々なミスを誘発するのです。
『下半身を安定させて』という事は、足を固めて動かさないと
いう事ではありません。

傾斜地のミスは、足を止めてしまう事で、軸(背骨)運動が不十分
となり、これを補う為に、手打ちを誘発する(手の動きで補おうと
する)事が、原因である事が非常に多いです。

通常のショットは、下半身を使う事の重要性が当たり前に言われる
のに、傾斜地では、腕から・・・、腕だけ・・・・・?

こんな事(ゴルフスイングにおいて、身体活動の基本原理が
根本的に変わる事)は、ありませんから注意しましょう。

~傾斜地のスイングを安定させるには~
傾斜地では、フットワークが抑えられる為に、ダイナミックな動き
はしませんが、しっかりと軸(骨盤や背骨)の回転をアシストする
事が重要です。
先日までに、各傾斜地の対処法で紹介してきましたが、傾斜地での
ショットの成功のカギも、通常のショットと同様『軸の安定:安定
した軸の回転』です。
小さなフットワークでしっかりと骨盤の回転をサポートしましょう。
アドレスでの工夫もポイントですよ。


次回は、小さなフットワークで、しっかりと骨盤の回転をサポート
出来るようになる為のスイングトレーニングを紹介します。
お楽しみに

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『複合傾斜地の対処方法』

複合傾斜地のポイント

実際のコースでは、単純な傾斜よりも色々な要素(つま先下がり
の左足下がり等)を持った傾斜の方が多くあります。
プロゴルファーも含め上級者の行う対処方法は様々ですが、
今日は、その中でも一般的な対処方法を紹介します。

~色々な要素を含む傾斜地は、
   大きく2つのタイプに分かれます~

◆要素間でショットに与える影響を増幅するタイプの傾斜
例えば、左足下がりのつま先下がりの傾斜がそうです。
左足下がりもつま先下がりも、どちらもボールを捕まえづらい
(スライスしやすい)要素です。このように、特徴の似た要素を
合わせ持つ傾斜では、球筋により大きな影響を受けるという事を
考慮する必要があります。
*このケースでは、よりターゲットの左に向くアドレスが必要に
なりますが、プロでも左に向ききれずにミスをするという事が多く
見られます。ライナーの、どスライスをしっかりとイメージして、
『勇気を持って』しっかりと左を向く事が出来れば、ショットの成功
の確率は高まります。
◆要素間でショットに与える影響を打ち消しあうタイプの傾斜
左足下がりのつま先上がりの傾斜等がそうです。
左足下がりの要素はフェード系、つま先上がりの要素はボールが
左に飛びやすいという特徴がありました。要素の特徴が、互いに
打ち消しあう作用を持ち合わせる傾斜です。
このようなケースは、強い要素の方に、打ち方を合わせるのが、
無理の少ないショットになるようです。
左足下がりの要素が強ければ、フェード系のイメージでアドレス
を取り、つま先上がりの要素が強ければ、軽く左に飛ぶ事を考慮
した対処法を選択するという事になります。

これらの要素がショットに、同程度の影響を及ぼすようなケース
では、ターゲットに対する戦略的な意図から選択するか、自分の
得意な傾斜地の要素を選択して対処するか、ケースバイケースと
いう事になります。

どちらにしても傾斜に対して心地よくクラブが触れる状態を、
連続素振り等で、しっかりと確認する事が必要です。
『気持ちよくクラブを振る為にどう構えるか』
これが重要なポイントです。

クラブの通り道(振り方)をイメージせずに、構えてしまうと、
バランス良く振れない(振りたいスイング軌道と構えがあっていな
かった)等のミスにつながります。

傾斜地の『ミスショットのいろいろ』その原因を紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『つま先上がり・下がり傾斜の簡単チェック法』

ここがポイント

つま先上がり・下がりの傾斜地における基本的な対処方法に
ついて紹介してきましたが、
今日は、簡単チェック方法(ポイント)を紹介します。

~図をご覧ください~
『つま先上がり』          『つま先下がり』
つま先上がりのチェック つま先下がりのチェック
左足上がり・下がりの傾斜地でも紹介しましたが、同様に
アドレスからインパクト、フォローにかけて、頭の位置を変えず
にいられるか、という事についてチェックしましょう。

傾斜地が不得意な方は、頭が傾斜の下方(つま先下がりの傾斜
では上体が突っ込み、つま先上がりでは、上体が起き上がる)に
動く傾向があります『黄色矢印』
『スイング中の頭の位置がぶれない=軸が安定している』
という事は、全てのスイングの基本です。
*頭と軸は連動しています『青矢印』

~全ての傾斜地に共通する注意ポイントは~
◆頭(上体:軸)が重力に引かれて下に下がりやすいという事
◆傾斜地で、アドレスが不安定であり、下半身が柔軟に使い
 づらい(結果、体を回しづらい)という事です。

これらに対する準備をしっかりと取れば、傾斜地のショットも
難しく考える事はありません。
是非、『傾斜地の素振り』もトライしてみて下さい。

次回は、複合傾斜地の対処方法を紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『つま先下がりの傾斜の対処方法』

つま先下がりの傾斜

つま先下がりの傾斜地でのショットでは、通常のスイングと大きく
変わるポイントが2つあります。
◆体を股関節から倒した(深く上体を折った)スイングになります。
◆スイングプレーンがアップライトになります。

では、それぞれのポイントにおける注意点を紹介します。

~上体を倒すあたっての注意点~
理想的なつま先下がりの構え つま先下がりでなり易い構え
体を深く倒すにあたって、骨盤が起き上がり、股関節の曲がりが
不十分な状態になってしまう方が多く見られます。
つま先上がりの傾斜地の対処法でも紹介しましたが、ひざは、上体
の重さを受け止める『ばね』の役割を担います。
左図のように、股関節から上体を倒し、上体の重心をしっかりと
ひざで感じられるようにアドレスを取ります。
他の傾斜地と同様に、つま先は開きます。

ひざがつっぱり骨盤が起き上がる方は、腹から上体を折る(背中を
丸める)傾向があります『水色曲線』
腹から折ってしまうと背骨が軸として機能しません。結果、下半身
の安定も得られず傾斜に立っているのがやっととなってしまいます。

~クラブをアップライトに使う注意点~
つま先下がりの傾斜地では、図のように上体の前傾が深くなります。
腕の動きだけでクラブをアップライトに振ってしまう方をよく見かけ
ますが、これは、先ほど紹介しましたが、腹から上体を折るために
極端なハンドダウンのアドレスになる事が起因します。
手先の操作では安定したショットは困難です。
つま先下がりの傾斜地は、
スイング軸の前傾が深い(背骨が前に倒れた状態)
=肩がアップライトに使われる『下図 赤曲線』
=結果的にスイングプレーンがアップライトになる。
という事です。
つま先下がりは肩がアップライト
コンパクトなスイングを心掛ける事も重要です。

次回は、『つま先上がり・下がり傾斜の簡単チェック法』を
紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

つま先上がりでひっかけをおさえよう

つま先上がりのワンポイント 

今日は、つま先上がりの傾斜地のスイングのプロも行っている
ちょっとしたコツを紹介します。

~つま先上がりの傾斜地のスイングは~
◆構えは先日紹介したように、上体の重心をしっかりと受けられる
 ポジションに、ひざをセッティングする。
◆スイング中は、つま先上がり・下がりでも紹介したように、頭の
 位置が斜面から離れないようにする。
◆フットワークをダイナミックに使う事が出来ないので、左つま先
 を開き回転不足を補う。

ですが・・・

~引っ掛かりを抑えるちょっとした『コツ』
さて、先日お伝えしましたが、つま先上がりの傾斜地で問題になる
のは、クラブをフラットに振る為に、フェースが左を向く為に、
ボールが引っ掛かり気味に飛ぶという事でした。

そこで、この引っ掛かりを抑える為に、フェースのセッティングを
少し変えます。

平地での通常のアドレスでは、リーディングエッジをターゲットに
向けるのが基本ですが、このケースでは、リーディングエッジを
ターゲットのやや右に向けます(開きます)。
リーディングエッジを開く事で、フェースが左に向くのを相殺します。
(*ヒールからクラブが傾斜にあたるので、この状態でもフェースは
若干かえります。グリップをインパクトで緩まないようにより注意が
必要です。)
上体の回転を強調して、フェースローテーションを抑える方法も
ありますが、傾斜地での不安定なアドレスでは、高度なテクニックと
なります。
一般のアマチュアの方には、このように、フェースのセッティングを
少し変える方法をお勧めします。
ひっかけのリスクを簡単に軽減する事が出来ます。

次回は、『つま先下がりの対処方法』について紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR