理想的な動き=無駄を省く事 その2

それって自然体じゃないよ-2

今日も先日に続き、よく見かける『自然体』ではない、腕の
セッティングについて紹介します。

~動画を御覧下さい~[広告] VPS
巷でよく言われる
「グリップは、両手の手のひらを合わせて握る」
とか
「右手は、下から握る。」
等のアドバイス文句を鵜呑みにして、このように腕をねじる方を
見かけます。

わざわざ『自然体』な状態から、右腕を外向きにねじって『黄色矢印』います。
よじった腕Ⅱ よじった腕Ⅱでグリップ
このように腕をねじる方は、『右肩下がりのアドレス』を取り易く
なります。
結果、スイングは、
軸が右倒れする『あおりスイング』となり、フック(左へ曲がる)が
強まる傾向にあります。

右腕を外回しにした状態でアドレスしている為に、ダウンスイングで、
必要以上に腕がかえってしまう(右腕が内回しに戻ってしまう)事が
原因です。

このケースの対処法でよくみられるのは、
フォローで、左肘を抜いてフェースのローテーションを抑える。
手首のリリースを止めて、フェースローテーションを抑える。
となるわけですが、
どれも『余計な操作』です。
自然体で腕をセッティングさえしていれば、しないで済む事ですから・・・

コーチングの経験上、一般からツアープロまで共通していえる事は、
このように、余計な操作が入るポイントが、『ウィークポイント』
になっている。と言う事です。

とにかく気持ちよくスイングが出来ていて、ボールコントロールも
意のままというのであれば、どのような動きをしていても、それが、
その人にとっての理想のスイングと言う事になりますが、
そうでない方は、不必要な操作『代償動作』が入らないようにする事を
追及する事が、最短で自分の理想の動きに出会う為の近道です。

次回は、『ビハインドザボールも過ぎたるは及ばざるがごとし』を
紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

理想的な動き=無駄を省く事 その1

それって自然体じゃないよ-1

先日、腕のセッティングについて『取りあえず自然体がいい』という事
を紹介しました。
自然体は、無駄な筋肉の活動を伴わない(腕をねじっていない)状態
ですから、
◆インパクトがアドレスの再現となり易い
◆随意的(意識下)な操作を極力削れる。
◆あらゆる方向に動き易い。
つまり、
スイング全般に『素直な動きがしやすい』という大きなメリットが
あります。

~動画を御覧下さい~[広告] VPS
良く見かけます。最も動きやすい『自然体』な状態から、
わざわざ腕を外向きにねじって『黄色矢印』います。
よじった腕Ⅰ よじった腕Ⅰでグリップ
このように腕をねじって構える方の多くは、
両腕(ひじ)が突っ張る傾向があります。
この事が、
バックスイングで、左肩が下がる『ギッタンバッコンスイング』や
バックスイングで右ひじが突っ張って、いつまでも腕が曲がらない
等の原因になっている事もあります。

バックスイングにお悩みの方、
左肩が下がる
右ひじが突っ張ると悩む前に
腕のセッティングを確認してみるのも良いかもしれませんね。

次回は、『それって自然体じゃないよ-2』腕のセッティング
について紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

取りあえず『自然体がいい』理由

取りあえず『自然体』でいこう

先日、腕がリラックスした状態(自然体)について紹介しました。
今日は、自然体が取りあえずいい理由を2つ紹介します。

◆ポイント1:インパクトがアドレスの再現となり易い
自然体の腕の位置は、筋肉のバランス(引っ張り合い)が安定している
位置です。ですから、腕をねじっても、リラックスすればすぐに自然体
の位置に戻りました。

つまり、自然体の位置が、腕にとって居心地がいい安定した状態だ、と
言う事です。
この事は、アドレスで腕を自然体な状態にする程、インパクトで、腕の
位置を再現し易くなる。
と言う事を示唆します。
自然体では、腕と上体の関係は、自然に成り立っている事なので、腕を
コントロールするのに無駄な事をする必要がない。動作が簡略化される。
と言う事です。
運動スキルを上げる最大のポイントは、随意的(意識下)な操作を極力
削る事にあります。
無駄なねじれは、極力入れない事が理想です。

◆ポイント2 あらゆる方向に反応し易い(動きやすい)
更に、自然体の最大のメリットは、筋肉の活動に無駄がない状態なので、
あらゆる方向へ動きやすい(反応しやすい)状態だという事があげられ
ます。
以前りきみでも、紹介しましたが、運動方向を選択する努力が、最小限
に抑えられます。
これは、運動効率を高める上で重要なポイントです。

これらの理由から、自然体の腕でアドレスを取るほど、インパクトの
再現性も高まると言う事になります。

次回は、『それって自然体じゃないよ。』腕のセッティングについて紹介
します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

自然な筋バランスを確認しよう

自然な筋バランス

先日、リリースポイントについて紹介しましたが、今日は、振り遅れ
ない為に、最低限押さえておきたい、腕と軸の関係『ニュートラル
ポジション』について紹介します。

~動画をご覧ください~[広告] VPS
上体をわずかに前方へ倒し、腕を前に垂らして見ましょう。
リラックスした状態で、出来るだけ肩や腕の力を抜いてみましょう。
通常、この腕の状態から肘を曲げると、口元に手先が来ます。
では、ゆっくり外側に腕を肩の付け根からねじってみましょう。
力を抜くと如何ですか?
先程のリラックスした腕の位置に戻りますね。
次は内側にねじってみましょう。
力を抜けば、先程と同様、リラックスした腕の位置にねじり戻りますね。

如何ですか?
このようにリラックスすると作られるポジションが、その人にとっての
ニュートラルな状態 『自然な筋バランス』と言う事になります。


但し、あくまでこの位置は、関節の構造、筋肉の緊張状態、普段の姿勢
等の理由から決定されるものなので、
必ずしもそれが、理想的な「ニュートラルポジション」とはならない
と言う事には注意が必要です。
以前も紹介したように、最近は、運動不足・パソコン仕事等によって、
不良姿勢の方が非常に多くなっています。ですから、理想的なニュート
ラルポジションを獲得したいのであれば、普段の正しい姿勢作りから
取り組む必要があると言う事になります。

~図をご覧ください~
『理想的なニュートラルポジションです』
たらした腕を肘から曲げると右の首の付け根辺りに手元が来ます。
自然体
自然体で手を合わせます 自然体でグリップ
ほとんどの方は、この図のような位置に腕がセットされたと思います。
是非、『自然体の腕の状態』と『実際のアドレスの腕の状態』とを
見比べてみて下さい。

力の入り具合、肩、肘の状態が、自然体で腕をたらした状態と
実際にアドレスした時で、全く違うという方は、要注意ですよ。


次回は、取り合えず『自然体がいい』理由を紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『冬の練習:準備体操をしない方へ』

冬は腰や首をよく痛めますね

冬の寒い時期も練習場でボールを打ち練習する訳ですが、
皆さんは、準備体操をしますか?

コーチングしていても、ほとんどの方は、準備体操をしません。
『寒い、寒い』と体が縮こまった状態のまま、いきなりアプローチ練習
から始める方をよく見かけます。

寒いのは全く苦にならない、いくら寒くても平気。
温かな時と同じでリラックスして動ける。
と言う方は、それでもいいのでしょうが・・・・

ほとんどの人は、寒さで体は縮こまった状態になります。
縮こまった状態は、背中が丸くなり、首の周りの筋肉を緊張させ、
背骨を軸にした回旋運動(体軸内回旋)を困難にし、スイング時の
首、腰の関節ストレスを増大させます。
冬に首や腰、肩を痛める方が多いのは、この為です。

ブログでも紹介してきましたが、この様な姿勢でいくら練習しても、
いい動き(スイング)を引き出す事は出来ません。
いい動きは、ニュートラルポジションからです。

~そこで、練習前に~
準備体操が面倒と言う方も、次の2点について確認して下さい。
◆背骨が丸くなっていないか
◆首の回りの筋肉が緊張して、首がすくんだようになっていないか。


~その為に、練習前に~
汗ばむほどのウォーミングアップが理想ですが、せめて
縮こまった姿勢を直しましょう(ニュートラルポジションへ誘導)。

◆腕を上にしっかりと伸ばしながら背伸びをしましょう(反り過ぎに
 注意して下さい。背骨を上にしっかりと伸ばす意識を持ちます。)
◆頭を出来るだけ高い位置に持っていき、首の回りの緊張を解きます
(ゆっくり深呼吸しながら行います)。
◆練習始めは、体を出来るだけ起こした状態で、重心移動を十分に
 感じながら、クラブを振り始めましょう。その為に、アプローチ
(ウェッジ)から始めずに、ドライバーのように長いクラブで、
 ゆっくり大きな動きで、振り始めましょう(ドライバーのハーフ
 スイングやティーを叩く素振りでも構いません)。

準備運動を十分にしない方も、『練習始めの姿勢』には、注意して
みて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR