腕を腕で動かすから手打ちになる

これは手打ちになるよ

重心の動き方について紹介してきましたが、今回はこの重心の動き
と腕の関係について紹介します。

よくスイングの始動は、捻転差が大事だから、下半身の動きを止めて
上体をねじっていくことが重要だ!と言われることがあります。
コーチングをしていても、多くの人がその言葉をうのみにして、
次の動画のような始動をイメージしている人が多く見られます。[広告] VPS
下半身を止めて、上体・腕だけを動かし始めます。
フットワークを使っていないので、重心(赤ボール)は、ほとんど
動かない為、重心移動によって得られるはずのエネルギーが、
得られません。
当然、腕の力に頼ったテークバックになります。

結果的に上体の力んだ、手打ちスイングになります。

上体と下半身の捻転差は、始動で無理やり作るものではありません。
腕が力んでいる人は、スイングが、腕を腕で動かさなくてはいけない
状態になってしまっていることがほとんどです。

次回は、正しい始動、『重心と腕の正しい関係』について紹介します

ようわからん!
という人は、レッスンに来てください。
腕の正しいコントロール方法お伝えします。
メール: lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください!

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

肩が開く?

コアラインがキモ

肩が開いてボールが捕まらないという方からのご相談です。

~みんなが誤解している肩の開き~
スイングは、背骨を軸にした回転運動です。
後方から見れば、バックスイングで右肩は、後方へ動きます。
当然ダウンスイングは、それを戻す動きになるので、
右肩は、前に出てくるのが自然です。
更にインパクトからフォローでは、どんどん軸に対して右肩が
回転していく必要があります。
ですから、
肩は、どんどん開いていくのが正解です。

にも関わらず、
巷ではダウンスイングで、右肩が前に出ないよように意識して、
肩の回転をブロックして手を下ろす。といったような荒手の
代償動作が好んで意識されています。

これは、正しい体の使い方のイメージではありません

意識するのは肩ではありません。

肩が開く
上体が開く
体が開く
だから、ボールが捕まらないんだという人は、プロにも大勢います。

しかし
肩が開くのは、自然な現象です。
上体が開くのも自然な現象です。
体が開くのも自然な現象です。
肩が開こうが、上体が開こうが、ボールはしっかり捕まります。
私のレッスンを受けている人は、その意味がよくわかりますね。

ボールが捕まらない根本的な問題は、
切り返しから左のコアラインが機能していないことです。

ダウンスイング以降、軸となるのは、左足です(右打ちの場合)
この時左のコアライン(下位腰椎、仙腸関節、股関節)で、背骨
の回転を受け止める必要があります。
ここが抜けていると人は、体が開いた、抜けた、引けたと感じます。
残念ながら、今のゴルフ業界では、この部分の動きについて全く
理解されていません。
なので、手っ取り早く、コアラインを通せないことで起こる
肩や、上体の見せかけの開きを矯正しようとするのです。

肩が開いてボールが上手く捕まらない。
と感じている人は、肩を意識しても根本的な解決はできません。
コアラインに注目して動きを治しましょう。

代償動作では根本的な問題解決はできませんよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

フィニッシュが取れないのですが・・・

フィニッシュを考える

今回は、フィニッシュについて紹介します。
コーチングをしていても、フィニッシュは、しっかり決めた
方がいいのですか?と言った質問を受けます。
確かに、ほとんどのトッププロは、バランス良くフィニッシュ
が決まっていますね。また、石川選手や、松山選手のフィニッ
シュまで振りちぎったようなスイングは、迫力もあります。
しかし、いくらフィニッシュを恰好良く決めたとしても、それ
だけでは、ナイスショットには繋がりません。


~フィニッシュは力まない~
フィニッシュまで振りきろうと意識し過ぎて、フィニッシュで
一番力が入ってしまっているという人を良く見かけます。
フィニッシュでボールをうつわけではありませんから、これは
とても非効率的な事です。
理想のフィニッシュは、あくまでもバックスイング・ダウン
スイング・インパクト・フォローこれら一連の流れで、自然と
行き着く先にあるもの
です。
決して、無理に形作るものではありません。
フィニッシュは、力を全て出しきったリラックスした状態で
ある事が理想です。

~バランス良いフィニッシュを取る為に~
フィニッシュでは、リラックスした状態で、バランス良く立て
ている事が重要です。その為には、スイング中の力を発揮する
タイミングと、重心移動がポイントになります。

力を発揮するタイミングは、りきみを改善する方法でも紹介
したように、テークバックの瞬間とインパクトの瞬間です。
テークバックとインパクトで力を発揮したら、フィニッシュは
リラックスです。
テークバック(力を発揮)・インパクト(力を発揮)・フィニッ
シュ(リラックス)と呼気に合わせてリズム良く、力のオンと
オフをしっかり意識して振ってみましょう。
もちろん、力を発揮するタイミングを重心移動に合わせる事も
忘れないで下さい。
そうすれば、バランス良い自分にあったフィニッシュを取る事
が出来ますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『膝』は何故流れる? 『ひじ』は何故引ける?

『膝』・『ひじ』の悪さ
先日頭の動きについてのご質問を紹介しましたが、
今回は同じように、レッスンで良く聞かれる『膝』や『ひじ』
の動きの悩みについて、その原因と対処方法を、紹介していき
ます。

「膝が流れる」・「ひじが引ける」
これらの症状は、先日紹介した頭の動きと同様、多くの方が
改善したいと思っているテーマでは、ないでしょうか?

~共通する原因~
この2つの動きには、共通する原因があります。
それは、『体の回転不足(コイリング不足)』です。

ゴルフスイングは、背骨を軸とした回転運動ですが、
スイングをする上で、回転運動が不十分だと、それを補う形で、
自然な反応(代償運動)として、膝が流れたり、ひじが引けたり
します。

ですから、闇雲に、膝が流れないように膝を止めようとしたり、
ひじが引けないように意識しても、体が十分に対応出来る状態
(ひじを引いたり、膝が流れたりしなくても回転出来る動的な
柔軟性がある状態)でなければ、それは無理な話です。
先日紹介したように、頭の動きがニュートラルな姿勢や動き方
を獲得する中で自然と抑えられてくるという事と、同様の原理
が働く為です。

~膝・ひじは『ばね』~
本来、膝や肘は、動きを滑らかにする為の『ばね』のような働き
を担います。
そして、これらのばねは、それを挟む関節の良好な動きによって、
コントロールされています。
つまり、膝は股関節と足首の動きによって、コントロールされ
ひじは、肩と手首の動きで、コントロールされます。


ですから、膝、ひじの動きを安定させる為には、それらをコント
ロールする関節に目を向ける必要があるのです。

次回は、スイングに必要な回転運動について紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『行って来い』シンプル・イズ・ベスト

『左ひざを戻す・腰を切る』注意しましょう

今日も先日に続き、部分的な動きにとらわれて陥るミスモーション
を紹介します。

~では動画をご覧ください~
「ダウンスイングは、左ひざを戻す事が重要だ。」
と言われて陥る、ダウンスイングのミスモーションです。[広告] VPS
先日同様、膝の動きが、重心が左に戻るのと同期していません。
また、バックスイングの膝の動きとダウンスイングの膝の動きが
作用反作用の関係では、ありません。
行きと帰り道が違うという事です。
次は、
「ダウンスイングは、腰を切るのが重要だ。」
と言われて陥る、ミスモーションです。[広告] VPS
これも全く同じです。
腰の動きが、重心が左に戻るのと同期していません。
バックスイングの腰の動きとダウンスイングの腰の動きが
作用反作用の関係では、ありません。
これまた、行き帰りの道が違うという事です。

何度も例に出しますが、
金槌で釘を打つ事を考えてみましょう。
金槌を上げる時の腕の軌道と打ちおろす腕の軌道は、
『行って来い』で、同じ道を通りますね。

さもないと、釘を正しく打ちこむ事は困難です。
ゴルフスイングは、これほど単純な動きではありませんが、
腕の動きが、全身の活動に変わるだけです。
ですから、ゴルフスイングも、
バックスイングとダウンスイングの体の使い方は
『行って来い』が理想だという事です。


~『行って来い』~[広告] VPS
バックスイングの巻き上がりが、ダウンスイングで巻き戻るだけ、
『左ひざを戻す・腰を切る』これらも、単純に『行って来い』です。
動作は、シンプルイズベスト、簡単が一番です。

次回は、読者様からのご質問『ひじの向き』について
紹介します

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR