FC2ブログ

練習場のように打てないのですが・・・・

何故練習場と違うのか?

先日レッスンの中で「練習場のように何故うまく打てないのか?」と
いったご質問を受けたので、今回は、多くの人に共通する要因を2つ
紹介します。
こういった悩みを持っている人は、レッスンをしていてもとても多く
みられます。

その1 ターゲットの意識が薄い
練習場のようにうまく打てない。といった悩みを持っている人は比較
的上級者でも見られますが、このような人に多く見られるのがターゲ
ットの意識が薄い。という事があります。
ボールをどこに打ち出すか。という事が明確にイメージできてなく、
漠然とボールを打つことにばかりに意識が向いています。この為、
スイングプレーンやアドレスがターゲットから外れてしまっている事が
多くみられます。

ターゲットの意識を明確にするために、後方からスパット(打ち出した
ボールが通る目印:葉っぱや色の変わった場所)を見つけ、そこに
ボールを打ち出す事に集中してみましょう。
プレショットルーティーンと合わせてターゲットの意識を高めると
よりスイングが滑らかになります。
本ブログで以前お勧めのプレショットルーティーンを紹介しているので
興味のある方はそちらをご覧下さい。

その2 リズムがバラバラ
その1でも紹介しましたが、ボールに当てる事ばかりに集中していると、
一番器用な手先の動きだけが優位に反応します。腕にはゴルフ
クラブを振りまわせるような大きな力はないので、これが力みに繋がり
フットワーク等、体の大きなエネルギーを出す事の出来る他の身体部分
との協調性が崩れリズムがバラバラになります。

練習場で、自分が普段心地よいと感じているスイングリズムをしっかり
とつかみ、そのリズムを再現する事に集中します。
スイングが心地よく練習場のものとリンクしている時は、間違いなく
練習場のナイスショットをコースでも再現出来ているはずです。
また、リズムに集中する事で、体全体の動きが統合され易くなるので、
フットワークにもスイングを乗せやすくなり結果的に大きな飛距離へ
とつながります。

是非、ラウンドでは、細かなチェックポイントがあったとしても、
ターゲットの意識とリズムは絶対に忘れないようにして下さい。

この2つは、ナイススイングの基本要素です

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

目線で体の開きが抑えられるか?

身体の開きはフットワークが肝!

先日のレッスンで身体が開く癖は、顔を右に向けたままスイング
をすれば改善しますか?
といった質問を頂きましたので紹介します。

基本的に身体が開きは、顔の向きを意識しても治りません。

頭を右に向けたまま打ってみたり、肩を右に向けたまま打って
みたりしている人がいますが、このような対処療法は、一時的に
改善されたように感じる事もありますが、根本的な原因改善には
つながりません。

少し前、女子最強のゴルファーだった
アニカソレンスタムという選手はルックアップと言って真逆の
イメージでスイングを行っていましたが、体は全く開いていま
せんでしたね。

体が開く原因は大きく2つです
『手打ち』と『左への踏み込み方』です。


手打ちを改善させるためには、切り返しのタイミングでクラブを
無理やり腕で振り下ろすのではなく、フットワークの左への踏み
込みに引っ張られる形で、肩や腕が降り戻される感覚を掴む事が
ポイントです。
また、左への踏み込みが出来たとしても、左踵がアドレス時より
も内側に入ってしまえば、それは下半身のスピンとなり、結果的
に体の開きを誘発する原因となります。

これらを根本から改善させる練習方法としては、本ブログでも
紹介しているトップからボールを打つ『ストップ&ゴー』の練習や
『ヒールアップ』の練習が効果的です。

身体の開きは、顔を右に向けるイメージだけでは直りません。
是非、フットワークに目を向けて練習してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

重心移動がうまく出来ない

ポイントはコアライン

重心移動やフットワークをうまく行う上で何かポイントはあり
ませんか?といったご質問を受けましたので紹介します。

~コアラインを通す~
重心移動をスムースに行うには、コアラインに重心を乗せる事
が、ポイントになります。
バックスイングでは、右のコアライン
ダウンスイングからは左のコアラインに重心を乗せます。


コアラインは
左右の下位腰椎-仙腸関節-股関節を結ぶつながり(赤線)です。
コアライン

~左右のコアラインで重心を感じよう~
座ったまま、お尻で足踏みするように動かしてみよう。
左右のお尻に、交互にしっかり重心をかけるのがポイントです。[広告] VPS
この練習で、左右のコアラインに重心を乗せる感覚が掴めたら、
立って同じように左右のコアラインに重心をかけるように意識
しながら足踏みをしてみましょう。

しっかり左右のコアラインに重心をかける事が出来ると、重心
がスムースに動くようになります。

重心移動がうまく出来ないという人は、是非座ってお尻足踏み
から練習してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

左ひじを曲げて右手を開く

実際のスイングで腕を柔らかく使うコツ

先日紹介した腕の振り方のエクササイズ(クラブを走らせる腕の
振り:木の棒をうまく走らせる)のように、クラブを振るコツは
ありますか?

といったご質問を頂きましたので、簡単なコツを紹介します。

レッスンをしていても腕や手首の力がなかなか抜けずに、クラブを
効率よく走らせることができていないという人はとても多いです。

そういった人には、
トップに向けて、左ひじを曲げて(軽くたわませて)、
右手の指を軽く開くように
練習してもらいます。

腕の力が抜けないということは、余計なところに力が入っている
ということです。
綱引きのように、反対方向に物を引っ張り合いながら、物を動か
そうとしている状態です。

左ひじが突っ張るという人は、上腕三頭筋という肘を伸ばす働き
のある上腕部の筋肉が働き過ぎています。
また、手首が硬いという人は、右のグリップを握る筋肉(握りこむ)
が働き過ぎています。

通常バックスイングでは、左の上腕三頭筋は使いません。
肘を曲げる筋肉、上腕二頭筋を使います。
また、右手の筋肉は、握りこむ筋肉は使いません。
右手の筋肉は、手のひらを開く作用のある筋肉の繋がりを
使います。

これは、つま先から指先までの体の筋肉の繋がりにけんかしない
体を効率よく使うための基本的なルールです。

腕が力んでいる人は、先ほどの綱引きの話のように、使うべき
タイミングで、使うべき筋肉を正しく選択できないために、
無駄な労力だけが大きくなって、目的(理想のバックスイング)が
効率よく果たせなくなってしまっているのです。


腕の力みが取れないという人は、
トップに向けて左ひじを軽く曲げ、右手の指を軽く開いて練習して
みましょう。
正しい筋肉が選択的に働くようになりますよ。

谷口徹選手や杉原輝雄選手がいいお手本です。

コイリング(全身を一本の繋がりあるゴムのように使うための体の
ねじり方)についてもっと知りたいという人は、なかなか言葉だけで
正確に動作をお伝えするのは、限界があるので、是非レッスンを
受けに来てください。

効率的な身体の使い方をお伝えします。
正しく体を使えば、スイングは、劇的に変わります。

ただ今初回半額キャンペーン中です
lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

バックスイングで腕がつっぱります

小指を支点に振ってみよう

バックスイングがうまく上がらなくて、どうしても力んでしまい
ます。ミケルソンのように腕を柔らかく使えるようになるためには、
どのようなことに注意すればいいでしょうか?

といったご質問を頂きましたので、今回は腕が柔らかく使えるよう
になる為のポイントを紹介します。

バックスイングで悩んでいる人は、テークバックを真っすぐ引く
とか、ハーフウェイバックでフェースは背骨と平行にする。
といったように、一瞬の形を気にし過ぎる人が多いように感じます。

※ちなみに、人それぞれに筋肉の張力バランスや、グリップが違う
 ので、万人に共通する、これが正しいといったようなフェースアングル
 は存在しません。
 なので、フェースアングルから逆算して体の動きを考えてしまうと、
 その人の体に合った動きにならないということが、よく起こります。

 とても重要なことです。
 
~遠心力を感じる~
腕を柔らかく使えるようになるためには、遠心力を感じることが
必要不可欠です。
おすすめの練習は、以前本ブログでも紹介したタオル素振りです。[広告] VPS
バックスイングではタオルが、右の首の付け根に巻き付くように、
フォローでは左の首に巻き付くように振ります。

この時、遠心力を感じやすくするためには、
左手の小指だけをしっかり握って、タオルを振のがポイントです。
そして、
左手の小指を支点に、タオルを振った時に、どのタイミングで、
どの方向へ、手・手首・肘が、動かされるかを感じながら行います。

できるだけ腕の力を抜いて、フィニッシュからトップへと連続で
行います。

慣れたら、実際にクラブでも同じイメージで素振りをしてみましょう。
腕を柔らかく振るイメージがつかめますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR