左ひじを曲げて右手を開く

実際のスイングで腕を柔らかく使うコツ

先日紹介した腕の振り方のエクササイズ(クラブを走らせる腕の
振り:木の棒をうまく走らせる)のように、クラブを振るコツは
ありますか?

といったご質問を頂きましたので、簡単なコツを紹介します。

レッスンをしていても腕や手首の力がなかなか抜けずに、クラブを
効率よく走らせることができていないという人はとても多いです。

そういった人には、
トップに向けて、左ひじを曲げて(軽くたわませて)、
右手の指を軽く開くように
練習してもらいます。

腕の力が抜けないということは、余計なところに力が入っている
ということです。
綱引きのように、反対方向に物を引っ張り合いながら、物を動か
そうとしている状態です。

左ひじが突っ張るという人は、上腕三頭筋という肘を伸ばす働き
のある上腕部の筋肉が働き過ぎています。
また、手首が硬いという人は、右のグリップを握る筋肉(握りこむ)
が働き過ぎています。

通常バックスイングでは、左の上腕三頭筋は使いません。
肘を曲げる筋肉、上腕二頭筋を使います。
また、右手の筋肉は、握りこむ筋肉は使いません。
右手の筋肉は、手のひらを開く作用のある筋肉の繋がりを
使います。

これは、つま先から指先までの体の筋肉の繋がりにけんかしない
体を効率よく使うための基本的なルールです。

腕が力んでいる人は、先ほどの綱引きの話のように、使うべき
タイミングで、使うべき筋肉を正しく選択できないために、
無駄な労力だけが大きくなって、目的(理想のバックスイング)が
効率よく果たせなくなってしまっているのです。


腕の力みが取れないという人は、
トップに向けて左ひじを軽く曲げ、右手の指を軽く開いて練習して
みましょう。
正しい筋肉が選択的に働くようになりますよ。

谷口徹選手や杉原輝雄選手がいいお手本です。

コイリング(全身を一本の繋がりあるゴムのように使うための体の
ねじり方)についてもっと知りたいという人は、なかなか言葉だけで
正確に動作をお伝えするのは、限界があるので、是非レッスンを
受けに来てください。

効率的な身体の使い方をお伝えします。
正しく体を使えば、スイングは、劇的に変わります。

ただ今初回半額キャンペーン中です
lesson@yama-pt.com まで、ご連絡ください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

バックスイングで腕がつっぱります

小指を支点に振ってみよう

バックスイングがうまく上がらなくて、どうしても力んでしまい
ます。ミケルソンのように腕を柔らかく使えるようになるためには、
どのようなことに注意すればいいでしょうか?

といったご質問を頂きましたので、今回は腕が柔らかく使えるよう
になる為のポイントを紹介します。

バックスイングで悩んでいる人は、テークバックを真っすぐ引く
とか、ハーフウェイバックでフェースは背骨と平行にする。
といったように、一瞬の形を気にし過ぎる人が多いように感じます。

※ちなみに、人それぞれに筋肉の張力バランスや、グリップが違う
 ので、万人に共通する、これが正しいといったようなフェースアングル
 は存在しません。
 なので、フェースアングルから逆算して体の動きを考えてしまうと、
 その人の体に合った動きにならないということが、よく起こります。

 とても重要なことです。
 
~遠心力を感じる~
腕を柔らかく使えるようになるためには、遠心力を感じることが
必要不可欠です。
おすすめの練習は、以前本ブログでも紹介したタオル素振りです。[広告] VPS
バックスイングではタオルが、右の首の付け根に巻き付くように、
フォローでは左の首に巻き付くように振ります。

この時、遠心力を感じやすくするためには、
左手の小指だけをしっかり握って、タオルを振のがポイントです。
そして、
左手の小指を支点に、タオルを振った時に、どのタイミングで、
どの方向へ、手・手首・肘が、動かされるかを感じながら行います。

できるだけ腕の力を抜いて、フィニッシュからトップへと連続で
行います。

慣れたら、実際にクラブでも同じイメージで素振りをしてみましょう。
腕を柔らかく振るイメージがつかめますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

トップを意識してもなおりませんよ

オーバースイングで見るべき3つのポイント
 
スイングの治し方でご質問をいただきましたので紹介します。
『Q』いつもオーバースイングに悩んでいるのですが、トップを
小さくしようとするとスイングがバラバラになってしまうの
ですが、どのように体の使い方を変えればいいのかわかりません。

といったご質問です。

実際にスイングを見ていないので明確なことは言えませんが、
スイングを根本から治すためには、やはり体の使い方に目を
向ける以外に方法はありません。

~オーバースイングでチェックすべき3つのポイント~
◆バックスイングで軸が傾いていないか?
 体の右サイドが浮いたり、軸が左倒れする(リバースピポッド)と
 軸の傾きがオーバースイングの原因になります。
◆腕と軸の関係はどうか?
 本ブログでも紹介していますが、腕の正しい使い方ができていない
 ケースでは、腕を動かし過ぎることで、オーバースイングを誘発
 することがあります。
◆力を入れるタイミングは合っているか?
 スイングは、2モーションです(バックスイングとフォロー)。
 ですから、力を発揮するべきは、上げる時(テークバック)と
 打つ時(インパクト)です。ブランコと同じです。
 オーバースイングの人の特徴は、切り返しで力が入ります。
 根本的な理由は手打ちにあるのですが、このように力を入れる
 タイミングが外れている人は、永遠にオーバースイングから解放
 されることはありません。

通常この3つのポイントを確認し、調整すれば、スイングに
悪影響となるようなオーバースイングは必ず改善されます。

ちなみに、オーバースイングが問題となるのは、上体の回転と腕の
振りが合っていない場合のみです。

全英オープンで大活躍したミケルソン選手は、見た目はオーバー
スイングですが、体の回転と腕の振りが調和しているので、完璧な
インパクトを迎えています。彼のような体の使い方であれば、一般的に
オーバースイングが問題になるということはありません。
本当に皆さんにおすすめのスイングをしている偉大なプレーヤー
ですね。

次回は、ミケルソンのスイングを解剖していきましょう。

皆さんが、彼のどこをまねればいいのか?
どこがまねられるのか?

スパイラルメソッドでお伝えしている体の使い方を完璧に実践して
いる彼のスイングからいくつかのヒントをお伝えしていきます。


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

腰から戻す?

下半身リードがうまくいかない その2

先週に引き続き、下半身リードについてご質問をいただきました
ので紹介します。
現在レッスンを受けているのですが、ダウンスイングで、手を
下そうとするのではなく、腰を先に戻すように意識するように
言われています。しかし、なかなか思うようなダウンスイングの
感じがつかめません。
どうすれば、下半身のリードが感じられるようになれますか?
といったご質問です。

ひざを戻す・・・
腰を戻す・・・
このように下半身リードを意識している人、多いですね。

~下半身リードは何のために行うか?~
◆下半身リードは、重心移動で得たエネルギーを効率よくボールに
 伝える。
◆軸足を左に切り替えることで、インパクトからフォローの回転運動
 を安定させる。

つまり、下半身リードで最も重要なことは、ひざや腰を先に戻す
といったことではなく、右から左への正しい重心移動を行うこと
です。

『正しい重心移動をした→自然にひざや腰が先行して動いた』
が正解。

『ひざや腰を先行して動かす→正しい重心移動ができた。』とは、
まずなりません。

多分ご質問者様は、腰の動きに意識が集中して、重心移動が
できていないことが下半身リードがうまくいかない原因だと思われ
ます。

以前紹介したヒップターンの練習がおすすめです。
重心移動を感じることに意識を向ければ、下半身リードは自然に
できるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

下半身リードがうまくいかない

下半身にエネルギーをためる!

下半身リードを意識しているのですがうまくいきません。
下半身リードをうまく行うポイントなどないでしょうか?
といったご質問をいただきましたので、今回は、下半身リード
のポイントについて紹介します。

~下半身リードのために必要なこと~
レッスンをしていてよく見かけるのは、
バックスイングで下半身が全く使えていない『手上げ』にも
関わらず、切り返しから突然、無理やり左ひざを動かしたり、
腰を振り戻したりする『なんちゃって下半身リード』です。

これでは下半身と上半身の動きがバラバラになるだけです。

理想的な下半身リードでは、ひざや腰を無理やり動かしたりは、
しません。

動作は、作用反作用の関係で行われます。
ダウンスイングで自然な下半身リードが行われるには、
バックスイングの段階で、自然な下半身リードが行えるための
エネルギーが下半身にたまっていることが必要条件となります。

以前、背骨を軸に回転運動を行えば、軸を動かすことなく重心を
左右に動かすことができるということを紹介しましたが、
バックスイングで、下半身にエネルギーをためるポイントは、
『右足を軸に左の骨盤をしっかりと回すこと:重心移動』です。

下半身リードがうまくできないとお感じの人は、
まずは、この左の骨盤をしっかりとバックスイングで動かす事に
集中してみましょう。切り返しから、自然に左の骨盤が振り戻り、
理想的な下半身リードができるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR