ロースピンショットのフォローVer.2

ボールの捕まり過ぎを防ぐフォロー
今日は、レートヒッティングを強調したショット時に、ボールの捕まり
過ぎを抑えるフォローのさばき方について紹介します。

先日ボールを捕まえる時に、必要な要素として、クラブシャフトを
立ち上げていく事を紹介しましたが、ボールの捕まりを抑えるには、
このクラブのシャフトの立ち上がりを、極力抑えればいいと言う事に
なります。

~図をご覧下さい~
ハンドファーストなインパクト
『ボールを捕まえる』        『ボールの捕まり過ぎを抑える』
ボールがしっかりとつかまるフォロー ボールのつかまり過ぎを防ぐフォロー
ハンドファーストなインパクトを迎えた後は、インパクトの状態を、
ボールを打ちぬいた後も、なるべく維持します『右図:赤矢印』
この為フォローで、インパクトのシャフトラインに沿ってクラブヘッド
が上がってくるのが分かります。
この動きのポイントは、『軸・肩の回転要素をより多く使う』と言う事
になります『右図:水色矢印』
先日紹介した捕まえる時のフォローの動き・クラブヘッドの軌道と、
見比べて下さい。
フェースローテーションも抑えられていますね。

~動きを見てみましょう~[広告] VPS
フォローで、軸(骨盤、背骨)・肩の回転要素をより使う為に、右手
前腕部のターンオーバーが、インパクトからフォローにかけて
小さくなります。
この作用で、ボールの捕まり過ぎを抑える事が可能になります。

軸(骨盤、背骨)・肩の回転要素を強調する事を『腰を切る』
と表現したりしますが、この動きを、より強調すれば、若干左に
曲がる、低く抑えたフェード系のボールを打つ事も可能です。

難易度の高いショットですが、是非、挑戦してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ロースピンショットのフォロー:Ver.1

ボールをしっかりと捕まえるフォロー

通常のショットと同様に、低くボールを抑えたショットにおいても、
ボールの捕まりを良くする方法と、捕まり過ぎを抑える方法があります。
そこで今日はロースピンショット時に、ボールをしっかりと捕まえたい
時のフォローについて紹介します。

以前、通常のスイングで、ボールをしっかりと捕まえる時に必要な要素
として『フォロースルーで、クラブシャフトを立ち上げる』と言う事を
紹介しましたが、基本原理は同じです。

~図をご覧下さい~
ハンドファーストなインパクト ボールがしっかりとつかまるフォロー
ハンドファーストなインパクトを迎えた後は、
リストワークのカテゴリーで以前紹介した様に、『水色矢印の方向』
手首を立てていきます。結果、クラブシャフトは、『赤矢印の方向』に、
立つ事になります。
巷で言われる『右手首の角度をキープする』と言う動きがこの動きです。
*リストワークは、以前のブログをご覧下さい。

~動きを見てみましょう~[広告] VPS
通常のロースピンショットでは、左手首の動き(リリース)を抑える分、
インパクト後の右手前腕部のターンオーバーが大きくなります。
この動きによりクラブフェースがかえり、ボールをしっかりと捕まえる
事が可能になります。
*ターンオーバーは以前のブログでも紹介しましたが、左前腕部を
右前腕部が越していく動きです。

コーチングをしていると、右手の角度をキープする事だけに注目して
腕を突っ張ってしまう方がいますが、これでは、ターンオーバーを
上手く活用出来ません。
ボールをしっかりと捕まえるには、ターンオーバーが必要不可欠です。

次回は、上級者テクニック、ロースピンのボールの打ち分け方Ver.2
『ボールの捕まり過ぎを抑えるフォロー』を紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ロースピン:手首のさばき方

ロースピンのリストワーク

ロースピン『レートヒッティング』は、インパクトでリストワークを
極力抑え、ハンドファーストのインパクトを迎える事がポイントである
事を紹介しました。

但し、
リストワークを抑えると言う事は、単純に、手首を固めて使わないと
言う事では実現しません。

とても誤解し易い部分なので、今日は通常のスイングと、レートヒッテ
ィング時のリストワークの見かけの違いを紹介します。

先週も紹介しましたが
ロースピンのショットは、アドレスが少しハンドファーストになりますが
体(身体パーツ)の基本的な使い方は、通常のショットと同じです。

スイングの動きに変化が見られるのは、腕のセッティングが、違うと
言う事と、体(身体パーツ)を使う『タイミング』と『量』が、少し
変わる為です。

軸の回転と肩・腕の振る『量』を増やす事で、手首の使う『タイミング』
を遅らせる事が出来る。
結果ロフトを立てたインパクトが可能になると言う事です。

~動画を見比べて下さい~
『通常のスイング時のリストワーク』[広告] VPS
『ロースピン時のリストワーク』[広告] VPS
ロースピンのリストワークでは、リリースポイントが通常のスイング
動作に比べ、遅れています。
*リリースポイント=クラブがほどかれるタイミングです(手元が先行
 している分、リリースポイントはボールを打ち抜いた後、という事に
 なります)。

巷では、このタイミングの遅れを指して、
『右手首の角度を維持してインパクトをする』と表現します。

でも、気を付けて下さい。
このようにアドバイスされると右手首の動き方に注目したくなりますが、
手首の動きだけでは、レートヒットは出来ません。

基本的な手首の使い方は、どちらのショットも同じですから、
以前のブログ『リストワークの基本』を参考にして下さい。

次回は、レートヒッティングの練習方法を紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ロースピン:ハンドファーストにインパクトする為に

ロースピンのメカニズムについて紹介

先日動画でも紹介しましたが、
ロースピンのショットでは、通常のショットに比べ、インパクトを
よりハンドファーストな形で迎える事になります。

しかし・・・・

「ハンドファーストで打とう」と手元ばかり気にしても、なかなか上手
くいきません。

~図をご覧下さい~
ロースピンのアドレスとインパクトのイメージ図です。
*左足は、やや開きます。
*インパクトでは、よりハンドファーストな位置でボールを捉えます。
ロースピンのアドレス ロースピンのインパクト
この様に、『レートヒッティング』を実現する為には、
◆軸の強く素早い回転
 =フットワークをしっかりと使う
◆ダウンスイングでクラブヘッドの慣性を感じる
 =切り返しで十分にクラブの重さを感じ、『タメ』の利いたダウン
  スイングをする
◆手首の動きを抑える分、インパクトからフォロースルーにかけて
 肩周囲の動き(腕の振り)をより使う。

と言う事がポイントです。

インパクトで手首のリリースを抑制する分を、『軸の回転』と
『肩(腕)の振り』で、カバーする事になります。

コーチングをしていると『コッキングをほどかない』と言う部分だけ
に注目して、手首を固める事だけに注目して、低く抑えたボールを
打とうとする方がいますが、それだけでは、『腕のりきみ』が増す
だけです。

次の動画のようになってはいませんか。[広告] VPS
軸の回転が不安定だと、ボールにぶつけて終わりと言ったインパクト
になってしまいます。

ハンドファーストの状態でスムースな振り抜きを実現する為には、軸の
回転(フットワーク)と、肩周囲のフォローワークが必要不可欠です。


次回は、通常のショットと、ロースピンの手首のさばき方の違いを
紹介していきます

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ロースピンの打ち方

ロースピンの打ち方

以前、軸の操作でする低いボールの打ち方を紹介しましたが
今日は、より低く強いボールで、且つ止まる『ロースピンの打ち方』
を紹介します。

今までのブログを御覧になって頂いていれば、
アドレスのセッティングを変えるだけなので、ショートアイアンの
ロースピンは、比較的簡単に打てると思います。
是非トライしてみて下さい。

通常よりもハンドファースト且つ、ややハンドダウンで構えます。
ボールは、右目に置きます。アドレスの腕のセッティングが、少し
変わる分、クラブの動き方にも変化が見られますが、
腕や体の基本的な使い方は、特に変わりません。

では、動き方を紹介します。[広告] VPS
スロー再生すれば分かりますが、手元がボールを超えても
インパクトを迎えていません。(下の図の様な状態です)
ロースピンのインパクト
この為クラブフェースを立てた状態でインパクトを迎える事が可能と
なり、低いスピンの利いたボールが生まれるのです。

この様に、ハンドファーストでボールを捉える技術を
『レートヒッティング』と呼んだりします。
今回紹介しているロースピンや、パワーフェードを打つ時に使う
テクニックです。

『レートヒッティング』の重要なポイントも『フットワーク』に
あります。

具体的なメカニズム・打ち方・練習方法については、次回のブログで
紹介していきます

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR