それ、ヘッドの重心感じてませんよ!

ドシャットなテークバック

前回、スイングでは、正しい体の使い方と、クラブ自体に発生する
力を統合させる必要がある、そして、そのためには、まずクラブ
ヘッドの重心を感じることが最重要課題です。ということを紹介
しました。

今回は、ヘッドの重心が感じられていないためにおこるよくある
ミスモーションを紹介します。

~ドシャットに上がるバックスイング~
「テークバックは低く長く。」
「テークバックは30㎝フェースを真っすぐ引く。」
これを忠実に再現しようとしている人が良く陥ります。

『シャットなテークバックはヘッドの重心を無視』
シャットに上がるテークバック
テークバックの動きを小手先の動きで操作しようとすると、
必要以上にグリップや手首の動きが硬くなり、手先の筋肉の緊張
とともに、クラブヘッドの重心が感じられなくなります。

この為、クラブヘッドの重心を使ってクラブをスムースに始動
することができなくなり、クラブヘッドの動きや、フェースロー
テーションが体の動きに対して遅れ、体の動きと全く連動しない
シャットフェースのテークバックになってしまうのです。

~始動のシャット感を直すためにすること~
シャットフェースなテークバックになっている人によく見られる
対策方法が、小手先の動きで、フェースを開いてあげようとする
取り組みです。
しかしこれは、腕の逆コイルになるので、最悪のパターンです。
スイングが必ずバラバラになります。やめましょう。

私のレッスンを受けている人は、お分かりだと思いますが
テークバックが低く長くなるのは、クラブヘッドの遠心力によって、
リラックスした腕や肩の関節が引き伸ばされることで自然に起こる
現象です。また、フェースローテーションは、腕のコイリング(筋肉
のねじれ)作用によって自然にコントロールされることです。


『理想のテークバックはヘッドの重心を効率よく使う』
遠心力を感じたテークバック
テークバックのドシャット感は、ヘッドの重心を感じる事で、大体
治せます。ヘッドの重心が遠心力で加速され、自然な円運動を描く
のをしっかりと感じ取ってみましょう。

感じられないという人は、是非レッスンに来てくださいね。
ただ今初回半額キャンペーン中です!


次回は、ヘッドの重心が感じられていないためにおこるよくある
ミスモーション その2を紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

始動・クラブと一体感取れてますか?

手上げになっていませんか?

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


始動についてご質問を頂きましたので紹介します。
テークバックは、クラブシャフトが逆にしなるくらい
クラブを勢いよく動かし始めたほうがいいと言われたのですが、
これを意識しすぎると、オーバースイングになってしまいます。
というご質問です。

始動はスイングの要となる部分です。とても重要ですね。

スイングの始動で重要なポイントは、
クラブと一体感を持つことであり、このためには、体全体で
クラブを動かし始めることが求められます。

ご質問者の方のように、テークバックを早く意識すると
オーバースイングになってしまう、という人は、手上げになって
いることが非常に多いです。

手上げになっていないか確認してみましょう。

~一体感、取れてますか?~
アドレスをしっかり取り、クラブヘッドで、ふすまのような
スライド式の戸(黄色枠)を矢印の方向(赤色)に開けて
みましょう(緑〇)
クラブで押す

この時、腕の力だけで開けようとした人は要注意です。

左の足は、地面をしっかりと押していますか?
お腹の周りの筋肉は、上体を右に回す方向に使えていますか?

オーバースイングになる人の多くは、足で地面を押せていません。
お腹周りの筋肉が体を回す方向に使えていません。
この為、腕だけが暴走してバックスイングを行う結果、緩んだ
オーバースイングになるのです。

是非、体全体で始動する感覚を練習してみてください。
動き始めはとても大事ですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

首と肩の捻転差

いい手打ち、ダメな手打ち

今回は手打ちについて紹介します。
よくレッスンをしていても、ボディーターンという言葉を意識
するあまり、腕はあまり使わないほうがいいと誤解されている人
が多いです。
しかし多少確実性(ミート率)は低下しますが、腕はしっかり
振ったほうが 確実に飛距離アップ します。

~いい手打ち、ダメな手打ち~
いい手打ちは、肩が背骨を軸に回転しながら行っている手打ち
です。
でんでん太鼓のように、芯が回転する遠心力を感じながら手を
振っている状態です。
一方、ダメな手打ちは、肩がほとんど回転することなく腕だけで
クラブを振り上げてしまっている状態です。
このようなケースは、バックスイングで上体が伸び上がり、
鍬で畑を耕すような動き になってしまいがちです。

~ダメな手打ちをいい手打ちに変える方法~
ダメな手打ちをしている人の共通点は、
背骨を軸にした回転運動が出来ていません。
肩を動かす方向が間違っています。
ですから、まずは肩の正しい回転方向を練習します。
頭を壁につけて、背骨の前傾角度を感じながら、背骨に対して
垂直に肩を回してみましょう。両手は胸の前に組んで行います。
なるべく顔を正面に向けたまま行います。
また、
肩がうまく回らない人は、
肩と頭が一体化してしまい、肩の動きに頭が、一緒に
ついていってしまう傾向があります。

バックスイングでは、肩は右に回りますが、この時首は肩に
対して左に回転します。この当たり前の動きが、肩が
そっぽに動いてしまう人はできていません。
ですからこの練習では、
始動で、首が肩に対して左にねじられるのを感じとる事が
重要です。

始動で、この首と肩の正しい捻転差を感じられると、肩は
どんどん正しい方向に回せるようになります。
※頭と肩の捻転差(首の回旋運動)は、個人差が大きいので、
体の硬い人は無理をせず、始動だけ意識しましょう。

肩の正しい回転方向がわかったら、肩の回転に合わせて
腕を振ってみましょう。
肩が正しく回転してくると、遠心力の作用で、腕は更に素早く
加速しながら振れるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

心地よく始動するために

自分にあった始動の仕草を探そう

ゴルフスイングの難しさは、この始動に集約されていると言っても
過言ではありません。
野球や、テニス、バトミントン、それらは、どれも飛んでくるもの
に始動のタイミングを合わせるということが出来ますが、ゴルフは
それが出来ません。
常に、自分が動き出しのタイミングを作らなくてはいけません。

普段練習場では、何発も同じ状況下でボールを打つことができる
ので、始動について深く考えることもなく、漠然とスイングの課題
にのみ取り込むことが多いと思いますが、実際のコースでは、常に
一発勝負です。

~心地よい始動を手に入れる~
一発勝負のショットの成功の確率を上げるためには、
ストレスなく始動出来る事が非常に重要なポイントになります。
スパイラルメソッドでは、プレショットルーティンとして頸部の
回旋に伴う立ち直り反応を利用したものを推奨していますが、
他にもいろいろな方法があります。

◆右膝を飛球方向へ押し込んでからテークバックをする
◆手首を飛球方向へ押し込んでからテークバックする
◆つま先を交互に浮かし、右の足指を地面につけるタイミングで
 テークバックをする
◆手首を一旦下に押し込んでからテークバックする
◆クラブヘッドをヘッド一個分前方に突き出してからテークバック
 する

これらは実際にツアープロが始動で行っている仕草の例です。

始動は、背骨を軸に静かにクラブヘッドから始める。といった固定
概念に縛られず、どんどん自分がスイングし易くなるような仕草を
いろいろ探してみてください。
スイングをメカニカルに仕上げる事以上に大切なことですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プレショットルーティーン

今日は、始動についての
        取り組み方を紹介


先週『ゴルフスイングの始動は、全身で行うもの』であり、
体の部分、部分が、タイムラグを持って動くような動作は、
効率的ではない、という事を紹介しました。

ゴルフスイングの中で、始動は、
非常に難しいテーマとしてあげられます。
『静』から『動』へ移るタイミングを
自分で作り出さなくてはなりません。
他の競技と一番異なる部分です。

ジャックニクラウスのチンバックは、大変有名でが、
一流選手の多くは、スムーズなスイングの始動を
獲得する為に、『さまざまなきっかけ作り』を行っています。
60歳にして、現在もメジャーで活躍する
トムワトソン選手もゴルフスイングは、
『初めの10cmで決まる』という程、
始動の重要性を説いています。
*チンバック:あごをバックスイングの方向に回す動作

しかし、コーチングをして感じるのですが、
プロも含め、ほとんどのアマチュアのゴルファーは、
この『始動』について、あまり取り組んでいません。
スイング開始まで、アドレスの状態で
固まったまま、じっとしている事が非常に多く見られます。

練習場で、目の前のボールをひたすら打ち続け、
飛んだ、飛ばないといった練習が中心になる
日本のゴルフ練習環境も影響しているのでは
ないでしょうか。

私は以前、ゴルフのコーチングを受ける為に
オーストラリアへ行った事があります。
そこは、1ラウンド1000円程度で回れるコースが
たくさんあり、また1カ月の打ちっぱなし代は、
芝の上からいくら打っても10000円もしない、そんな
環境でした。もっぱら練習は、オーストラリア人
としていましたが、そこで、一番印象深かったのは、
『プロもアマチュアも、ターゲットに対する意識が
高い』
という事でした。

私自身、コーチングを受ける中で、
一番、指摘を受けた事ですが、
スイングの動き方ばかりに気持ちが奪われ、
ターゲットに対する意識や、
スイングをスムーズに行う為の準備が、
不十分だったのです。


当たり前の事ですが、釘を打つ時も
釘の打ち込む方向や深さが明確であって、
初めて、振り上げ方や振り下ろし方、
その力加減までもが、決まるのです。


ですから、ゴルフスイングを始める前に
まず強く意識しなくてはいけない事は、
ターゲットへの意識です。
ターゲットまでの弾道の軌跡をしっかりと
イメージする事が重要です。

そして、その方向や強さがイメージ出来た上で
ゴルフスイングをスムーズに行う為の
きっかけ作りに取り組む事です。

『ゴルフスイングを始める前に、やるべき準備が
山ほどあります。』


「さて、バックスイングは、どっから動くかな。」
ってそれだけ考えて、練習場の打席に立っている方は、
要注意ですよ。


明日は、これらの練習方法について、紹介していきます。
スムーズなゴルフスイングのきっかけ作りに取り組んで
気持ちよくターゲットを狙いましょう



やまPT 押してくださいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif


プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR