ヘッドの重心感じてますか?

クラブ自体に生まれる力

今回は、捕まったボールを打つために必要なポイントを紹介します。

いくら体の動かし方が正しくても、ヘッドの重心の動きを感じられて
いないと、クラブに対して、自分の体の動きをどのように合わせれば
いいのか、理解することはできません。

クラブがスイング中にどのように動きたがっているかを知る事は、
自分の力を効率よくクラブそして、ボールに伝える為に非常に重要な
ポイントになります。

~クラブヘッドの重心~
クラブヘッドの重心は、当然、シャフトから離れた位置にあります。
これを重心距離(青矢印)と表現します。
重心距離
最近のクラブは重心距離が遠くなったので、ヘッドがかえり辛い
なんていうことを聞いたことがあるのではないでしょうか?

~ヘッドの重心を感じてみよう~
クラブを左手の小指で握ったら、そこを支点に、振り子のようにクラブ
を左右にゆすってみましょう。[広告] VPS

クラブの重心(赤丸)が遠心力に引っ張られ(赤矢印)、クラブヘッド
の先がシャフトを軸に、自然に開閉するのが感じられると思います。
フォロー時の遠心力の作用 バックスイング時の遠心力の作用
このように、クラブヘッドの重心が、遠心力によって、クラブヘッドを
自然に開閉してくれる作用が、捕まったボールを打つうえで非常に
重要な要素になります。

スイングでは、正しい体の使い方と、クラブ自体に発生する力を
統合させる必要があります。
そのためには、まず、このクラブヘッドの重心を感じることが
最重要課題です。


ヘッドの重心を感じられれば、どんどん遠心力を利用し、クラブ
ヘッドを効率よく走らせることができるようになりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右足にまっすぐ乗せない

傾いた見かけの軸:床反力

今回は、前回に引き続き『痛いデコピン』のような飛ばしに必要
な体の使い方のポイントを紹介します。

~右足にまっすぐ乗らない~
アドレスで構えた右の母趾球から首の付け根までのライン(赤線)
をイメージしたら、そのラインの傾きをできるだけ保持しながら
体を回していきましょう。
振り子で痛いデコピン
そうすることで、重心(黄色丸)を先ほどのラインに対して、
振り子のように、使うことが可能になります。
バックスイング中に、重心が常に左に落ちたがっている状態を
作ることで、左足へのスムースな重心移動が可能になります。
軸もぶれないためインパクトの再現性も高まります。

多くの人は、右の股関節の上に重心を乗せてと意識していますが、
右の股関節の上にまっすぐ乗る意識は、先ほどのラインを
バックスイングで鉛直(地面に垂直)に傾けることをさします。
これでは、右の股関節の上で重心が釣り合ってしまうので、意図
的に重心を振り戻さなくてはいけなくなります。
まさに痛くないデコピンと同じ動きの原理となってしまいます。
また、軸(背骨)が大きくぶれてしまう為、インパクトの再現性も
非常に低くなります。

是非、右のラインを意識してみましょう。
ダウンスイングの踏み込みが自然に出来るようになりますよ。

軸の操作については、心技体の方程式でも紹介しています。
興味のある方は、『移りゆく3本の軸』を参考にしてください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

痛いデコピン・痛くないデコピン

ぶっ飛びスイングを作ろう

今回は、効率よく飛ばすということについて紹介していきます。
次の動画を見てみましょう。

痛いデコピン[広告] VPS

痛くないデコピン[広告] VPS

飛ばしのメカニズムに必要なのは
痛いデコピンのような体の使い方です。

一生懸命トップの位置で鏡とにらめっこしている人は、間違い
なく痛くないデコピンのような体の使い方になっています。
バックスイングのためのバックスイングになっています。
これでは、いくら頑張っても強い力を伝えることはできません。

それでは、この痛いデコピンのように体を使う方法を紹介して
いきます。
ポイントは、
足のグリップ、軸の傾き、そしてタメです。

今回は、足のグリップから紹介します。

~右膝じゃなくて、足部を意識~
バックスイングでは
足部のグリップによって体の回転(赤矢印)と逆のトルク(水色
矢印)を発生させる事で、効率よく張力を活性化させます。
よく右膝を止めて、と意識する人がいますが、これはお勧めでき
ません。膝は、バネ、クッションです。
よほど体がニュートラルにコントロールされている人以外は、
膝は、動きの歪を逃がす役目を担っているので、ある程度動くの
が自然です。
足のグリップで意識すべきポイントは
右の母趾球がめくり上がらないこと(右黄色矢印)。
左のかかとが体の回転につられて外側に回らないように、むしろ
内側に押し込むように我慢する事(左黄色矢印)。
です。
足のグリップ
これにより、バックスイングで効率よく体をねじりあげることが
可能になります。
きつい人は、この2つのポイントを抑えながらヒールアップを
どんどんしましょう。

次回は軸の傾きについて紹介します

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

遠心力を最大限に活用する為の基本的なルール

『遠心力』を最大限に活用する為に

先日、スイングは円運動であり、フェース面の向きを変えずに
直線的に引けるものではない。あくまでも感覚論である。
テークバックでシャットフェースとなっている方
バックスイングで右ひじのたたみが遅れ両腕が突っ張る方は
無理にテークバックを低く長くまっすぐに引こうとしている事が
原因かもしれない。
あくまでも『低く長いテークバック』は、
安定した軸運動・遠心力を感じたテークバックの産物であり、
このようなテークバックを実現する為には、十分に遠心力を活用
する必要がある。そして、その最たるお手本として、ミケルソン
選手のテークバックを上げました。

今日は、遠心力を最大限に活用する為の基本的なルールを紹介
します。
基本的なルールは、2つです。
遠心力に拮抗する力は、皆さんご存じ『求心力』です。
遠心力を最大限に活性化させる為には『求心力』が十分に働く
必要があります。
ですから一つ目は、
◆スイングにおける求心力=『軸』の安定となります。
簡単に言うと、スイング軸『背骨』を安定させましょう。
頭を左右になるべく動かないようにしましょう。という事です。
今月のブロマガ『心技体の方程式』で『軸』について詳しく
紹介していますので、興味のある方はそちらをご覧下さい。
そして2つ目は、
◆腕の振り方です。
なるべく力を入れないように振りましょう。
腕の振りは、軸の回転によって振り回される事で加速されます。
この為には腕の力みを徹底的に排除する事が必要です。
但し、力まない=ただ力を抜けばいいというものではありません。

ではどうするか?
次回は遠心力が感じられるようになる腕の振り方のポイント
について紹介します。お楽しみに

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

だから、重心移動が分からない。

『重心移動』を3次元にとらえよう

歩いている時の重心移動がどのようになっているか
皆さんはイメージ出来ますか?
「右、左、右、左・・・・と繰り返されている?」
皆さんそう思いますよね。
コーチングしてきたインストラクターやプロ達も、皆、そう
答えていました。

確かに間違いではありませんが・・・・

今日は皆さんにとって、もっとも身近な身体活動の一つである
『歩行』について、その重心移動を紹介します。

~図をご覧下さい~
『赤丸』が身体重心です。
右足のかかとが地面についてから、再度右足のかかとが地面に
着くまでの重心の動きを表した図です。
『黄色の線』の入っている図は、歩行を上から見ています。
歩行の重心軌跡S
①は、右足のかかとがついた瞬間です。
 重心は中央で下方に位置します。
②は、、右足(ひざ)がしっかり伸びている時です。
 重心は右上方に位置します。
③は、左足のかかとがついた瞬間です。
 重心は中央で下方に位置します。
④は、左足(ひざ)がしっかり伸びている時です。
 重心は左上方に位置します。
⑤は、再度右足のかかとがついた瞬間です。
 重心は中央下方に位置します。

如何ですか?
普段何気なくまっすぐ直線的に動いているように感じている
『歩行』ですが、
重心は、左右だけではなく上下にも動いているのです。
『上図左上:水色四角内の赤丸の動きをご覧下さい』

次の図を見て頂ければ、重心の上下の動きも良く分かりますね。
上図の番号と動きを照らし合わせてみて下さい。
歩行の重心軌跡『横』S
このように3次元的な重心移動を理解する事は、動作を正しく
導く上で必要不可欠な事です。


私は、臨床家として様々なリハビリに携わっていますが、
膝が痛い、腰が痛い等の症状では、この正常な重心移動(軌道)が
容易にゆがんでいます。ですからここを調整します。
またこの事は、逆も言えます。
ゆがんだ重心移動(軌道)を放置すると、動作をゆがませ、関節
ストレスを生み障害を誘発するリスクを高めます。

このメカニズムは、あらゆる動作に当てはまります。
ゴルフも同様です。
重心移動が正しく機能していなければ、スイングとしての効率は
悪くなり、逆に重心移動が理想的なものであれば、容易に効率的な
スイングが獲得出来るという事になります。


残念ながら巷には、この情報が全くありません。
ですから、ブロマガ『心技体の方程式』で、
『ゴルフスイングの3次元的な重心軌跡』
を紹介します。
興味のある方は、ブロマガ『心技体の方程式』をご覧下さい。
詳細は・・・・・『右のリンク』から、お入り頂けます。
  

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR