FC2ブログ

バランスよくスイングするために・・・

バランスよくクラブの重さを感じよう

今回はバランスの良いアドレスが取れるようになる為の簡単な
トレーニングを紹介します。

スイング動作は、全身運動なので、バランス良くスイングをする為
には、スイングのスタートと同時に体全身に動きのスイッチが入る
事が理想です。
その為には、アドレスの時に全身でバランスよくクラブの重さを
支えていることがポイント
になります(バランスの良いアドレス)。

~全身でクラブの重さを感じてみよう~
はじめに、クラブの先端をどこかにひっかけて(ソファーの下等)
クラブヘッドを上に持ち上げるように力を加えます(縦コックの
方向です:赤矢印)。
バランスよく支えているか確認!
如何ですか?
ほとんどのアマチュアの人は腕ばかりに意識が向いたのではない
でしょうか?

では次に、この状態を保ったまま、体の各部位でバランスよく
支える事が出来ているかを確認していきます。
はじめは、両腕のバランスからです。左右の腕で極端に右腕だけ、
あるいは左腕だけに力が偏っていないかを確認します。両腕に
均等に力がかかっている状態が理想です。
次いで、両母趾球、両大腿内側でバランスよく支えられているか
を確認します。
アドレスで踵体重になっていたり、ひざが前に出て
膝に体重がかかっていたり、腰が後方に引けたりしている人は、
両母趾球と両大腿内側同時にバランスよく力感を感じる事が出来
ません。
そして最後は、両側の臀部から腰背部(コア)でバランスよく支え
ているかを確認します。
背中の筋肉でクラブを持ち上げるイメージ
です。猫背の人は、背中側の筋肉が使えていない事がとても多く
臀部や腰背部に力感をうまく感じる事が出来ません。

アドレスでは、これらすべての要素でバランスよくクラブを支えて
いることが理想であり、このトレーニングによって体全てのパーツ
を理想のポジションにセットすることが出来るようになります。


上級者向けのトレーニングにはなりますが、クラブと体を一体化
させる為にも、バランスの良いアドレスを取る事はとても重要な
事です。

是非全身でクラブを支える準備が出来ているか確認してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

サイドステップで右の壁を作ろう

右の壁の作り方

前回、右の壁は瞬間的に作るもの、という事を紹介しましたが、
今回は、その感覚を簡単につかむトレーニングを紹介します。

肩に棒を担ぎます。
胸の前で腕を組んで行ってもかまいません。

初めは、横にサイドステップをします。[広告] VPS

踏み込んだ足(右足)は、しっかりAラインをキープして、ひざ
が外に流れないようにします。

正しく右足で支えられると右のももの内側に力が入る感覚と、右の
母趾球で地面をしっかり押している感覚が同時に得られます。
これは、ダメです。[広告] VPS

次に横のステップで右足の支え方が分かってきたら上体を回します。
膝が曲がるタイミングと肩が深く回るタイミングをしっかりと合
わせて行うのがポイントです。

踏み込みと同時に肩を入れる
ステップをしたら踏み出した足(右足)で、地面を跳ねるように
して元の位置に戻ります。
丁度、この右足で受けた体重をはね戻すような感覚が、右の壁を
感じつつ、切り返しをするスイング動作と同じです。

再度ステップで、切り返しの瞬間的な右サイドの壁を是非、練習
してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右のフトコロ

腕を振るスペースを作ろう

今回は、右のフトコロについて紹介します。

右のフトコロとは、バックスイングやダウンスイングで腕を振る
為のスペースのようなものです(右打ちの場合)。

クラブを心地よく振るためには、非常に重要なポイントです。

この右のフトコロが上手く作れない理由には、
右半身がバックスイングで伸び上がってしまったり、
右のコアラインにしっかりと上体を乗せられなかったり、
腕自体がテークバックでインサイドに引きすぎたりする
ということがあげられますが、
これらの症状には共通する原因があります。

~重心移動は弧を描く~
右にフトコロが作れない人のほとんどは、アドレス時に右足の裏
にかかっている重心(足圧重心)が、バックスイングで後方(踵
より)へ動きません。
ニュートラルな動きでは、アドレスからトップに向けて右の足圧
重心は後方へ動くのが自然です。
スイングは軸(背骨)に対して、身体各部が回転するので、この
足裏の重心の動きは自然な物理現象です。しかし、この自然に
起こるはずの現象が出来ていない人が非常に多く見られます。

~右のフトコロが簡単に作れるようになる練習~
アドレスで、足だけクローズに構えます。
肩はスクウェアです。
スタンスは、肩幅よりも狭めです。
この時右足は、踵を少し浮かせておきます。
バックスイングでは、しっかり右足へ乗ることに集中します
(右足のヒールダウンでバックスイングをすれば、しっかり右足へ
乗ることが出来ます)。
結果的に重心が後方へ動くので、少しボールから離れていくような
感覚が得られるはずです(それが右のフトコロを得た感覚です)。
スイングプレーンは、なるべくスクウェアに振っていきます。
インサイドアウトを強調することはしません。

この練習により、重心がバックスイングで後方へ動く感覚が身に
付きます。
慣れたら、スタンスもスクウェアに戻して、重心が後方へ動く
感覚(足圧重心が後方へ動くのを感じる)を意識しながら右足へ
しっかりと重心を移しながらスイングを行います。

右の足圧重心が後方へ動くと、右のフトコロが自然に作られ、腕が
振りやすくなりますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ボールを運ぶ

フォローを磨く

インパクトは、ボールにぶつけておしまい。
フォローでボールを運ぶ感覚なんて全くない。
という方は、非常に多いと思いますが、
今回は、フォローでしっかりとボールを運ぶようなイメージが
もてるようになる簡単なゴルフ体操を紹介します。

~理想のフォロー作り~
はじめにインパクトをイメージします。
フォローのエクササイズ
ポイントは、しっかりと左足に踏み込んでいる事、
アドレスの位置に頭が維持されている事です。

インパクトのイメージを取ったら、フィニッシュめがけてクラブ
を振っていきます。
フィニッシュでのポイント
バックスイングもダウンスイングも省いた練習になります。
フィニッシュでは、クラブシャフトが両耳を通るような位置に
収まることが理想ですが、無理に上体をねじろうとすると重心が
右足に移ってしまうので、注意が必要です。
上体の回転と腕の動きを同調させること、
左足の上にまっすぐ立つことがポイントです。

初めは、ゆっくりと、できるだけ大きくクラブの軌道を取るよう
に練習します(赤矢印)
息を吐きながら行うと体も回しやすくなります。
フィニッシュでは、最低3秒ほど止めます。
左足の上で力まず、楽に立つことを意識します。息が止まって
いたり、上体に力が入っていると楽に立つことは出来ません。

慣れてきたら、ボールをフォローだけで飛ばしてみましょう。
7,8番アイアンで30ヤード以上飛ばせるようになった時は、
フォローでボールを運ぶようなイメージが持てるようになって
いると思いますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

『横』ではなく『回転』

重心移動をヘッドスピードにつなげよう

前回、理想的な重心移動は、体を左右にゆするのではなく、
回転運動に伴い自然と起こるものだ。という事を紹介しま
した。

今回は、理想的な重心移動を獲得する為に、お勧めの練習
を紹介します。
ALBA『螺旋のゴルフ~スパイラルメソッド~』の中でも
紹介しましたが、足踏みをしながら腕を左右に振りながら
上体を回転させる練習がお勧めです。
上体を右へ回す時は右足立ち、左へ回す時は左足立ちです。
遠心力を感じて腕を振る為には、軸足の上で、しっかりと
上体を回す必要がある事が、体感出来る
と思います。
なるべく頭が左右に動かないように行って下さい。
重心を横移動させようとすると上手く出来ません。
これは、『遠心力に負けない軸の安定』の為に必要な事です。

この動きに慣れてきたら、以前紹介した、タオル素振りを
行ってみましょう。
先ほどの練習で感じた回転運動に伴う重心移動を感じながら
タオルを振っていきます。
何処に向かってタオルを振るか、しっかりと意識して下さい。
背骨が軸として機能すれば、タオルはしっかりと首に巻きつき、
それに伴い、身体各パーツの運動方向もそろってきます。

重心移動を効率よく回転運動へ結び付ける事が出来れば
ヘッドスピードは自然と上がってきますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif


プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR