球の捕まる人はみんなやってる

右ひじと右ひざは平行移動

今日は、強いドローボールを打つ人に共通してみられる動きについて
紹介します。

強いドローボールを打つには、当然インサイドアウトのスイング軌道
が必要条件ですが、インサイドアウトの軌道を無理やり作ろうとする
ために、大だふりや、プッシュが止まらなくなってしまうという人が、
よく見られます。

こういった小手先でインサイドアウトの軌道を作ろうとしている人
は、是非チェックして下さい。

~ポイントは、右ひじと右ひざ~
はじめにアドレスの右ひじと右ひざの位置関係を確認します。
丁度右ひじの下に右ひざがありますね。
右ひじと右ひざの関係
理想のインサイドアウトの軌道は、フットワークで回転軸が左へ
シフトする結果、自然にできるものです。
その為、インパクトでは、右ひじと右ひざは、アドレスの関係を
保ったまま、インパクト方向へシフトして(押し込まれて)きます。

右ひじと右ひざは同調して動くよ
右ひじと、右ひざが飛球方向(左側)へ同調してシフトしている
のが分かりますね。

※この時、頭の位置が目標方向(左側)へ突っ込んでいないことも
チェックしておきましょう。

ポイントは、右ひじと右ひざの関係です。
インパクトエリアで、同調して動いているか確認してみましょう。
上体だけ(右ひじ)が来るとひっかけ、
上体(右ひじ)が残るとプッシュやだふりです。

右ひじと右ひざが平行に動いてくるようになると、自然にインサイド
アウトの軌道になって、ボールも強くなります。
是非チェックしてみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

それ、ヘッドの重心感じてませんよ!

シャンクが止まらない

今回も前回に引き続き、ヘッドの重心を感じていないとおこる
ミスモーションを紹介します。

~シャンクが止まらない~
「ハンドファーストのインパクト。」
「ためを保ったまま、手首をほどかないで強くインパクト
する。」このようなことを意識し過ぎて、ハンドファーストの
インパクトを小手先の動きで作ろうとすると、ヘッドの重さ
(重心)が、うまく感じ取れません。
遠心力を感じてないインパクト
このようなケースでは、シャンクやフェースが開いたまま
ボールに当たってしまい、ボールがしっかり捕まらないと
いった状況に悩むことになります。

体の回転で最大限に加速させる場所は、手元ではありません。
クラブヘッドです。


~シャンクを直すためにすること~
ブランコを漕いでいるように、クラブヘッドがインパクトを
迎える最下点で、最大限に加速するようにイメージしながら、
スイングをすることがポイントです。
そのためには、インパクトでクラブの重心をしっかり感じ
取り、それを加速させることに集中する必要があります。

グリップを軽く持ち連続でクラブを振ってみましょう。[広告] VPS
ダウンからフォローにかけてブランコを漕いでいるように
振り子の原理で、自然にクラブヘッドが、最下点で加速される
のを感じると思います。

インパクトで最大限の加速感が感じられれば、手元が極端に
先行することもなくなり、クラブヘッドは自然にリリースされ
シャンクも防ぐことができるようになります。
遠心力を感じていればインパクトはこうなるよ

ハンドファーストのインパクトは、手先で作る動きではありま
せん。切り返しからフットワークでスイングを加速すれば、自然に
なるものです。

シャンクが止まらない、手元が先行し過ぎてしまう。という人は
是非クラブヘッドの重さ(重心)を感じた、スイング作りをして
みて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

右手を積極的に使おう

左ひじをたたむために右手を使う

体をフォロー方向に回す時は、以下の2つの筋肉の繋がりが使われ
ます。
左手は、腕の裏(肘を伸ばしたり手首を後ろに反ったりする筋肉)
から背中側の筋肉へ、そして右手は、腕の表(手首を握りこんだり
肘を曲げたりする筋肉)からおなか側の筋肉へと連動します。
右手は前面の筋肉と連動 左手は、背面の筋肉と連動
この2つの筋肉の繋がりがバランスよく使われると、体はきれいに
回ります。

しかし、先日紹介したように、こてこての日本人体質の人は、
右に重心が残りやすく、左手のラインをうまく使うことが苦手
です。

~右手でボールを打ち抜こう~
そこで、もともと体に備わっている強い要素を活用します。
猫背気味の日本人体質では、背中側の筋肉を使うよりも体の前面の
筋肉を使うことが得意です。
ですから、
体の前面の筋肉とつながりのある右腕を積極的に使います。

ポイントは、体の正中線(黄色線)よりもしっかりと体の左サイド
に右腕を振っていくことです。
結果的に、左ひじは、コンパクトにたたまれたポジションに収まり
ます。
インパクトで右手が正中線を超える 左ひじは適度にたたまれます
左ひじが自然にたためるようになると、クラブの先が動いてくる
ので、ボールがしっかり捕まってきます。

体の強い要素を生かすことで、スイングのバランスが一気に向上
する。
ということは良くあります。[広告] VPS
右腕を積極的に!
是非試してみて下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

インパクトは意識するべきか?

インパクトで左ひじをたため!

インパクトについてご質問を頂きましたので今回は、インパクトに
ついて紹介します。
「トップからフィニッシュまで振り切る中にインパクトはある。」
といったことがよく言われます。
確かに軸の回転に任せて腕を振ることでインパクトが安定する
のであれば、それが理想のスイングである事は間違いありません。

先日ミケルソンのスイングをいろいろな視点から紹介させてもらい
ましたが、ミケルソンのように完璧に軸をコントロールできるのであれ
ば、インパクトを意識しなくても、自然に腕はターンされ、ボールを
しっかりとらえることが可能です。

しかし、軸の回転に任せ、腕を意識しないでインパクトを安定させる
というのは、プロでも難しいことです。
特に日本人のフットワークは、骨盤後傾の身体特性から踏んばり系
の使い方になりやすく、ミケルソンやマキロイといった世界のトップ選手
のように軸を正確にコントロールすることが得意ではありません。
ミケルソンやマキロイと石川選手や松山選手のフットワークを比較
すれば、一目瞭然です。日本人はフットワークがあまり得意ではあり
ません。このため軸がぶれ易い傾向にあります。

ですから、
インパクトは通過点であるべきですが、
インパクトはしっかり意識してスイングをすることがお勧めです。
但し、これは、インパクトに向けてクラブをボールに当てに行く
という事ではありません。


*軸足・けり足の詳細は、ブロマガ『心技体の方程式』でも紹介しているので
興味のある人はそちらをご覧ください。


~「左ひじをたため。」~
これは昔よく言われたアドバイスですが、正しい腕のターンをイメージ
するのにぴったりの言葉です。

両腕の伸びたダイナミックなフォローは一見、恰好がいいものですが、
体の固い筋力もあまりない、軸もあまり安定していない。という一般の
人には、自然になる動きではありません。


多くのアマチュアをコーチングしてきましたが、
大半の人はインパクトのタイミングで左ひじをしっかりたたむくらい
の意識を持つ事で、インパクトが安定してきます。また先日紹介した
ようにクラブの先が動いてくるので、ボールもよく捕まるようになり
ます。


インパクトに意識が薄いために、腕をどのように使っていいか全く
イメージできずに振っている人が、非常に多いように感じます。

是非インパクトで左ひじをたたんでみる意識で振ってみて下さい。
インパクトがしっかり見えてきますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

上級者ほど要注意

先が動くから捕まる

フェースコントロールについて、ボールが捕まるポイントを
紹介します。

多くの人は、ハンドファーストにして、ロフトを立てることで
ボールが捕まると考えていることが多いようです。


確かにロフトを立てれば、弾丸ライナーの強いボールは打てる
ようになります。
しかし、スピンのほどけた、すっぽ抜けた弾丸ライナーはあまり
使い物になりません。

ボールは、無理やりハンドファーストにしなくても捕まえることが
できます。
またロフトを開いても捕まったボールを打つことはできます。

ロフトを立てることと、ボールをつかまえることとはイコールには
なりません。


~先をしっかり動かそう~
ボールをつかまえるには、動画のように、フェースのトゥ(先)の部分が
ダウンスイングからフォローにかけて、しっかり動く事が必要条件です。
[広告] VPS
先がしっかり動くのが理想 バックスイングのリーディングエッヂ

このようにいくらロフトを立てても、先が動いてこなければボールは
フェースの先端方向へすっぽ抜けます。
[広告] VPS
先がしっかり動かないのはダメ バックスイングのリーディングエッヂ 
短いクラブはクラブを跳ね上げて、ごまかすこともできますが、クラブが
長くなるとボールがフェースに乗らなくなります。

この感覚は、上級者でないと少し分かりづらいかもしれませんが、
プロゴルファーにおいても、スイング調整では、ボールをつかまえるために、
この正しいフェースローテーションがとても重要な課題になっています。

捕まったボールが打ちたければ、先を動かす事。
これが最重要課題ですよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR