リストの支点とグリップの関係

インパクトがぶれる原因

インパクトが安定しないという人は、グリップに問題がある時が
あります。
今回は、スイングを心地よく行うためにおすすめのグリップの
ポイントについて紹介します。

スイング中のリストの支点は、図の赤丸の部分です。
手の対立運動(親指側と残り4本を寄せる動き)の時に丁度境目
になる部分です。
リスト運動の支点
理想的な体の使い方をした場合この部分を中心にリストワークは
行われます(詳細は本ブログで紹介しています)。

そして、
スイング中にこの部分を支点に自然なリストワークを行う為には、
アドレス時に、この支点がグリップの延長線上にあることが
ポイントになります。
グリップの支点
ボールをつかまえたいと、フックグリップがきつくなり過ぎたり、
指先で握り過ぎたりして、リストの支点とグリップの関係が赤線
のように外れてしまっている人が多くみられます。

このようなアドレスの歪みは、スイング中に物理的なねじれ戻りを
発生させます。
これがインパクト時の自然なリストワークを阻害し、フェース
コントロールを不安定にする原因になっている事がよくあります。

スイングは、物理現象です。
なるべく歪みの少ないほうがスイング動作は安定します。
動作にストレスをかけないグリップ、是非チェックして見て下さい

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

アドレスで出来る ボールをつかまえる準備

そのアドレスじゃつかまらない

ボールを捕まえるには、手をしっかり返す。
インサイドアウトに振る。
色々なことを考えると思います。

しかし、
そもそも捕まらないアドレスをしてしまっているために何を意識
しても全くボールが捕まるようにないという人が多く見られます。

よく見られる捕まらないアドレスの典型は、
右重心・右の骨盤が高い・ヘッドファーストです。

これは日本人に右軸の人が多いのと関係があるのかもしれません
が、ボールを軸で打ち抜く準備が全くできていません。

~ボールがつかまるアドレス:3つのポイント~
◆重心はわずかに左
◆右のコアラインをしっかりと立てる

  骨盤の正しい立て方は、なかなか難しいところがあるのですが、
  簡易的な見方としては、アドレスした時に、右側の骨盤が左側の
  骨盤よりも若干低くなるくらいが目安になります(赤線)。
◆胸鎖関節(青丸)・グリップ・ボールは常に一直線(青線)
  こちらの目安はややハンドファーストなアドレスです。
アドレスの3つのポイント

アドレスで右の骨盤が高くなる人の多くは、右の仙腸関節の動き
が硬くなっていることが非常に多いです。
スパイラルメソッドで紹介してる『ベーシック5』や『荷重リセット』
などの身体調整がおすすめです。
コアラインを緩めれば、右の骨盤を低くしたアドレスが、楽に
とれるようになります。
是非アドレスのチェックを行ってみてください

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

正い背筋の伸ばし方

背骨をそるはバツ 骨盤を立てるがマル

今回は、多くの人が勘違いしているアドレスの意識について紹介
します。
よくアドレスで聞かれるアドバイスは
「しっかりと腰を入れて背筋をなるべく真っ直ぐにして構える」
ですが、
この腰を入れてというのが、曲者です。

アドレスでは、なるべく背筋は真っ直ぐに伸びていることが理想
ですが、背骨を背骨で真っ直ぐにしようとするのは間違いです。
背中を反る
多くの人は、背筋を伸ばしてというと、
背中を反るように腰の筋肉を緊張させます(写真の赤線部分)。
しかしこれはダメです。

腰の緊張は、背骨全体の動きを固くするばかりか(体が回しづらく
なるだけ)、腰痛の原因になります。

このイメージのおかげで苦労しているプロもよく見かけます。

~正しい腰の入れ方~
正しい腰の入れ方は、腰を反るようには意識しません。

はじめに楽な状態で椅子に腰掛けましょう。
次に腰を入れていきますが、この時、腰を反る意識は持ちません。
お尻の後方が少しづつ座面から離れていくように、骨盤を前に
転がしていきます。
すると背骨が腰の筋肉を無駄に緊張させる事なく自然に伸びて
くると思います。
骨盤を立てる
これが正しい腰の入れ方です。
座高が一番高くなるところが理想のポジションです。
あとは、その骨盤のイメージを保ったまま、股関節から曲げて
いけば、理想的なアドレスの出来上がりです。

ポイントは、骨盤を立てるです。
骨盤を立ててアドレスが取れるようになるとインパクトの体の
浮き上がりも自然に解消しますよ

やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

ワイドスタンスは安定するのか?

機能的なアドレス2 

スイングには、大きく2つの動力源があります。
回転に伴う重心移動と、強い回転力を引き出すコイリング
(筋肉の張力)です。理想のスイングは、この両者が互いに
最もいい形で力を発揮し合える状態といえます。

~スタンス幅と回転~
「ワイドスタンスは、上体と下半身の捻転差を作るのに重要だ。」
「ワイドスタンスは、土台が安定する。」
と考える人も多いようですが、単純にワイドスタンスを取れば
スイングが安定するとは限りません。

確かに、スタンスは広いほど支持基底面が広くなるので物理的
には安定します。重心も下がるので、これまた安定に働きます。
但し、これはあくまでも、動かないでじっとしていれば(静的
な安定)の話です。
静的な安定が高まるということは、重心移動がしづらくなると
いうことです。そして重心移動がしづらいということは、必然
的に動きづらくなるということです。
また、重心移動を小さくするには、その分を必然的に柔軟で強い
コイリングが補うことになります。
それには柔軟で強い筋力が
必要です。
体が硬くなってきた中高年の人には、ハードルが高そうですね。

~自分に合ったスタンス幅を探そう~
ショットをする前に、腕を胸の前に組んで、左右に重心移動を
感じながら体を回してみましょう。重心移動のリズム、イン
パクトに向けて体の回転をしっかり加速する。フィニッシュは、
左足の上にバランスよく立つということを意識しながら行います。

気持ちよく重心移動を感じながらバランスよくフィニッシュ
まで回転出来るスタンス幅が、自分に合ったスタンス幅です。

普段のドライバーショットのスタンス幅で、腕を胸の前に組ん
で回転してみてください。重心移動をしっかり感じながら、
フィニッシュまでバランスよく回転することができますか?
大抵の人は自分に合ったスタンス幅が、普段自分のとっている
スタンスよりも狭いことに気付くはずです。

動作は重心を動かすということです。闇雲にスタンスを広げて
静的な安定を求めるのではなく、動きをコントロールしやすい
スタンス幅を探すということが重要です。

先週紹介した、重心を高くしても安定するアドレスがおすすめ
です。特に体の硬さを感じてきた中高年の人には、スイングを
安定させる効果があります。
是非、動きやすさを追求したアドレス作り、
取り組んでみてください

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

つま先を開く利点

つま先を開くスタンスの勧め

昨日お勧めのつま先の開き方を紹介しました。
今日は、この理由を紹介します。

昨日も紹介しましたが、このつま先の開き方は、
基本(絶対的な事)ではありません。
あくまでも、スイングを構築する過程で、安定
した土台を作り易くする為のセッティングです。
つま先の向きは、自分の持ち球、打ちたい球筋に
よって変わるのが自然です。下半身の安定性は
ばっちりとお感じの方は、無理につま先の向きを
変える必要はありません。
但し、スイング中に足元が安定しない、フット
ワークが使えないと、少しでもお感じの方は、この
つま先の向きでの練習をお勧めします。


図をご覧下さい
トルク 利点
『→』はバックスイングで、『→』はフォロースイングで、
それぞれの足首にかかるトルク(ねじれの力)です。
このトルクにより、バックスイングでは、右足首『○』
支点に、『→』の方向につま先を回そうとする力が働き、
フォロースル―では、『→』の方向に、つま先を回そうと
する力が働きます。

『足部の安定とは、このトルクに負けない事です』

この為に重要なのは、重心を受ける側の足部が、
安定しやすいセッティングである事です。
(バックスイングは右足が、フォローでは左足が
それぞれメインで重心を受けます)

【この準備としてつま先を開く利点は】
◆(支持基底面:右図の黒い斜線部)の広がりによる安定
 重心を支える面積を優位に広げる事が可能になります。
 (赤い足部の外周を結ぶ面積が広がります)。動作を支持
 する面積の広がりに伴い、動作の安定が得られます。
◆力学的なメリット
 つま先を開く事で、母指球の位置が『●』から『●』へ移ります。
 地面をグリップする母指球を、あらかじめトルクのかかる
 方向へシフトさせておく事で、足部にかかるトルクを相殺
 し易くします。(足部の回内誘導がしやすくなるという、
 体の構造とリンクしたメリットが大きく関与するのですが、
 今後、運動連鎖の章で紹介して行きます)
◆回転可動域の拡大
 よく体が回らないとお悩みの方がいますが、体の回らない
 原因は、運動軸が揃っていないという事に尽きるのですが、
 実際に股関節や足関節が硬い為に、十分な回転動作が、
 得られないといったケースもあります。
 つま先を開く分だけ、単純に、回転可動域は広がります。
 体が回し易くなります。

更に、右のつま先をより開く事で
◆アドレスの左気味重心と骨盤の右回転の促し
 『体が開く』これは、ゴルファーのほとんどの方が経験
 する悪癖の代表です。重心移動に導かれたゴルフスイング
 でない事が原因ですが、同時にアドレスのセッティングに
 問題がある事が多いです。
 先日も紹介しましたが、一般的には、普段の立ち姿勢や
 歩行動作は、アドレスやゴルフスイングに反映されます。
 しかし、その姿勢や筋肉の緊張状態(癖)が、求めるゴルフ
 スイングに有効だとは限りません。
 そこで、右にしっかりと懐のあるバックスイングを取る為の
 準備が必要になります。
 図のようにつま先を動かしてみて下さい。
体感して下さい
 図の左のつま先の向きでは、右重心となり、骨盤は左を向き
 たくなります。逆に図の右のつま先の向きでは、左重心となり
 骨盤は、右に向きたくなります。
 お感じになったと思いますが、右のつま先を左よりも開いて
 いる時の方が、重心は左気味に取りやすくなり、骨盤は開き
 にくくなります。右に懐を作り易くなるという事です。
 これが右のつま先を、左より開き気味にする理由です。

つま先の開く事の利点を簡単に紹介させて頂きましたが、
是非一度、このつま先のセッティングを試してみて下さい。
懐の広いバックスイングが取り易くなりますよ。

次回は、このつま先の開きを、スイングになじませる為の
簡単なトレーニングを紹介します


やまPT ランキングの応援お願いします。『ワン』クリック押して下さいね
               
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフコーチ・技術へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングはこちらをクリック!
bnr.gif

プロフィール

やまPT

Author:やまPT
理学療法士(リハビリの先生)の
傍ら、ゴルフレッスンを行い
プロ合格者を輩出。
感覚論ではない、
『正しい体の使い方』を教えます。

カテゴリ

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 250

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR